コルカタ・サダルストリート。ほぼ個室の格安ドミトリー宿をご紹介!

今回紹介するのはインド・コルカタにある超有名な「サダルストリート」にあるドミトリー宿のご紹介です。旅人でサダルストリートを知らない人っていないのでは?

サダルストリート

噂のサダルストリート

インドに行ったことなくてもサダルストリートは知ってる人も多いでしょう。バックパッカーのバイブル「深夜特急」を読んだ人ならサダルストリートは絶対に知ってるはず。

今回、僕はサダルストリートにあるホテルで3日間滞在。その時に利用したホテルのレビューをまとめました。
<スポンサーリンク>

ゴールデン アップル ブティック ホテル (Golden Apple Boutique Hotel)

今回紹介するホテルは「ゴールデン アップル ブティック ホテル (Golden Apple Boutique Hotel)」です。僕はドミトリー部屋に滞在しましたが、ドミトリー以外にも個室があります。というより、個室がメインでドミトリーはオマケみたいな感じです。

泊まってみた感想を先に書いておく

今回は先に泊まってみた感想を先に書いておきます。というのも、全員にオススメできるような部屋ではなかったからです。

部屋は問題ない

部屋に関しては特に文句はありませんでした。部屋の内部の写真は下の項目で紹介するのでここでは割愛。

トイレとシャワーに難あり

トイレは紙がない

トイレに紙がありません。これはインドでは水で洗う習慣があるからです。もし、紙を使いたかったら自分で用意する必要があります。(たくさん紙を流すと詰まるので注意)

また、これからインドで長旅をする方はこの状況がほとんどなので慣れておく必要があります。

シャワーは大問題

シャワーに関してですが、隙間が空いていて外から見ようと思えば見えます。気にする人は絶対にいるでしょう。特に女性は絶対に気にしますよね?なので、これが嫌な人は個室の利用。もしくは、別の少し高めのホテルの宿泊をオススメします。

あと、お湯は出ますが水圧は非常に弱いです。

このホテルのメリットは「安くプライベート空間が手にはいる」こと

ゴールデンアップルブティックホテルで今回僕が紹介する部屋はドミトリーですが、実質個室です。なんていうか、個室もどきって感じでした。安く個室が手に入れば問題ないという人に対してはオススメできるホテルとなります。

 

ゴールデン アップル ブティック ホテル (Golden Apple Boutique Hotel)の部屋の内部をご紹介

ドミトリーエリア

1つの広い空間に壁とガラスで1ベッドごとに区切られています。

ゴールデン アップル ブティック ホテル (Golden Apple Boutique Hotel)

ドミトリーエリア.

部屋の中

部屋の中。テレビも一応ある。ドミトリーだけど、実質個室である。

コンセントは1つのみ。プラグは日本のものが使えない

コンセントを使うのに変換プラグが必須です。

トイレ&シャワー

ドミトリーエリアを出たところにトイレ&シャワーがあります。これはドミトリーの人たちでの共有利用です。

トイレ。紙は自分で用意する必要がある

シャワー。お湯は出るけど水圧が非常に弱い

おまけ

受付の優しいお兄さん

各部屋で鍵がかけられるので、セキュリティーは問題ない

このドミトリー宿にはセキュリティボックスはありません。というより、部屋ごとに鍵がかけられるので、セキュリティに関しては問題ないです。

朝食はなし

朝食は付いていません。周辺の屋台・レストランで食事をとることができます。屋台だと20〜50ルピー。小綺麗なレストランだと100〜200ルピーくらいです。(2016年12月時点で1ルピー=1.7円です)

WiFiは特に不便を感じなかった

WiFiに関しては特に問題なく使えました。Youtubeも問題なく見ることができます。

ゴールデン アップル ブティック ホテル (Golden Apple Boutique Hotel)の場所

交通費の相場

コルカタ空港からであれば、275ルピー。(空港のプリペイドタクシー利用の場合)40分くらいで到着。

ハウラー駅(鉄道駅)からであれば、どんなに高くても150ルピーです。15分程度で到着します。

ただし、交通事情が読めないのでかかる時間はかなり前後すると思ってください。

※2016年12月時点

格安でプライベート空間が欲しい人はぜひ検討してみてください!

ゴールデンアップルブティックホテルの格安料金をホテル検索サイトで調べてみる。

>>Agoda.com

>>Booking.com

>>エクスペディア

>>Hotels.com

>>じゃらんnet

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)