バンコクって発展してるって聞いたけど、実際はどうなの?

東京並みに発展しているタイの首都バンコク
<スポンサーリンク>

海外旅行の準備は進んでますか?

海外旅行の準備に関するブログはこちら→http://travel-info-backpacker.com

旅行資金を稼ぐならリゾートバイト!

リゾートバイトに関するブログはこちら→https://resort-shigoto.com

前回のお話:僕が初めての海外一人旅に行くきっかけは、あの有名な写真家の影響?

記念すべき初めての海外一人旅はバンコクに1泊、アンコールワットで有名な町シェムリアップに5泊の計6泊7日。

なぜバンコクで1泊なのかというと、なんとなくバンコクに寄ってみたかった。ただそれだけの理由です。

この記事では初めてバンコクを訪れて感じたことを綴っています。

<スポンサーリンク>

タイ・バンコクは東京並みに発展していた

バンコクに着いたのは早朝。深夜1時発の飛行機に乗ったので、飛行機の中ではただ寝ていました。無事にバンコクに到着し、入国前に両替を済ませる。とはいってもたった一泊。数千円程度をタイの通貨「バーツ」に両替しました。

バンコクの国際空港「スワンナプーム国際空港」からはモノレールで街に行くことができます。空港から終点のマッカサン駅までの間ずっと外を見ていましたが

「東京とたいして変わらないなぁ・・・」

これがバンコクに対しての印象でした。

東京並みに発展しているタイの首都バンコク

東京並みに発展しているタイの首都「バンコク」

 

バンコクではホテルを予約していたけど、結局迷った

僕は初めは迷わないようにと駅から近いホテルを予約していました。
エクスペディアで事前に予約し、地図までコピーしたのに結局2時間ほど周辺をうろうろしていたんですね。

最後はトゥクトゥクの運転手の方にホテル名を告げて連れて行ってもらいました。

トゥクトゥクのおじさんにホテルまで連れて行ってもらう

トゥクトゥクのおじさんにホテルまで連れて行ってもらう

わずか2〜3分。汗で服がびしょ濡れになった所で無事にホテルに到着し、無事にチェックイン。

駅からホテルは歩いても5分くらい。確かに裏路地のような道を通るので分かりづらいといえば分かりづらかったのかもしれません。

バンコクがあまりにも発展していて引いてしまった

僕は部屋に荷物を置いてすぐに出かけました。バンコクの中心部「サイアム」周辺で色々物色したんだけど

「東京とあんまり変わらないな・・・」

また同じことを思ってしまいました。バンコクは確かに都会とは聞いていたけど、まさかここまで発展していたとは思ってなかったんですね。

バンコク中心部。綺麗に整った道とたくさんの車

バンコク中心部。綺麗に整った道とたくさんの車

バンコクにある大型デパート

バンコクにある大型デパート

結局、僕はここで1泊しかしないので今からバンコクから少し離れた所に行くと言っても時間がないし、僕は完全に冷めてしまいました。

「バンコクはまた行こう。その時は周辺に行く計画も立てよう」

そう思いながら大都会のバンコクにあるスターバックスでキャラメルフラペチーノを片手にぼーっとしていました。翌日は飛行機でシェムリアップに向かう。この日は早めにホテルに戻り眠りにつきました。

この日の経験が翌年の東南アジア一ヶ月間の旅行のきっかけになった

東南アジアって正直日本よりだいぶ下に見てたし、発展してるとはいえそんなに大したことないだろう。そんな僕のイメージをあっさり覆したのがタイ・バンコク。

僕が、これからの人生で色々な場所に興味を持って、色々な国を転々とする人生を送るきっかけとなった出来事のうちの一つがこの日のこと。

俺、20年以上も生きてるのに何も知らないな。あまりにも無知すぎる

こうして、僕は「旅」というものに興味を持つようになりました。

次回のお話:トンレサップ湖のツアー詳細と50ドルを散財して教わったことを紹介するよ!

<スポンサーリンク>

リゾートバイトに関するブログも運営しています→https://resort-shigoto.com

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)