東南アジア放浪記〜タイ・チェンマイ編〜【1】徹夜明けの渡航

<スポンサーリンク>

海外旅行の準備は進んでますか?

海外旅行の準備に関するブログはこちら→http://travel-info-backpacker.com

旅行資金を稼ぐならリゾートバイト!

リゾートバイトに関するブログはこちら→https://resort-shigoto.com

初めての一人旅をタイ・カンボジアで行ってからから丸一年後、僕は再びタイに訪れました。

今回の日程は一ヶ月。タイ北部のチェンマイから時計回りにラオス、ベトナム、カンボジアと回り再びタイに戻るプランを立てていました。

当初の予定はバンコクから深夜バスか寝台列車でチェンマイに向かう予定でしたが、大学の卒論の都合で出発3日前からほぼ徹夜状態。これで旅の開始当日から体調を崩してしまってはせっかくの旅が台無しになってしまう。

ということで、予定を変更してバンコクからそのままチェンマイまで飛行機で行くことにしました。そして、チェンマイでとりあえず3泊ホテルを予約。そこでひとまず休息を取ろう。

今回の旅はこんな流れで始まります。それではシリーズ「東南アジア放浪記」まずはタイ・チェンマイ編をお楽しみ下さい。

 

再びバンコクを訪れる

「またここを訪れよう」

一年前にそんな思いをしながら離れたバンコクに再びやって来た。

IMG_0024

ただし、今回は空港から出ない。僕はチェンマイ行きのチケットも購入していた。

IMG_0025

この時、僕の疲労は限界に達していた。まだ旅は始まったばかりなのに・・・

なぜなら僕はこの時大学4年生。「卒論」という避けては通ることの出来ない壁にぶつかっていたからだ。旅の出発3日前からろくに寝ていなかった。これでは現地について早速体調を崩してしまうのではないか・・・

とにかくチキンな僕は旅の最初の3日間を休息に当てることにし、飛行機はもちろん安宿ではなくホテルまで予約した。

僕が予約したのはインペリアル メー ピン ホテル (The Imperial Mae Ping Hotel)。素泊まりで1泊5000円もしない。バックパッカーにとっては値段が高いけど、普通の観光で使う分にはコストパフォーマンスは最高でしょう。
IMG_0028

 

僕はとにかく疲れを取るためにまずは生活リズムを元に戻すことにした。

夜は早めの就寝。朝は早起きをして散歩をする。その後はシャワーを浴びてからカフェにでも行って遅めの朝食。その後はしばらくバーに行ってビールを飲みながらパソコンでネットサーフィン。夜は本場のタイ式マッサージでも受けよう。そんな感じで3日間を過ごすことにした。

 

チェンマイを散策

ホテルに到着した僕はシャワーを浴びてから街中を散策した。

適当にブラブラ歩いていると両替所を見つけたので1万円を両替した。当時、ものすごい円高が進行していてUS$1=78円で取引されていた。タイの通貨「バーツ」も影響を受けていたのか一万円を両替するとなんと4000バーツ以上になった。今だと3000バーツちょいではないだろうか。当時は日本人にとって何もかも安く感じる旅日和な期間だった。

 

IMG_0037

※写真の左がチェンマイの街中、右は空港でそれぞれ1万円を両替したもの。街中の方がレートが良い。

チェンマイはタイの第2の都市と言われているが、都市と言われるほど発展している様子はなかった。高層ビルがあるわけではないし、どこにでもある田舎街のうちの一つと言った方がしっくりくる。これが正直な感想だ。

IMG_0041 IMG_0034

しばらく散策した後は、宿の近くのバーでビールを飲みながら色々と考える。

「チェンマイの後はどこに行こうかな・・・?」

ある程度の進行方向は決めていたものの、寄る街は決めていなかった。しかし、前回の反省を踏まえてあらかじめ周辺の街については色々調べていた。

しばらくすると日が暮れて来た。そういえば着いたのはお昼過ぎだった。言われてみればそんな時間が来てもおかしくないな・・・

そして、この時、僕の疲れはピークに達していた。

「もう寝よう」

屋台で少しばかりつまんでから宿に戻りシャワーを浴びると、何をすることもなくいつの間にか眠りについていた・・・

 

次回のお話:東南アジア放浪記〜タイ・チェンマイ編〜【2】優雅な時間を過ごす

【東南アジア放浪記】トップページ

【旅行記シリーズ】トップページ

<スポンサーリンク>

リゾートバイトに関するブログも運営しています→https://resort-shigoto.com

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)