オーストラリア・ワーホリでローカルの仕事を見つけやすい4つの街をご紹介!

日本人にとって数あるワーキングホリデーVISAによる渡航先の中で一番人気ある国がオーストラリアです。

今までに色々な人に会いましたが様々な理由を聞きました。

  • 英語を習得したい
  • 海外で生活してみたかった
  • サーフィンをするために来た
  • なんとなく来た

 

僕はタンザニアにある大学で勉強するための学費、長旅の費用を稼ぐためです。約300万円を大学の学費・生活費。そして、100〜200万円を長旅に使いたいと思っています。

合わせて400〜500万円。それを1〜2年で貯める事ができる国がオーストラリアだと僕は思っています。

ここでは英語環境で働きたい人・お金を稼ぎに来た人のためにワーキングホリデーの人がローカルの仕事を得やすい街、アプライ先のURLなど詳しい情報を僕が知っている範囲で綴っていきます。


セカンドビザを取得する予定の人はオーストラリアに渡航してすぐにセカンドビザ取得に向けて行動を移すことをおすすめします。

というのも、セカンドビザの取得には約90日の指定業種での労働日数が必要ですが、実際に3ヶ月でその期間を終えるのは可能ですが難しいでしょう。

理由は色々ありますが天気の悪い日が続いた・不作だった・なかなか仕事が見つからなかったなどです。

セカンドビザの取得を目指す方はまずこちらの記事を参考にして下さい。

ワーホリ必見!!セカンドビザ情報〜ファーム・真珠・マイニング〜

オーストラリアに来たばかり、これから行くという方はまずこちらをお読み下さい

ワーホリ必見!オーストラリアで働く前に必要な4つの事

ワーホリ必見!ローカルジョブを手に入れる5つの方法


<スポンサーリンク>

 

オーストラリア・ワーホリの人がローカルの仕事を得やすい街

この情報は僕がオーストラリアに渡航する前に持っていたもの。情報源はカナダで働いていた時の同僚、南米を旅していた時に会った旅人から聞いたものです。ブルーム、カラサについては僕自身が現地で見たリアルな情報です。

  • ブルーム(WA) Broome
  • カラサ(WA) Karratha
  • ダーウィン(NT)Darwin
  • アリススプリングス(NT) Alice Springs

 

bf0da32e9c6045f7e65ba04d1479dcc7

 

ワーホリメーカーがローカルの仕事を得やすい街の特徴

個人的に分析した結果、ワーホリの人がローカルの仕事を得やすい街には3つの特徴がありました。

※ローカルとは、オーストラリア人が働いてる普通の会社のことです。オーストラリアでは、日本人が日本人ワーホリメーカーを雇って最低賃金以下で働かせる行為が横行してるため、普通の仕事をローカルジョブと呼んでいます。)

  • 僻地である
  • 街の規模があまり大きくない(小さいわけではない)
  • 何かしらに特化した産業がある

 

これらに該当する街はワーホリの人にとって仕事が得やすい街となります。

上記の街のうち、カラサ以外は観光業に特化。カラサは天然資源の採掘が盛んな街です。いずれも街の規模は大きくはありません。そして、僻地です。

※上記に挙げていない街でも3つの条件に該当する街はワーホリの人も仕事が得やすいはずです。自身で開拓したい方はこれを条件に探してみて下さい。

理由はこういった条件が揃っている街はあまり人がいないのに人手が必要だから。要するに慢性的な人手不足の状態にあるのです。

 

ワーホリメーカーが仕事を見つけづらい理由

ワーホリの人と現地の人で決定的に違うのは「労働期間の縛り」です。

ワーホリの人は一雇用主の元で最大半年までしか働く事ができません。セカンドビザの事を踏まえても最大1年です。

これがネックとなり大都市でのローカルジョブは見つかりづらいのです。


※追記2016/4/25

一部エリアで制限が解除されました。【決定版】オーストラリア・ワーホリ6ヶ月ルールの一部制限解除について

主に、北部の地方都市が対象です。


大都市では、そういった縛りのないオージー・キウイ・永住権所持者などたくさんいます。

一つの求人にワーホリとオージー2人が募集したらどちらを取ると思いますか?当然オージーです。人種差別とか英語力の問題ではありません。VISAの問題です。

一方、上記に挙げた街は人手が必要だけど人手が足りない。仕方ないからワーホリの人でも良いからとりあえず雇おう。人材の自転車操業のような状況でなんとかやっているのが現状です。

ワーホリの人がローカルで働くとしたらこういった環境下で仕事を探すと見つかりやすい傾向があるでしょう。

それじゃ、ワーホリの人は大都市でローカルの仕事は見つからないのかと言われればそういうわけではありません。ただ、上記の街と比べると圧倒的に見つけるのが困難だと思います。

もし、大都市でローカルジョブを見つけたければ、個人的な予想ですが人手がたくさん必要な大規模な施設(カジノ、外資系の高級ホテル)などが案外狙い目のような気がします。

それから、「かなり特殊なスキルを持っている」というような方はどこに行っても仕事が見つかりやすいのではないでしょうか?

圧倒的にたくさんの人手を必要とする会社はワーホリでも雇うような気がします。これは僕の個人的な予想なのであてにしないで下さい。

仕事の探し方はとにかくレジュメを配ることです。

>>ワーホリ必見!効率のいいレジュメの書き方

 

ワーホリで仕事を見つけやすい街その1 ブルーム (Broome)

ブルームは観光地として有名

ブルームで有名なのは「月への階段」「キャメルツアー」「ケーブルビーチ」です。

【月への階段】

75253844d59d3676_m

出典https://retrip.jp/articles/752/

【キャメルツアー】

07140

出典http://wondertrip.jp

【ケーブルビーチ】

20141027_105911-1024x614

これを目当てに4月から10月にかけて大量の観光客が押し寄せてきます。それに伴って、この期間は大量の人手が必要になります。ブルーム自体はそこまで大きい街ではないので人手は不足がちですね。

 

ワーホリの人が見つけやすい仕事

ワーホリの人は主にホテル、レストラン、スーパーマーケットで仕事を得ることができます。キャメルツアーの求人も見かけましたが、ワーホリの人は働けるのかな?ぜひトライしてみて下さい。

 

ブルームで仕事を見つけやすい時期

※ブルームの注意点は仕事を求めてワーホリの人が3月末から4月にかけて一気に押し寄せます。そこで求人がほとんど埋まるので5月、6月に仕事を見つけるのはかなり困難だというお話も聞きました。7月に入るとオーストラリアの学校が休みに入り、家族連れでブルームに旅行で訪れる人が多いです。その、影響で求人が少し増えます。

ただ、ブルームで仕事を見つける場合は必ず3月末には行きましょう。それが確実です。

ケーブルビーチクラブ:http://www.cablebeachclub.com

ブルームで一番のホテルらしいです。ホントかどうかは分かりませんが、確かにブルーム内でこれより大きいホテルはなかったと思います。ここにレジュメを持って行った時に、オンラインでしか受け付けないと言われ、URLを渡されました。

このページを開くと、下の方に「career」文字が見えると思うので、それをクリックすると求人があり、応募することができます。

ウールワース:https://www.woolworths.com.au

コールス:https://www.colescareers.com.au

こちらもオンラインのみの募集となります。URLを開いて個人情報を登録してから求人に応募できます。

※車かスクーターがあった方がいいです。なくても何とかなりますが・・・

 

宿について

ブルームはシーズン中になると、観光客が殺到します。どの宿も満室が続くことがあるので事前に予約することをオススメします。最初からシェアハウスを見つけられたらいいんですけどね。

ちなみに僕が滞在したのはBeach of Broomeという宿です。ケーブルビーチから歩いて2,3分。無料Wifあり。キッチン、バスルームは綺麗です。欠点はキッチンに関して夜10時以降使えませんでした。それ以外は特に不満もありませんでしたね。ここは朝食付きで、食パン、果物、シリアル、ドリンクが無料で付いてきます。

Broomeにあるその他のバックパッカーホテルは町の中心部に近いKimberley Club Yha Backpackers。Beach of Broomeから歩いて数分の場所に位置するCable Beach Backpackersがあります。

ホテル検索サイトで格安料金をチェック!

>>Agoda.com

>>エクスペディア

>>Hotels.com

>>じゃらんnet

>>Booking.com

>>ブルームで仕事を見つけたいワーホリメーカーへ。3月中旬に行け!

 

ワーホリで仕事を見つけやすい街その2 カラサ(Karratha)

カラサは僕が今住んでいます。はっきり言って街としては非常につまらないです。何もありません。楽しみつつお金を貯めたかったらブルームをおすすめします。カラサのいい所は賃金が圧倒的に良いことです。

特にマイニングジョブは賃金が時給45ドル以上というのはいたって普通のことです。詳細はこの記事の下の方に書いているので参考にして下さい。

>>出稼ぎワーホリ必見!時給45ドルで働ける高収入マイニングジョブマニュアル in Karratha

金稼ぎにオーストラリアに来ました!という方におすすめします。

カラサでもブルーム同様にウールワース、コールスでもワーホリの人が働けます。(カラサの場合ウールワースはちょっと難しいらしい。)

コールスは時給26ドル。日曜日は32ドルだそうです。

※車必須です。

>>マイニングキャンプと観光ホテルのハウスキーパーの仕事内容の違いをまとめてみた

>>オーストラリア・マイニングの街「カラサ」はマジで稼げる!今回は給料明細を公開することにした

 

ワーホリで仕事を見つけやすい街その3 ダーウィン(Darwin)

ダーウィンの情報をくれたのは、僕が南米を旅している時に出会った台湾人女性ドビーさんでした。僕自身はダーウィンに行ったことありません。聞いた情報をそのまま書きます。

トビーさんはダーウィンのマクドナルドで働いていたそうです。

彼女曰くダーウィンは台湾人にとっての出稼ぎの場所として知られているそうで、4月末になると大量の台湾人がダーウィンに向かい、仕事を探すそうです。というのもダーウィンのシーズンは5月からだそうです。

そして、10月末に一斉にダーウィンを離れるそうです。ビザの関係で半年までしか働けないですからね。

11月も案外見つかりやすいかもしれません。こちらに関してはあてにしないで下さい。

ワーホリで仕事を見つけやすい街その4  アリススプリングス

アリススプリングスはカナダで働いていた時の同僚からお話を聞きました。カラサとブルームに関しても同じく同僚から聞きました。

アリススプリングスに関してはダーウィン同様に僕は行ったことがありません。なので聞いた話をそのまま書きます。

その同僚曰く、シーズンは特にないそうです。行けばとりあえず仕事は見つかるそうです。

理由としては、あまりオージーが住みたがらないそうです。僻地過ぎるし、治安もオーストラリアの中で一番悪いそうです。

治安が悪いという言葉に僕は引っかかったのですが、それさえ気にしなければ仕事はあるみたいですね。

エアーズロックの観光でたくさんの観光客が押し寄せて来るので、「行けば仕事はある」という話は間違ってはないと思います。情報としてはこれだけです。申し訳ございません。

※追記

実際にアリススプリングスで働いてる方からコメントをいただきました。

私、今まさにアリススプリングスで働いてますよー。
仕事はレジュメ配りまくって二つを掛け持ちしてます。日中ハウキー、夜はキッチンハンドです。
どっちも時給は$23で、夜は7時以降2ドルちょっと上がります。
あんまり英語出来ないアジア人でも学校とかオフィスの掃除とかしてます。そっちは$25超えます。
あとサブウェイ、マック、ケンチキなどのチェーン店もみんなジョブインタビュー受かってます。でもビザは6ヶ月以上残ってる必要があります。

ただ夏はシーズンオフなので仕事見つけてもあまり稼げないかと思います。長期で働くなら3月か4月くらいから来たらいいと思います。ハウキーとか長くいた人からパブリックホリデーに働けるので。時給は軽く$50超えます。

治安は確かに悪いです。私もバッパーでチャリを盗まれかけました。非常にアグレッシブなアボリジニの方が多いです。夜も叫び声やら罵り合う声やら、パトカーのサイレンしょっちゅうなってます。
でも慣れますw

ただしこの街はなーんにもありません。
超暇です。でも短期でお金を貯めたい。別にパーリィピーポーじゃないし、休みは寝てたい。暇でも全然いいってひとにはいいと思う。

 

アリススプリングスで仕事を見つけたい方は3月あたりに行くと良さそうですね!

 

オーストラリア・ワーホリで仕事が見つけやすそうだと感じた場所

これは僕の勝手な独断と偏見です。

・ハミルトン島

エージェントを通してここの仕事をもらった人を何人か知っていますが、実際にHPを調べると求人を普通に行っていました。

http://www.hamiltonisland.com.au/jp/careers

・エアーズロック

URLを開き、「career」を開くと求人がありました。

https://www.voyages.com.au

・Mt.ISA

37ec1431bd60f10313a4b146be07a5ef

僕がGayndahからKarrathaに移動した時に通った街です。移動中にいくつもの街を通過したのですが、ほとんどが街かどうかも分からないような小さい街でした。そんななか、Mt.ISAはマクドナルド、コールス、Kマートなどがあり、とてもビックリしたのを覚えています。街も中規模でたくさんの建物があり、「ここは新世界か?」と本気で勘違いしそうになりました。調べてみると、ここもカラサと同じで天然資源の採掘が有名だそうです。いわゆるマイニングジョブというやつです。

仮にマイニングジョブは無理だとしても、マイニングサイトの寮だったりマック等のチェーン店、コールス等のスーパー、レストラン等もしかしたらワーホリでも雇ってくれるんじゃないかなと思います。

いかんせん、ここは僻地の中でも突出して僻地です。

僕が上記で挙げた3条件

  • 僻地
  • 規模があまり大きくない(小さいわけではない)
  • 何かしらに特化した産業がある

を完璧にそろえた街です。

僕の予想では仕事は見つかりやすいのではないかと思います。

※Mt.ISAについての情報をお持ちの方がいたらここの街はどういう感じなのか教えて欲しいです。

 

さいごに

今回は、ローカルジョブが見つかりやすい地域を紹介しました。ここで一つ注意してほしいことがあります。オーストラリアでは常に即戦力を求める傾向があり、仕事の未経験者は相手にしてくれないことが多いです。

上記で紹介した街は人手不足の傾向があるのでどうしようもない場合は未経験者を雇うこともありますが、基本的には即戦力になる人しか雇いません。

なので、こちらでローカルジョブで働きたい人はリゾートバイトで経験を積みましょう。理由は、ワーホリメーカーが見つけやすい仕事はレストランのキッチンハンド(皿洗い、調理補助)、ハウスキーパー(清掃業務)だからです。

リゾートバイトではこれらの仕事の経験を積める上に、寮費や食費が浮くのでお金が貯まりやすい。ワーホリ資金も貯めて、仕事の経験も身につける。もっとも効率のいい方法でしょう。

<スポンサーリンク>

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)