旅行の防寒対策は必須です。忘れていませんか?

旅先によっては非常に寒い場所もあります。例えば8月にボリビアのウユニに行ったとき、気温はマイナス10度くらいだったと思います。ウユニの宿は暖房もありましたが、そこからチリのアタカマ砂漠に行く2泊3日のツアーで泊まった宿では暖房がありませんでした。室温は0度を軽く下回っていたでしょう。そんな時、防寒具は必ず必要になってきます。

ただ、防寒具というと基本的にかさばる物ばかりです。そして、コンパクトな物はあまり防寒具としての機能をなしていないものも多いです。ここでは、僕が旅で使用している物や僕がおすすめするコンパクトで機能性のある物を紹介します。

 

<スポンサーリンク>

防寒着

ARC’TERYX(アークテリックス)

アークテリックスはカナダのブランドです。山登りが好きな人は知ってる方も多いのではないでしょうか。僕はこのジャケットの青を使用しています。ゴアテックスなので、少しメンテナンスは面倒ですが、これさえあればレインウェアーにもなりますし防寒着にもなります。

ゴアテックスの手入れについての記事を見つけたのでよかったら参考にしてみてください。ゴアテックスとは簡単に言うと、撥水性を兼ね備えながらも蒸れないように作られた素材です。

詳しくは上記のリンク先で確認して下さい。ゴアテックスについても書かれています。

 

こちらは今僕が使用している防寒具のズボンです。こちらはアークテリックスでもなければゴアテックスではありません。ただ、撥水性はしっかりしています。あと、蒸れないようにファスナーの開閉で外気を中に取り込む事が出来ます。こちらでも特に問題なく使用出来ます。

寝袋

僕が使用しているのはマッキンレーというブランドの寝袋です。ネットでカタログを探したのですが僕が使用している物はありませんでした。

僕はカナダのバンフに滞在している時に上記のアークテリックスのジャケットと一緒に買ったのですが、この寝袋はCA$65でした。日本円で約6000円くらいだと思います。

img_0209 img_0214

 

旅で使用する寝袋はコンパクトが一番大事です。防寒よりも優先した方がいいでしょう。僕は冬山に登った事はないので冬山の場合は分かりませんが、旅ではもし寒ければ着込んで寝袋に包まれば寒さは何とかなります。

旅で寝袋を使うのは以下の場合がほとんど。

  1. 標高の高い場所へ移動し、一時的に気温が低くなった場合
  2. 風邪をひいて、寒気がするとき
  3. 泊りがけのトレッキングツアーに参加したとき
  4. バスの冷房が強すぎて寒いとき

 

1、2の場合で寝袋に包まっても寒気がする場合は手持ちの服を下に着込めばなんとかなります。というわけで、旅に持って行く寝袋は冬山登山に使うような防寒に特化したものよりも、コンパクトにまとまるものを選んだほうがいいです。

お金に余裕のある人は冬山登山にも対応している寝袋を買えば良いと思います。コンパクトで機能性も抜群です。ただし、メチャクチャ高いです。5万円を超えるものもあります・

もし買うのであれば、登山用品店に行ってコンパクトな物を選ぶと良いでしょう。値段は1〜3万円前後も出せば買えると思います。例えばこんな感じ。

 

あまりにも安っぽい物はやめた方が良いと思います。別にコンパクトでなくても良いというのであれば大きくて防寒がしっかりした安い寝袋は沢山あります。ただ、寝袋は本当にかさばるのでコンパクトな物をおすすめします。

ネット上でカタログを見てもコンパクトかどうか分からないので、寝袋の紹介はここまでにしておきます。

 

寝袋インナー

これは山登りをする人以外はあまり聞いた事がないかもしれません。本来の使用方法は寝袋だけでは寒さが凌げない場合に寝袋に包まる前にこのインナーに包まってから寝袋をかぶります。

ただ、僕はこのインナーをバスなどの公共機関で寒い時に使用しています。理由は、インナーは洗濯が非常に簡単だから。洗濯機が使える物を選べば服と同じように洗うだけです。また、手洗いでも簡単に洗えますし、速乾性の物であればすぐに乾きます。

公共機関では寝袋を使う旅人が圧倒的に多数派でしょう。ただ、今まで見てきた中で海外の特に発展途上国の公共機関は基本的に汚いです。寝袋は一度汚すと洗うのが非常に面倒なので僕は外ではインナー、宿では寝袋と使い分けています。

インナーにも色々種類があります。例えばこんな感じ。

使用サイズ:190×85×55cm、収納サイズ:7.5×19cm、重量:230gコンパクトで機能性も抜群です。そして、速乾性も兼ね備えています。

僕が使用しているインナーはこちらです。これもカナダのバンフに滞在してる時に買いました。値段はCA$30前後だったと記憶しています。2700円くらいです。インナーにURLが記載されていたので、念のためリンクを付けておきます。

img_0212 img_0213

 

 

荷造りの際に防寒具をまともに持っていこうとすると本当にかさばります。このように登山用品はコンパクトでしっかりしている物が多いです。良かったら登山用品店に行って色々見てみて下さい。便利な物が沢山売っています。便利だからといって沢山買って持っていこうとすると、それはそれでかさばって本末転倒ですが・・・
【関連記事】

 

<スポンサーリンク>

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)