ベトナム・ハノイは危険?実際に訪れて感じた治安についてまとめたよ!

10月中旬頃、ハノイに3日ほど滞在したのでその時に感じた治安についてまとめていきます。実は4年前にもハノイには行ったことがあったんですけど、この時はタクシートラブルに巻き込まれて、非常に怖い思いをしました。

なので、ハノイはそんなに治安が良くないと思ってたんですけど、実際にはそうでもないみたいです。

 

<スポンサーリンク>

ハノイの治安は非常に良い

今回、僕はハノイに住んでいる友達(日本人)とずっと行動をしていました。その時に聞いた話しなんですけど、ハノイの治安は非常に良いとのこと。日本と変わらないんじゃないか?なんてことも言ってました。

ホアンキエム湖の北に位置する旧市街地のナイトマーケットではスリに注意

ハノイは治安が良いと言われてますが、旧市街地で行われてるナイトマーケットでは観光客を狙ったスリが起きているそうです。現地の友人が「ここだけは注意しろ」と言ってました。

ここ以外ではそこまで神経質になる必要もないのでは?と僕は感じましたね。

 

ハノイで観光する際の注意点

治安が良いからといって、何やっても安全というわけではありません。

ベトナムでは緑のタクシーを使おう

この写真は4年前にベトナム中部の町ホイアンで撮った写真ですけど、このタクシーはハノイでも走っています。現地の友人曰く、このタクシーが一番確実で安全とのこと。乗車賃は他の会社と比べて高いですが、それでも初乗り運賃で6000ドン(約30円)

日本人の感覚からするとちょっとした誤差って感じです。

ベトナムで安全なタクシー

 

お金を見せびらかさない

これは海外で旅行する場合はどこでも同じです。例えば、お店で何かものを買うとき。レジで精算したら、必ずお釣りを財布にしまってポケットなりカバンにしまってから外に出ましょう。

現地の友人が言ってましたが、ハノイに住んでるベトナム人の平均月収は約3万円くらいだそうです。

なので、感覚でいえば日本人の10分の1くらいなんですね。上記でタクシーの初乗り運賃が約30円と書きましたが、これは現地のベトナム人にとって300円もしくはそれ以上の感覚なんです。

極力、お金は回りに見えないように注意しましょう。治安が良いとはいえ、全員が良い人ではないということも認識しておきましょう。これは日本でも同じですよね?

夜の一人歩きは極力控える(特に女性)

海外旅行に行くときなんかはハノイに限らず言われてることですけど、暗くなったら一人歩きは控えましょう。とは言ってもハノイは旧市街地など夜でも人がたくさんいるところは多いです。

もし、夜に外を出歩く場合は人通りの多いところにしましょう。人通りがない場所で一人で歩いてると、何かしらのトラブルに巻き込まれる可能性が上がりますよ?

ベトナムではホテルに宿泊中パスポートをホテル側に預けることになる

ベトナム特有のことなんですけど、ベトナムではホテルに滞在してる間はパスポートをホテルに預けることになっています。

たまに、これは何か裏があるのでは?と疑う人もいると思うので書いておきました。ベトナムではこれが普通です。

両替は宝石店が一番レートがいい

これは現地の友人が言ってました。宝石店が一番レートが良いそうです。実際に僕も同じ日に宝石店と旅行会社でそれぞれ両替してみましたけどレートが全く違いました。

2016年10月15日のお話です。僕はハノイに来る前バンコクにいたので、バンコクの通貨「バーツ」をベトナム通貨「ドン」に両替しました。

宝石店:1バーツ=630ドン

旅行会社:1バーツ515ドン

ちなみに、当時は1バーツ=約3円です。

少しでも良いレートで両替をしたいという方は、宝石店で両替をしてもらいましょう。

 

ちなみに、今回僕が泊まったホテルはチェン ホステルという、1泊約500円のホステルです。ドミトリーの部屋ですが、セキュリティー面がしっかりしているので非常に安心。今までドミトリーに泊まったことのない人にもオススメできる宿です!

>>1泊500円!ハノイおすすめのゲストハウスのご紹介

 

ハノイで観光する際は以上のことを頭に入れて、楽しんでください!

ホテル検索サイト一覧

>>Agoda.com

>>エクスペディア

>>Hotels.com

>>じゃらんnet

>>Booking.com

[オススメ記事]

海外旅行に便利!超コンパクトにまとまる折りたたみリュック10選!

旅行に持って行くバスタオルはマイクロファイバータオル!小さくまとまるのでオススメです!

旅行先でよく使うアーミーナイフの機能6つとおすすめ商品を紹介します!

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)