ブラジリアでバスと地下鉄(メトロ)を乗り継いでバスターミナルに行った

前回のお話:将来が見えないから、今を大事にするようになる。将来が見えると悲観するようになる。

南米放浪記〜ブラジル・サンパウロ→レンソイス国立公園【移動編1】〜

 

デニスさんに空港まで送ってもらった僕は待ち時間もほとんどなくそのままブラジリア行きの飛行機に乗った。

 

<スポンサーリンク>

ブラジルは飛行機とバスの運賃があまり変わらないことがある

今回、なんで飛行機を使ったかというとサンパウロからブラジリアまでの運賃が飛行機とバスでほとんど同じだったから。(1万円くらい。)そして、バスだと1日以上かかるのに対して、飛行機だと2時間くらいで着いてしまう。

んで「どっち選ぶ?」って言われたらどうする?そりゃ飛行機選ぶでしょ。スカイスキャナーでチェックしてみてください。

IMG_0500

 

僕は「絶対に陸路!」みたいなこだわりはないし、その都度ベストな選択をしていく。

本当はサンルイスまで飛行機で行きたかったんだけど、調べると5万円くらい。ならブラジリアからサンルイスまではバスで行こう。そう考えたんだよね。さすがにバスで4万円もかかることはないでしょ?って思ったから。

スクリーンショット 2016-07-23 16.19.03

 

ブラジルを旅する場合、早めに予定を決めて飛行機を予約した方が案外安く済むかもしれない。というのも、数ヶ月後のブラジル国内線のフライトを調べてみると意外に安い。これが直前だとやっぱり高いんだよね。

 

ブラジリアのホテルで一泊してからバスでサンルイスに向かう

空港タクシーに遠回りされる

IMG_0501

僕はあらかじめ予約したホテルにタクシーで行ったんだけど、これが失敗だった。約10kmの距離をガッツリ遠回りされて100レアル(約5000円)も取られたんだよね。だって、1時間くらい乗ってたよ?空港泊すればよかった・・・

 

ホテルからバスターミナルまでバスと地下鉄を乗り継いで行った

翌日、僕はバスターミナルに向かった。とは言ってもどうやって行くのか見当もつかないので、フロントに聞いた。

「バスターミナルまでどうやって行くの?」

「そこからバスに乗って地下鉄の駅に行けばいいんじゃない?地下鉄に乗ればバスターミナルに行けるよ?」

IMG_0502

 

僕は内心迷ったよね。全財産抱えてブラジルの地下鉄に乗るの?一応、ブラジリアはサンパウロやリオデジャネイロよりは安全と言われてるけど・・・

まぁ、いいんじゃないかな?タクシーは高そうだし。ってことで、結局バスと地下鉄を乗り継いで行くことにした。

IMG_0754

 

地下鉄の雰囲気はそんなに良くなかったけど、何も起こらなかった

IMG_0755

 

少々ビビりながらも無事にバスターミナルに到着。バス停では「お前さん地下鉄の駅に行くなら乗り場逆だよ?」なんて衝撃的なことを教えてくれるし、バスの運ちゃんは丁寧に「ここで降りろ!」と教えてくれた。みんなありがとう!

 

ブラジリアのバスターミナルは地下鉄の駅に隣接している

地下鉄の「Shopping」という駅で降りるとバスターミナルに着いたようなもの。そこから歩道が繋がっていて、1分も歩けばバスターミナルに到着する。

IMG_0758

 

Shoppingという駅名通り、ここには大規模なショッピングセンターがある。そして、周辺は治安が悪いらしい。

なので、すべての荷物をバスターミナル内にある有料の荷物預りサービスに頼んだ。いくらだったっけなぁ・・・すいません忘れました。大きい荷物で500円くらいだったような・・・

そして、手ぶらでショッピングセンターを散策。とその前にサンルイス行きのチケットを購入。300レアル(約1.5万円)で36時間。長すぎる・・・

バスの出発は19時。確か午前中にはバスターミナルに着いてたから7、8時間くらい待ったはず。ショッピングセンターをウロウロしたりバスターミナルでぼーっとしたり・・・

IMG_0759

 

宝くじも購入。そして、全部ハズレ・・・

IMG_0757

 

そして、夜7時。36時間の長いバス旅が始まった。

 

[オススメ記事]

 

次回のお話:珍しくブラジルで何度も流暢な英語で話しかけられた時のお話

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)