出稼ぎワーホリメーカーにお知らせ!マイニングの街【Karratha】2016年5月現在の状況

2016年5月現在のKarrathaの状況

 

どうやら「Karratha ワーホリ」で検索すると僕の記事が一番上に出るみたいですね。なんかこのワードでのアクセスがやたら多いなぁ〜と思ったので調べたら出てきました。

ちなみに、青枠のBoundtoBound。このサイトは海外生活の情報を中心に扱っています。色々な方が寄稿してるので読んでいて面白いですよ!

search

 

というわけで、今回は2016年5月現在のKarrathaの状況を紹介していきたいと思います!

<スポンサーリンク>

 

気候

・気温

オーストラリアは現在冬に向けて徐々に気温が下がっていますが、Karrathaも例外なく気温は下がってきています。1月、2月は毎日45度前後だった気温が30度前後にまで下がってきてるだけですけど。「クソ暑い」→「暑い」くらいの違いです。

ただ、朝は涼しくなりました。僕が到着した6月は日の出前に限って長袖が必要なくらい寒かったです。

Karrathaでマイニングジョブ関連の仕事を始めると、仕事開始は日の出前になることが多いのでこれからKarrathaに来る人は長袖の服を一枚持っておくといいでしょう。

ちなみに僕は朝3時半から仕事が始まるので毎日長袖を羽織って通勤しています。そして、職場に着いて最初の仕事が冷蔵庫から料理を取り出すことなので、毎日朝3時半から寒さで震えながら仕事をしています・・・

IMG_0465

 

・天気

相変わらず雨は降りません。砂漠エリアなので雨とは無縁です。たまにサイクロンが通過するくらいです。今週は珍しく雨が本格的に降ったんですけど、サイクロン以外で本格的に雨が降ったのは僕が滞在している11ヶ月間で初めてでした。ここで雨はほとんど降りません。

スーパーで傘すら見かけたことないかも・・・ここでは「傘」と書いて「ゴミ」と呼ぶことになるでしょう。

 

経済

ここ数年の話ですが、Karrathaの経済は衰退していると言われています。その背景には中国の経済状況の悪化があるそうです。ここで採掘された資源の輸出先は中国が多く占めているのかもしれません。とは言ってもここ数年でゴーストタウン化するとかそんな近い将来の話ではありません。20年後、30年後なんかは怪しいですけどね・・・

例えを挙げると、僕は現在3LDKの一戸建てを借りています。家賃は週325ドル。この物件の4年前の家賃は週700ドルだったそうです。

IMG_0466

 

仕事の求人状況

みんなが一番知りたいのがこれでしょう。

2月から現在までここはヒマでした。求人は少なかったと思います。僕の職場(マイニングサイトの寮)を例に出すと、忙しかった7、8月は300人以上の方が住んでいましたが、2〜4月は100人前後が続いていました。

最近少し増えて130人くらいまでになりました。ボスいわく6月からは本格的に忙しくなるそうです。

僕の職場では2〜4月のハウスキーパーは7人程。昨年の7月は18人が最高だったので、これからどんどん求人が増えてくると思います。とはいっても今月は微妙ですね・・・

来月以降はどんどん求人が増えてくるのではないでしょうか?というのが僕の推測です。

 

家賃相場

Karrathaの家賃は高いです。シェアルームで週150ドル前後。一人部屋で週200ドル前後が最低ラインです。gumtreeで募集してますよ!

もし、中国語ができるのであれば台湾人コニュニティーのFacebookグループでもう少し安い部屋が見つかるかもしれません。先月に来た日本人の方が中国語ペラペラで、その筋から部屋を見つけていました。

 

僕が運営するシェアハウスの広告

※追記2016/9/13

現在募集は行っておりません。

現在、僕を含めて日本人4人が住んでいます。野郎ばっかでむさ苦しいです。かわいい女の子が良かったなぁ・・・そして、ベッド一つ空いてます。もし住みたかったら僕に直接連絡ください。スマホで閲覧してる場合は下の方にFacebookページのリンクがあるので、そちらから連絡してください。もしくはこちらから連絡をください。

ただ、本来は一人部屋orカップル部屋なのですが、その部屋に住んでる方が「2人部屋にして家賃が下がるならそちらの方がいい」ということでの募集なので、男性のみの募集です。もしくは、男性と同じ部屋でも問題ない!という方は女性でも可能です。ベッドは簡易のものを用意します。

IMG_0469 (1)

家賃は週100ドル。+光熱費、ネット。そして、この部屋の場合は片方が抜けて一人になったら家賃は160ドルに上るという条件付きです。本来一人orカップル部屋なので。

その代わりダブルベッドなので、彼女や彼氏を作ったら同居しても良いですよ!その場合は週200ドル+光熱費、ネットになります。イチャイチャしても良いですけど音漏れには気をつけてくださいね!

予約に関してですが、前回バックれられた件があったので「予約は一切受け付けない!」と記事に書きました。そしたら、今度は到着3時間前に突然「部屋空いてますか?」なんて連絡が来たので少し訂正します。

もし、部屋を予約したい場合は頭金:2週間分+手数料:部屋を押さえる日数×10ドルを僕の口座に振り込んでください。振込先は問い合わせをしてくれたらお伝えします。

そして、家に到着して住む場合、頭金はそのまま最初の2週間分の家賃に回します。手数料に関しては半額をお返しします。

やっぱり住まないとなった場合の返金は一切受け付けません。

例:30日間部屋を押さえたい場合

  • 頭金:100ドル×2=200ドル
  • 手数料:10ドル×30=300ドル

計500ドルです。

何か他にも質問がある場合は連絡をください。あと、車は絶対にあった方がいいですよ!

 

【関連記事】

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)