僕が乾季のウユニ塩湖にわざわざ行った理由

前回のお話:クスコ→ウユニにラパス経由で移動。〜ウユニの街はメチャクチャ寒かった〜

南米放浪記〜ボリビア・ウユニ【1】〜

 

<スポンサーリンク>

ウユニに着いてその2時間後に出発する日帰りツアーを予約した僕は、朝食を済ませた後に何か防寒着が売ってそうな店に行った。というのも、僕自身、今回の旅でここまで寒くなることを想定してなかったというのもあって、防寒になるような靴下を持ってなかったんだよね。あと、長ズボンをもう一つ重ねて着たかったというのもあるかな。

ウユニ塩湖って写真を見てもわかると思うけど、何一つ風を遮るものがない。だから、風が吹いたらメチャクチャ寒いような気がして、念のためもう一枚用意しておきたかった。

IMG_0451

 

ツアーは8時半出発。時間より少し早めに行くとすでに3人の日本人が座って待っていた。8月は乾季だし鏡張りなんて見れない。だから、あんまり日本人はいないかなぁ〜なんて思ったけど、そんなことはなかった。

結局ツアーの参加者は日本人4人、ボリビア人の親子、コロンビア人の7人だったかな。長靴の試着をして自分に合うサイズの長靴を車に積んでから、ウユニ塩湖に向けて出発した。

IMG_0418 IMG_0424

 

乾季のウユニは雨季に見ることができる鏡張りとは違った幻想的な景色を見ることができる。

IMG_0480 IMG_0511

 

雨季には行くことのできない、サボテンがたくさんある場所。名前はなんだっけ?

IMG_0469

 

実は乾季でも少し鏡張りを見ることができる。雨季ほどじゃないんだけどね。

IMG_0512

 

僕がウユニ塩湖のことを知ったのは今から15年くらい前。その時はまだ今ほど有名じゃなかった。「あぁ〜ここ行ってみたいなぁ〜」なんて漠然と考えてた。そして、ここ数年で一気にウユニ塩湖が有名になって、たくさんの日本人が訪れるようになったよね。

また、ほとんどの人は鏡張りの景色を目当てに1月2月あたりに殺到する。僕は「群がる」ってのが苦手で、みんなと同じことをやるのがあまり好きじゃない。

IMG_0477

 

ここ数年でこんなにウユニ塩湖が有名になって、誰もが知る絶景ポイントになって少し違和感を感じたかな。だって、ここは元々「秘境」っていう立ち位置だったし。でも、やっぱり行ってみたいって気持ちが強い。だったら、まずはあまり日本人がいないと思われる「乾季」に行ってみようかな?これがわざわざこの時期にウユニ塩湖に行った理由だったりもする。

実際に乾季のウユニ塩湖に行ってみてから、やっぱり雨季にも行ってみたいなぁって思うようになったよね。次回は雨季のウユニ塩湖にも行こう。僕が今回のツアーに参加して感じたことかな。

 

[関連記事]

 

次回のお話:2泊3日のウユニ→アタカマツアーに参加。初日は日帰りツアーと内容がほとんど一緒だった。
【南米放浪記】トップページ

【旅行記シリーズ】トップページ

<スポンサーリンク>

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)