格安航空券に釣られるな!〜飛行機のチケットの取り方に関する注意点〜

<スポンサーリンク>

海外旅行の準備は進んでますか?

海外旅行の準備に関するブログはこちら→http://travel-info-backpacker.com

旅行資金を稼ぐならリゾートバイト!

リゾートバイトに関するブログはこちら→https://resort-shigoto.com

格安チケット・注意・LCC

色々なブログを見ていると、「安くチケットを取る方法!!」みたいなものをよく見かけます。でも、チケットを安く手に入れる方法なんて、限られているわけです。

  • LCCを使う
  • スカイスキャナー、エクスペディアみたいな検索サイトを比較して安いチケットを探す
  • マイルをコツコツ貯める
  • 旅行代理店の格安チケットを漁る

 

このくらいでしょう。

「他にも方法はある!!」という人はいるでしょう。まぁ、あると思いますよ。ただ、僕が言いたいのは「一円でも安くチケットを買うことよりも大事なことがあるよ」ということです。そういった基本的なことを無視してただ「安くチケットを買う方法!!」なんて書かれているのをよく見かけるんですよね。なので、ここでは飛行機のチケットを買う際に気をつけてほしい注意点を綴っていきます。

<スポンサーリンク>

 

到着時間を必ず確認しましょう。

飛行機のチケットの価格は到着時間によって若干価格が違います。一番安いのは「深夜到着」一番高いのは「日中の到着」です。絶対に深夜到着が安く、日中の到着が高いかと言われたらそうでない場合もありますが、統計を取ったら深夜到着が一番安く、日中が一番高いという結果が出るはずです。

バックパッカーの人のブログを見て「今日は空港泊!」みたいなのが多いのはそのためです。

百聞は一見にしかずということわざがあるので、嘘だと思うならスカイスキャナーを使って自分で色々検索してみて下さい。 

そして、検索してみて分かると思いますが「確かに深夜到着は安くて、日中到着は高い。でも、そんなに変わらなくね?」ということです。

たまにビックリするくらい深夜便が安いことがあるんですよね。そういうのはお買い得だと思うんですけど、そんなに変わらないなら少し高い日中の便で良くないですか?と僕は思うんですよ。だって日中に着いた方が楽でしょ。それに、日が暮れてから外に出るのって治安とか考えたら避けた方が良いですよ。

僕のおすすめは、朝一に到着する便です。理由は、仮に預け荷物がないなどのトラブルがあっても朝であれば日が暮れるまで時間があるからですね。僕は極力深夜便を避けます。バックパッカーは全財産を持ち歩いてるわけですから。あまりにも日中到着の便が高いなどの理由があれば深夜便を取りますけど。そういった例外を除けば基本的に朝方到着の便を僕はいつも購入するように心がけています。

 

乗り換え時間を必ず確認しましょう。

一般的に安いチケットは到着時間以外にも何かしらあります。

  • 乗り換え時間が長い
  • 乗り換え回数が多い
  • 遠回りで飛行する

「日中に到着するのに安い!!」と思ったら、上記の3つのうちのどれかが当てはまると思ってもらって良いでしょう。

安さを求めるならこういった条件付きのチケットを買うのが良いと思います。乗り換え時間が長い場合は一度出国して観光するのもありですし、空港のラウンジを利用するのもありでしょう。ラウンジを利用するのであれば楽天プレミアムカードを取得しておくことをおすすめします。これを申し込むとプレミアムカードも申請すれば手に入ります。プレミアムカードを持つことによって世界中にあるラウンジを使用することができますよ!


 

また、安いチケットには乗り換えの便が違う会社の場合があります。

ebc021291c236229c06feed5e3d75108-1

上記の画像の場合、カタール空港+ラン空港。カタール空港+TAM空港です。だから何?って思うかもしれないけど、非常に重要なことなんですよ。

同じ航空会社の場合。今回はAir Canadaの羽田発リマ着を例に解説します。

80630922d08ceb9afb388175a37ebad7-1

この便の詳細は以下の通りです。

912a91ca716586f14f8600f3a8cf3b88

トロントでの乗り換えが1時間です。もし、羽田発トロント着の便が何かしらの理由で遅れた場合、乗り継ぎができないのは間違いないでしょう。でも、同じ会社なのでAir Canadaのデスクに行けば便を変えてくれたり、翌日の便と当日のホテルを無償で手配してくれたりしてくれます。Air Asiaですらやってくれたので。

航空会社が違う場合はどうなのかというと「あやふやです」そこで対応するスタッフ次第だったりすることもあります。

ただ、※グループが一緒であればあまり気にすることはないと思います。グループが違う場合は注意した方が良いです。一つ言えることは、何かあった時、同じ航空会社での乗り換えが一番ラクということです。

※航空会社にはスターアライアンス、ワンワールド、スカイチームの3つのグループが存在します。そして、ほとんどの航空会社はどれかしらに所属しています。このグループ内であれば提携があるので、乗り換え時に荷物をそのまま乗り換え便に移してくれたりします。グループが違う場合は要確認です。してくれる場合としてくれない場合があります。してくれない場合は自身で一回出国して再度チェックインする必要があります。

 

このように、飛行機のチケットは様々な要素が絡み合い、同じ路線でも価格が高かったり安かったりするわけです。ただ、一番安いからといってそれを購入する前によく考えて下さい。

ちなみに、この解説で例に出した東京ーリマの場合はAirCanadaの深夜便が一便だけ極端に安い例です。こういった場合、僕はこのチケットを購入して空港泊するという選択肢を取ります。

 

LCCは表示価格以外にコストがかかる。

今回は、2016年5月12日の東京(成田)ーバンコク(ドンムアン空港)を例に解説していきます。

a5e05b427cebbf2d8e8c39dff26dd74b

 

まず、エアアジアのサイトでチケットを見てみると、すでに価格が違う笑。たまにこういうことがあります。他の便に変えようかと思ったけど、このまま続けます。

09ccc08279aee03c087eca68b6c1268a

 

14900円の便をクリックするとこのような項目が出ます。

325d829680f1aa75053a01fd9b7d8504

エアアジアのようなLCCは機内食、指定席、預け荷物含め全て別料金です。ここではセットで販売して少し割り引きしてますよ!と言っています。

一番左の項目は20kgまでの預け荷物。機内食一回。普通の席を指定できますよというものです。座席についてはもう少し先の方で説明しています。

真ん中になると少し良い席や、2回まで日付変更ができます。一番右はビジネスクラスのような扱いです。優先搭乗やフラットシート、などなど至れり尽くせりです。

何も選択せずに各項目ごとに細かく選択することができます。ここでは何も選択せずに次のページに進みます。

a11a6ea90404c72232153773599c23a7-1-1024x511

 

すでに、預け荷物20kgを選択していますが、価格は3900円です。この時点で18800円になりました。海外に行く時に預け荷物はあるでしょう。ちなみに価格帯は以下の通りです。

cc0f34eddeb677db340eb60603fed7c4

 

機内食。一円でも安くしたいという人は必要ないでしょう。または、空港で搭乗前に食べたりできますからね。これは僕も必要ないかな。

b781f1ad679ab86b23ea32d0bccb767e

 

指定席。上二つの赤い席は要するに一番前の席です。足を伸ばせますよ!そのかわり高い。もし、指定席を選ばないとなれば、当日スタンダードシートの中からランダムで決まります。友達と一緒に旅行に行く場合はやっぱり指定席は取っておいた方が良いですよ。だって、席は友達同士で隣の方が良いでしょ?

f3286f23e91add5206c6ac06c563f9e2

 

アメニティー。これはいらないかな。毛布と枕です。レンタルです。

10df2d4c421dc775148e6a24aa89b3dd

 

保険。僕はこれいらないかなと思ったんですけど、よく考えてみるとAir Asiaでホテルを用意してくれたのは保険に申し込んでいたからでした。これは各自の判断に任せます。僕は念のために入るかな。LCCって遅延が多いって聞くし。

748a878060daa54a195bd621381b8bfa

 

こんな感じで申し込んでいくと、14900円だったチケットも2万円を超えてしまいました。

281fefe7d443fa8e6c4c6b9ef9928fa3-1024x424

LCCを選択する場合はこういったことも踏まえて考えて下さい。

 

必ず空港名を確認しましょう。

今回は上記で使用した東京ーバンコクをスカイスキャナーで検索したものをそのまま使用します。

ca5f7bb0024db965b1f54afcc42135c8

東京には「HND(羽田)」、「NRT(成田)」の2つあります。

バンコクには「スワンナプーム(BKK)」、「ドンムアン(DMK)」の2つあります。

これ、間違えたら当日大変ですよ。他にも1都市で2つ以上の空港がある場所はたくさんあります。気をつけましょう。要確認です。

最後に聞いた話ですが、日本人はアライバルビザを含めるとビザを事前に準備せずに入国できる国がたくさんあります。数少ない事前にビザを取得する必要のある国で乗り換える場合。詳しく言うと、出国せずにただ乗り換えるだけという場合。それが可能な場合と不可能な場合があります。僕が聞いた中でブラジルは出国せずに乗り換える場合でもビザが必要だそうです。念のため、ビザの必要な国での乗り換えは避けた方が無難だと思います。

 

 

いかがでしたか?飛行機のチケットと買う場合はただ安いチケットを買うのではなく、到着時間や航空会社など色々考慮して自分にとってベストなものを選びましょう。

 

<スポンサーリンク>

リゾートバイトに関するブログも運営しています→https://resort-shigoto.com

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)