インドでタクシー代わりにUber(ウーバー)を使ったらメッチャ便利だった件

どーも!

今回はUber(ウーバー)について。Uberって何か知ってますか?サクッというとタクシーです。

タクシーって電話で呼んだり、そこらへんで走ってるタクシーを捕まる。そして、行き先をドライバーに伝えて、目的地に着いたらメーター通りの金額を払う。これが一般的なタクシーですね。国、場所、ドライバーによっては乗る前に交渉して金額を決めてから乗るパターンもあります。

Uberの場合は少し違います。事前にスマホにUberのアプリをダウンロードしておくんですね。そのアプリで「目的地」を指定します。そしてドライバーも選べます。GPSを頼りにドライバーが来るので、それに乗ります。

料金は登録してあるクレジットカードで払うので、ドライバーとの金銭のやりとりはありません。目的地に着いたら「Thanks!」と言って降りる。これだけです。

今回は、僕がインドで実際に使ってみたので詳細をまとめました。

Uber(ウーバー)を使ってみた感想は、「安い」そして、「ラク」

使ってみた感想は「安い」そして「ラク」というものです。

Uberはリキシャより安い?

今回はハイデラバードにある富裕層向けのショッピングモールの横にハードロックカフェがあったので、そこで飲んでました。

そこから現在泊まってるホテルの近くの「チャーミナー」という場所に行ってもらったんですね。(ホテル周辺が歩行者天国のため近くで降ろしてもらいました。)

そして、料金は10kmの距離で約110ルピー。リキシャだともっと取られると思います。今回は一番安いプラン「uberPOOL」(相乗り)を利用したのですが、個人で利用するプラン「uberGO」を利用するとリキシャと同じくらいかなと。今回はまだ1回しか利用してないのでなんとも言えませんが・・・

ただ、交渉って慣れてる人はなんともないですけど初めて海外に行った人なんかはやっぱり慣れないですよね?料金がすでに決まってるというのはそれだけでメリットです。また、リキシャと違って普通の乗用車で送迎してくれるので快適さが全く違います。

画像にある5,54kmは相乗りの人を降ろしてからの距離です。

ちなみに、リキシャはこんな乗り物です。

リキシャ

値段交渉の必要がないので、トラブルになりづらい

今回の場合、乗る前からすでに料金が決められていました。他の人の利用体験を見ると、メーター制の場合もあるみたいなんですが、なんででしょう。インドの場合は交通渋滞があまりにもヒドいからでしょうか?それともハイデラバードだけでしょうか?

ちなみに、インドでは上記の「uberPOOL、uberGO、uberX」の3種類ありました。この説明は後ほど。

<スポンサーリンク>

インドは紙幣不足で両替やATMでの引き出しは損なので、クレジットカードで支払えるUberは非常に有効

昨年の11月の大事件は覚えてますか?インドの首相が突然「今から4時間後、500ルピー札と1000ルピー札を使えなくします!」と宣言したやつですね。

これによって、インド国内は深刻な紙幣不足です。これは2017年1月現在もかなり影響が出ています。

2017年からはATMでの引き出しは一回につき4000ルピーまでとなりましたが、それにしても手数料を考えると、クレジットカードで払えるものはクレジットカードで払ったほうが明らかに得策です。とはいえ、これはクレジットカードの支払いが得というのは基本的にはどの国でも同じですが・・・(ハイパーインフレが起きて、公定レートと闇レートが存在する国は例外です。)

なので、インドでUberを利用するというのは両替事情の面から見ても非常に良い選択肢でしょう。

 

Uberの登録には電話番号。利用にはネット環境が必要

現地でSIMカードを購入する必要がある

Uberの登録には電話番号が必要です。まぁ日本で登録するなら日本の携帯電話で良いですよね。

そして、現地で利用するときにネット環境が必要になってきます。町中にWiFiがいたるところに飛んでいればなんとかなるのでしょうが、現地でSIMカードを購入していつでもネット環境が使えるようにしておくことが必要です。

登録した電話番号はドライバーにも伝わるので、万が一見つからない場合は電話がかかってくるでしょうが、まぁGPSでお互いの位置がわかってるのであまりないでしょう。

基本的にインドの人は英語が通じるので、英語に自信のない方は分かりやすい場所(ホテルの前とか)で待っていれば大丈夫。万が一電話がかかってきた場合、ホテル名を連呼したら通じるはずです。

もし、日本で登録した場合は現地でSIMカードを購入したら電話番号の登録情報を変えておきましょう。

インドで利用する場合はこちらのリンク(https://www.uber.com/invite/a19em7bdue)もしくは登録時にプロモーションコードに「a19em7bdue」を入力していただくと、初乗り時に50ルピー安くなります。(僕も50ルピーのクーポンがもらえるので、お互いWin&Winです!)

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)