フィリピンのカジノはフィリピン人ばかり?思ったことを正直にまとめてみた

2017年4月末。僕はフィリピンのマニラに滞在しています。マニラに滞在してる間、ポーカーをするためによくカジノに行っていたのですが、その時に感じたことを、ありのまま綴りました。

というのも、今回僕がフィリピンを訪れるのは初めて。しかし、2013年9月に日本を離れてカナダで働いてた時、それからオーストラリアで働いてた時に、僕の同僚には必ずといっていいほどフィリピン人の同僚や上司がいたんですね。

特に、オーストラリアでは一時期フィリピン人の家族と同居していた時期もあり、良くも悪くも色々なお話を僕は聞きました。そして、今回カジノでふと感じたことがあったのでここに書き留めておく意味でも一つ記事にしました。

<スポンサーリンク>

マニラのカジノの客層について

今回、カジノに実際に訪れてざっくりと客層を見積もると8割がフィリピン人。2割が外国人といったところでしょう。今回注目したいのはこの8割のフィリピン人。

カジノに訪れてるフィリピン人は海外に出稼ぎしてる人が多い模様

カジノで遊んでると他のお客さんと会話する機会がよくあります。また、客同士の会話が聞こえることもよくあるんですね。僕はフィリピンの母国語であるダガログ語はわかりませんが、国名や地名は他の言語と同じようなので聞き取れます。

すると、彼らの会話からは決まってロサンゼルスやらシンガポールやらオーストラリアなどの国名、地名が聞こえてきます。また、アフリカの国名も時々聞こえてきます。おそらく、これは彼らの勤務先でバケーションをとって一時帰国してる最中なんだろうなと。

彼らは身なりからもそこそこお金を稼いでるというのは想像がつきます。持ってるスマホはiPhoneだし。高そうな指輪つけてるし。負けても余裕があります。

インドのゴアのカジノでは明らかな一部の超富裕層が訪れてる印象でしたが、フィリピンでは富裕層はもちろん、中間層の人も訪れてる印象です。そして、彼らはおそらくバケーションで一時帰国してる人たち。

カジノには似つかない身なりの人もいた

言い方は失礼かもしれないけど、「そんなにお金持ってないよね?」というような感じの方もよく見かけます。でも、実際にはギャンブルをしている。額はそんなに高くないけど。

フィリピンの平均月収は正確にはわかりませんが、僕がオーストラリアで働いてた時の同僚だったフィリピン人はマニラで働いてた時の月収はUS200ドルだったと言ってました。そして、これがだいたい平均くらいとのこと。そんな方がカジノに行けるわけないですよね?

 

フィリピンには仕送りの文化がある

カナダで働いてた時。オーストラリアで働いてた時。フィリピン人の同僚は決まって母国にいる家族に仕送りを送っていました。僕がオーストラリアでフィリピン人家族と同居してた時に色々と仕送りに関して愚痴を聞かされていたんですね。「月に2000ドルも送ってるのにもっと送れと言われる。フィリピンで生活するのには十分な額を送ってるのに・・・」と。

よく家族のために海外で働いて母国に仕送りを送ると言ったお話が美化されています。しかし、実情は全員が全員ではなく、文化だからという理由で嫌々送金してる人もいますし、そもそも家族と縁を切って送金してない人もいます。フィリピン人の方とよくお話をする機会があったのでそういったお話もよく聞きました。

フィリピンではお金を持ってる人が持ってない人を助けるといった文化があるようで、お金持ちが助けるのは当たり前の行為なんだとか?

確かに、海外で働けはフィリピン人の平均月収であるUS200ドルなんて1日や2日で稼げてしまいますし、それがフィリピンでの月収だということを考えると、身内に海外で働く人がいるのであれば仕送り送ってもらった方がラクだし、働く気が失せるのはわからなくもないですが、なんだかなぁと思ってしまいます。

仕送りをギャンブルに?

この流れからお気付きの方も多いかと思いますが、海外で働いてる身内の仕送りでカジノに来てるんじゃないのか?と僕は疑問に思ったわけです。それに、実際にそういったお話はよく聞きますし。

 

まとめ

日本にもフィリピン人の方が出稼ぎに来て、自身の生活費を残して全て母国にいる家族へ仕送りしてる人は多いでしょう。カナダでもオーストラリアでも母国に仕送りしてるフィリピン人を多く見かけました。

そのお金の一部がカジノによって吸い上げられる。そして、出稼ぎで稼いでるフィリピン人が一時帰国で帰ってきた時にカジノで遊んでお金を落とす。世界各地でフィリピン人が稼いだお金がカジノによって吸い上げられる。

それによってカジノやその周辺のショッピングセンターなどで雇用が生まれる。なんだかんだうまい作りになってんなぁ〜と僕は思いました。フィリピンでの賭博ビジネスは需要がありそうです。

今回はマニラにあるカジノに訪れてふと感じたことを綴ってみました。少々まとまりのない記事かもしれませんが、僕自身の備忘録ということで。

<スポンサーリンク>

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)