旅行中の貴重品管理。あなたは対策してますか?

<スポンサーリンク>

海外旅行の準備は進んでますか?

海外旅行の準備に関するブログはこちら→http://travel-info-backpacker.com

旅行資金を稼ぐならリゾートバイト!

リゾートバイトに関するブログはこちら→https://resort-shigoto.com

もしかして一つの財布に全財産ぶち込んでポケットに入れてるなんて人はいないですよね?旅をしている時に一番心配なのが貴重品管理。現金を抜かれたり、クレジットカードのスキミング被害にあったりなんて話はよく聞きます。パスポートを盗まれたら大惨事ですよね?

僕は今までに色々なトラブルに巻き込まれてきましたが、唯一盗難にだけはあったことがありません。それはなぜなのか?色々考えてみましたが、恐らくただ運が良いだけだと思います。

唯一考えられることはそういう危ない所に行く際は事前に宿に貴重品を置いていくなどの対策をしているからでしょうか?

はっきり言って、どんなに対策をしても移動中で全財産を持ち歩いている時に集団で囲まれて身ぐるみ剥がされたらなす術なんてないでしょう。

今回は旅をしている時にどうやって貴重品を持ち運ぶのか。また、トラブルにあう環境をどうやって減らすのかについて僕がいつも行っている方法をここで紹介したいと思います。

 

<スポンサーリンク>

旅の際の貴重品の身につけ方

旅先で観光するとき、次の目的地に移動するときに財布などの貴重品を持ち運ぶことになります。まず、前提として貴重品が外から見える状態は絶対にやめて下さい。

日本だとズボンの後ろのポケットに長財布を入れるのが一時期はやっていたと思います。今もそうなのかな?僕が高校生の時はたくさんのケツポケットINを見かけました。

また、よく女性がブランドもののバックに財布を入れていますが、そのバッグが開いたままという人が日本では多いですよね。海外でそれをやったら「ぜひ盗んで下さい!!」と言っているようなものです。ぜったいにやめましょう。

貴重品管理の方法も人によって色々あるでしょう。この記事ではいままで旅をしたことがない人に向けたものです。この記事や他の旅人の記事などを参考に自分のスタイルを確立していくのが良いでしょう。

それでは僕なりの貴重品管理の方法を紹介します。

 

財布

僕は旅に出る際は財布を3つ用意します。

一つ目は主に少額のお金を入れるもの。その日使いそうな額を入れておきます。

二つ目は大きめの額を入れておくもの。約一週間分くらいを目安にしています。また、ツアーに参加するなど一度に大きい額を使う場合もこちらの財布に用意します。

三つ目は現地では使わないお金を入れます。例えばタイからラオスに移動したらタイのお金は使いませんよね?そういったしばらく使う予定のないお金をこちらに入れます。

IMG_1150-1024x768

 

僕は普段旅をする時は背中に大きいバッグを背負って、前にデイパックをかけます。バックパッカースタイルというやつです。

普段使う少額の入った財布はポケットに、大きめの額が入ったものはデイパックに、使わない現金が入ったものはメインの大きいバックに入れています。

街に滞在している間は状況次第ですが、少額の財布以外は宿のセキュリティーボックスに保管しています。

一つ言い忘れましたが、安宿と呼ばれる宿でドミトリーの部屋に泊まると、セキュリティーボックスが設置してある所があります。というのは、ない所もあるからです。僕が今まで経験した中ではセキュリティーボックスの設置してある宿は7割くらいでしょうか・・・?

そして、セキュリティーボックスは貸してくれるものの、鍵は自分で用意しなければならない所が多いです。なので、南京錠は旅の際には絶対に持っていきましょう!

僕は予備も含めて2つ常備しています。

 

パスポート

パスポートの持ち歩き方ですが、移動時以外は基本的に宿のセキュリティーボックスに預けています。移動時はポケットに入れています。

というのも、僕は普段旅をする際はポケットにボタンがついたズボンを選んでるんですね。※写真はマジックテープですが要するにカバーのあるポケット付きという事です。

IMG_1152-1024x768

 

盗む立場からして考えると、簡単に盗めそうな所を選ぶでしょう。となると、ボタンのついたポケットを装備したズボンをはいてる人ってあまりいないので、その時点で選択肢から外れる場合が多いと僕は考えています。

ボタンで入り口が塞がれていたら盗むのは難しいですからね。もちろん、身ぐるみ剥がされたらどうしようもありません。その時は諦めることにしています。

ポケットに入れる際にはこのようにいくつか収納がついたパスポート入れを用意します。

IMG_1151-1024x768

 

そのパスポート入れにUSBメモリと現金$100など高額紙幣を忍ばせています。USBは旅の際の大事な書類や思いでのデータ。現金は最後の手段ですね。

冷静に考えて、もしあなたが他人のパスポートを盗んだとします。現金に換えることはできますか?

確かに日本のパスポートは高額で取引されるという話はよく聞きます。ただ、それは一部の限られた人でほとんどの人はパスポートなんか盗んでもどうやって現金に変えて良いか分からない人達ばかりでしょう。

なので、パスポートよりも現金の管理をきちんとするべきだと思っています。パスポートの管理を疎かにしても良いというわけではないので間違って理解しないようにして下さいね。

 

クレジットカード

クレジットカードは一枚だけ持っていく人もいれば複数枚持っていく人もいるでしょう。持っていかない人もいると思います。

僕はクレジットカードについては大きめの額が入った財布にいつも入れています。あとはパスポートと一緒に忍ばせている時もありますね。これに関しては僕自身も改善する必要があるなと思っています。

このようにスキミング対策が施された特殊なカード入れもあるそうですよ!

 

移動の際の注意

上記でも書きましたが、僕は身ぐるみ剥がされるような時は諦めようと思っています。なので、僕の貴重品対策は主にスリに向けた対策です。

「移動の際の注意」というのはどうすればそういった身ぐるみ剥がされるような状況を避けるかというものです。

 

乗り物は朝から昼にかけて到着するように心がける

飛行機・バス・電車など到着時間の予測がつく乗り物はなるべく朝から昼に到着するものを選ぶように心がけています。もちろんですが、発展途上国の鉄道なんかは平気で何時間も遅れたりしますがそれは諦めて下さい。

夜に到着した場合はなるべく外に出ない。飛行機であれば夜が空けてから移動を開始するなどなるべく夜は外に出ないことを心がけましょう。これだけでトラブルに合う確立はぐっと下がるはずです。

 

言い値で折れる

これは万が一真夜中に荷物を全て抱えて移動しなければならない時に僕がよくやる方法です。

発展途上国では乗り物に乗る際に交渉性の場合がよくあります。明るいうちは外国人という事も加味して相場かそれよりも少し高いくらいで折れます。

例えば「夜行バスが遅れて深夜に街中に到着しました。これから宿を見つけなければなりません。」という状況ですね。

こんな時は相手の言い値を聞いて、あまりにも法外な料金でなければ僕は言い値で乗ることにしています。もちろん、少しごねるなどしてから結局言い値で折れるといった感じです。

最初から良い値に即答でOKを出すと「コイツは何も知らないな」と思われるからです。

少しごねてから「真夜中だし、その値段で良いよ」くらいな感じでOKを出すと、相手は「ラッキー!」くらいに思うでしょう。

「安全を買う」という意味でこれくらいはケチらずにしても良いのでは?と僕は思います。

[参考記事]

 

宿は予約しておく

これはあらかじめ到着が夜になることが分かっている場合です。僕は深夜に到着する場合は事前に宿を予約することが多いです。というのは、深夜に着いてそれから宿を探すのが面倒だし、場所によっては危険だからです。

ホテル検索サイト一覧

>>Agoda.com

>>エクスペディア

>>Hotels.com

>>じゃらんnet

>>Booking.com

僕が使っているのはこれくらいです。

飛行機のチケットはスカイスキャナーをいつも使用しています。このサイトを使ってなるべく朝から昼にかけて到着する安い便を探しています。

 

まとめ あまりケチらずに臨機応変に対応しよう

旅の第一目的は無事に生きて帰ってくることです。大げさではありません。僕の周りではいませんが、現に旅先で命を落としてしまう人もいます。僕自身も、「これはマズい・・・」という状況は何度かありました。

旅先では何が起こるか分かりません。それをふまえて思いっきり楽しみましょう!

 

[関連記事]

 

<スポンサーリンク>

リゾートバイトに関するブログも運営しています→https://resort-shigoto.com

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)