旅先で体調不良になって感じたこと〜余計なプライドが自分を殺す〜

前回のお話:標高4000m超で体調を崩す。そして、楽しみにしてた温泉にも入れず・・・

南米放浪記〜チリ・サンペドロ・デ・アタカマ【1】〜

 

<スポンサーリンク>

サンペドロ・デ・アタカマに着いて安宿にチェックインした僕はすぐにベッドで寝た。ドミトリーの部屋を取ったんだけど、幸いまだ誰もいない。宿に到着した時点で僕は歩くことすら困難なほど体調が悪かったんだよね。

ベッドに寝っ転がって体温を測ると40℃。2週間前に40℃の熱を出したばかりなのに・・・

チェックインした部屋はドミトリーだったんだけど、僕が泊まってる間は誰もこなかった。実質一人部屋として使えたのが不幸中の幸いだったかもしれない。

結局、ここで3泊したんだけど3日間ずっとベッドの上で過ごした。食欲もなく、熱も下がらない。ただひたすら水を飲んでいた。

トビーさんからの食事のお誘いは「体調が悪い」ってことで断った。というかもう動けない。そしたらトビーさんは本当に心配してくれて、僕に風邪薬や食べ物をくれた。「何かあったら連絡して!」って言ってくれたんだよね。

結局、風邪薬は飲まなかったんだけど今でもお守りとして大事にとってある。てか、これって風邪薬なのかな?喉に効きそうな感じだけど・・・

IMG_0509

 

僕にとって旅先で一番辛いのが体調を崩した時。僕は大学に入学したと同時に一人暮らしを始めた。そして、身の回りもことは自分でするようになった。でも、体調を崩すとそれが物理的にできなくなる。それが旅先となると、母国語が通じない知らない土地で、周りに誰も知り合いがいないところで身動きができなくなる。これほど追いつめられることってないよね。

そんな時に、気にかけてくれる人がいるってのは相当な支えになる。それが知り合って数日の人だったとしても。

僕は普段から自分の身の回りのことくらいは自分でやるってことを意識してるし、なるべく人に頼りたくはない。というのも、人に頼るってやっぱり楽でしょ?自分が何もやらなくても勝手にやってくれるし。

それから、周りで人に頼ってばかりのヤツを見ていてロクな人がいない。自力で何もできないヤツ。他力本願。そして、そういうヤツに限って他人に文句すら言う。

そうゆう人間を見てきて、「絶対にこういう人間にはなりたくない」って思ったのか身の回りのことは自分でできるようになったし、そういう習慣が染みついた。

例え風邪を引いたとしても自分で病院に行くし、自分でご飯を作るなり買いに行ったりする。これは特別すごいことじゃないし、他にもこの程度のことならやってる人多いでしょう。

でも、今回は本当に身動きすら取れなくなってしまった。一切の食事を受け付けないし、起き上がる気力もない。

「これは病院に行ったほうがいいのかな・・・」

せっかく海外旅行保険にも入ってるし、病院に行くこともできた。というより、本来ならすぐに病院に行くべきだったと思う。

でも、「人に頼りたくない」っていう思いが強かったのか結局病院に行かなかったんだよね。なんていうか余計なプライドが邪魔したんでしょう。大事に至らなくてよかったけど、仮にこれがすぐに治療が必要な病気だったら僕は死んでたかもしれない。

僕がトビーさんからもらった風邪薬を飲まなかったのもそんな変なプライドが邪魔したからだと思う。せっかくもらったのに、自分でわざわざ薬局に行って風邪薬を買ったんだよね。

IMG_0510

 

「自分のことは自分でやる」って言ってしまえば当たり前なんだけど、度が過ぎちゃいけない。物理的に無理なら何かに頼らないと。

こんな状況だったんだけど、僕は誰にも頼らずに気力で薬局に行って薬を買ったり、売店で水を買いに行ったりした。「水くらいトビーさんに買ってきてもらえばよかったのに」って後になって思ったりしたんだけどね。

僕は常々「人に頼りたくない」って考えてたんだけど、冷静に考えて人に頼ることは「悪」ではない。場合によっては人に頼らざるをえない状況ってあるんだよね。もしかしたら僕は人に頼ることが苦手なのかもしれない。というより絶対に苦手だよね。

何ていうか、根本からあまり他人を信用しない性格なのでしょう。別に人間不信じゃないんだけど、なんでも自分でやらないと気が済まないってのは当てはまると思う。

IMG_0608

 

体調を崩してベッドで過ごした3日間は本当に長く感じた。体がダルくて起き上がれないけど、横になってるからといって全然寝れない。こんな生き地獄みたいな状況がどれだけ続くんだろう・・・そんなことばかり考えて、ただ時間が過ぎていくのを感じる以外に何もやることがなかったからね。

「余計なプライドなんて捨てて、必要な時は人に頼ろう。」そう感じた出来事だったかな。

 

次回のお話:環境に流されやすいから、あえて自分でルールを作る。
【南米放浪記】トップページ

【旅行記シリーズ】トップページ

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)