海外旅行に便利!超コンパクトにまとまる折りたたみリュック10選!

海外旅行に行くとなると、当然スーツケースかバックパックに荷物を詰めて行くことになると思います。スーツケースとバックパックのどちらがいいのかという疑問はどっちがいいの?旅行で使うスーツケースとバックパックのそれぞれのメリット・デメリットを参考にしてください。

今回紹介するのはそういった移動の際に使うものではなく、旅行先の現地に滞在している間に使うと便利なバッグです。滞在先で観光するとき用に小さめのバックがあったら非常に便利ですよね?

というわけで、今回は僕が現在使用しているものも含めて紹介していきます。

 

フライウェイト リーコン

僕が使用してるのはフライト リーコンと呼ばれる古い型のものですが、フライウェイトリーコンと同じです。移動のときは小さくまとめてメインのバックパックもしくはスーツケースにでも入れておく。そして、旅行先の現地で外出をする時にこのバックを使う。

そんな使い方でいいでしょう。僕もそういった使い方をしています。それに、僕の場合は旅行以外でも普段からこのバックを使うことも多いです。

 

実際の使用例

マチュピチュに行った時

マチュピチュ村の宿に荷物を置いて、フライウェイト リーコンに飲み物やちょっとした小物を入れて観光しました。たくさんの旅人がマチュピチュに行く理由は遺跡に興味があるわけではなく「マチュピチュに行った」という見栄を張りたいからかもしれない。で様子が綴られています。

IMG_0369

 

レンソイスに行った時

レンソイス国立公園の拠点となる街バヘリーニャスで旅行会社の日帰りツアーに参加した時のものです。レンソイスのラグーンツアー。9月でも充分に楽しめた!に様子が綴られています。

IMG_0872

 

サンパウロの街を散策している時

サンパウロのような治安の悪い街では手ぶらで行動した方がいいですよ。この時は現地の方と一緒に行動してたので、まぁ平気かなと。ブラジル・サンパウロにある沖縄コロニーで日本を感じた僕はつかの間の一時帰国を楽しんでいた。で様子が綴られています。

IMG_0721

 

こんな感じで、滞在先で行動する際にこういったバッグは本当に便利です。

 

小さくまとめると、手のひらサイズになる

使うときは上記のように20Lほどのバッグになりますが、使わないときにコンパクトにまとめると手のひらサイズの大きさにまで小さくなるんですね。右側のペットボトルは600mlサイズです

FullSizeRender

 

この程度のサイズであれば、バックパックやスーツケースに忍ばせておいてもかさばらないですよね?

それに一度買っておけば長いこと使えますし。僕はこのバッグを買ってから8年が経過してますけど、未だに使っています。今年12月からの長旅でもこのバッグを持っていく予定です。これで値段が5000円程度ってことを考えるとコスパ最強ですよね?

旅行の際はフライウェイトリーコンがオススメです!

<スポンサーリンク>

コンパクトにまとまる他の商品

フライウェイト リーコン以外のコンパクトにまとまる折りたたみリュックをまとめてみました。

 

SEA TO SUMMIT ウルトラSILデイパック

OSPREY(オスプレー) ウルトラライトスタッフパック 18L

mont-bell バーサライトパック15

karrimor マース パッカブル デイパック 25L mars day pack 折り畳み リュック

北欧スウェーデン発「The Friendly Swede」軽量&折りたたみ式 ウルトラライトバックパック 25リットル

mont-bell ポケッタブルディパック 20

Millet デイバッグ SOMME18

Marmot MJB-S5310 コンプレッション パッカブル デイパック 15L

mountaindax ポケッタ20

 

旅行の際はこういった現地で使うための折りたたみバックを忍ばせておくと便利ですよ!

[オススメ記事]

旅行に持って行くバスタオルはマイクロファイバータオル!小さくまとまるのでオススメです!

旅行先でよく使うアーミーナイフの機能6つとおすすめ商品を紹介します!

旅行に持っていくハードディスクは耐衝撃性能がついた「Transcend」をオススメするたった1つの理由

海外旅行に持っていくおすすめ便利グッズ24選!

旅行の防寒対策は必須です。忘れていませんか?

 

<スポンサーリンク>

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)