クスコに到着。翌日からツアーでマチュピチュに出発!

<スポンサーリンク>

海外旅行の準備は進んでますか?

海外旅行の準備に関するブログはこちら→http://travel-info-backpacker.com

旅行資金を稼ぐならリゾートバイト!

リゾートバイトに関するブログはこちら→https://resort-shigoto.com

前回のお話:アレキパのカジノは日本のパチンコと同じようなもの

南米放浪記〜ペルー・クスコ【1】〜

 

アレキパから深夜バスに乗って、朝早くクスコに到着。クスコはチバイと同様に標高が高く、約3400mである。僕はチバイで犯したミスをしないようにクスコに到着してからはしばらく宿で休息した。

参考記事:チバイで高山病になる〜激しい頭痛と約40℃の熱で寝込む〜

クスコはレンガ造りの道が多い印象。あと坂が多い。

2014-08-19 22.00.50 2014-08-20 00.45.58

 

僕は今回の旅で一つだけ迷っていたことがあった。

「ブラジルに行くか行かないか」

というのも、ブラジルに入国するためには事前にビザの取得が必要なのだ。ブラジルは物価が高い。今回の旅は予算が限られているので、ブラジルのような物価の高い国はあまり行きたくなかった。

それでも、南米に行く機会ってそんなにないような気もしていて、せっかくだからこの機会にブラジルに行くのもありだなぁ〜と思うようにもなってきた。

「あぁ〜どうしようか・・・」

どちらにしろ、ビザの取得には写真が必要だろうなと思い、写真を取得。ちなみにブラジルビザの写真のサイズは少し大きめ。パラグアイのブラジル大使館にはご丁寧に日本語で説明があったので許可をいただいてから写真を撮った。ぜひ参考にしてほしい。ちなみに2014年8月に撮影したものなので、保証はできない・・・

2014-09-03 00.24.32

 

それから、マチュピチュに行くためには事前に入場券を取得しなければならないという話も聞いていた。僕は宿にあった旅行会社のツアーに参加することにして、そのツアーにはすでに入場券が含まれているので自分で取るようなことはしなかったんだけどね。

そのツアーは2泊3日で600ソレス。アレキパのカジノで1200ソレス勝った僕にとってはこのツアーに参加してもお釣りが帰ってくる。

このツアーは初日にクスコの宿までピックアップが来て、車で2時間走ったところにあるオリャンタイタンボまで行く。そこから鉄道に乗ってマチュピチュへ向かうというもの。2日目はマチュピチュ観光。三日目は初日の逆をたどる。

スクリーンショット 2016-06-03 16.49.42

 

本来は1泊2日のツアーで、マチュピチュ観光後に鉄道に乗ってクスコに戻るツアーだったんだけど、残念ながらその日の鉄道は満席だったらしい。なので、翌日の鉄道を予約してサービスでもう一泊つけてくれたそうだ。

クスコでは高山病にならないように動き回るというようなことはしなかった。次に来た時はもう少し長めに滞在して色々と観光したいな。

 

僕が泊まった宿

イントロ ホステルズ クスコ (Intro Hostels Cusco)

スクリーンショット 2016-07-08 14.14.55

宿はWifi完備。キッチンも付いてるので自炊ができます。また、フロント横に旅行会社が併設されていて、マチュピチュツアーの予約もできました。

部屋にはセキュリテューボックスも付いています。なので南京錠を持参しましょう。それから受付付近にもセキュリティーボックスが付いていて、中には充電用のコンセントが完備されています。なので、南京錠でロックすることによって安全にパソコンなどを充電できますよ!

オススメの南京錠

4桁の暗証番号、TSA対応なので安宿のセキュリティーボックスにはもちろん空港の預け荷物につけることも可能です。

僕は14人部屋のドミトリーの部屋を利用しましたが、部屋は清潔に保たれているのでオススメします!ダブルルームやツインルームもあるのでカップルや夫婦にも使い勝手のいい安宿でしょう。

宿を予約する

>>Booking.comでイントロ ホステルズ クスコ (Intro Hostels Cusco)を予約する

>>Agodaでイントロ ホステルズ クスコ (Intro Hostels Cusco)を予約する

>>クスコのホテル&ゲストハウス詳細を見る

[関連記事]

 

次回のお話:マチュピチュ村に向かう列車のおかげでブラジルに行くことが決まった。
【南米放浪記】トップページ

【旅行記シリーズ】トップページ

<スポンサーリンク>

リゾートバイトに関するブログも運営しています→https://resort-shigoto.com

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)