もがきあがいてたどり着く「自分の進むべき道」〜「悩みどころと逃げどころ」を読み終えて〜

<スポンサーリンク>

書評「悩みどころと逃げどころ」を読み終えて

 

ちきりん、ウメハラ流「いい人生」の探し方 月間200万ページビューの社会派ブロガーちきりん氏と、世界一のプロゲーマー梅原大吾氏の異色人生対談。「梅原さんは学校が嫌いで、授業中は寝てばかりいたという。それなのに私の周りにいる、一流大学を出た誰よりも考える力が凄い。いったいどこで学んだの? 学校の役割って何なんだろう……」。そんな、ちきりん氏の疑問から始まったこの対談は、「いい人生の探し方」にまで発展しました。小さい頃からゲームという“人生で唯一無二のもの”に出あいながらも、「自分の進む道はこれでいいのか?」と悩み続けた梅原氏。一方、いわゆる“エリートコース”を自分から降りたちきりん氏は「頑張って、頑張って、それでもダメだったら、自分の居場所を探すために“逃げる”のも幸せをつかむ方法」と言う。立ち位置も考え方もまったく違う二人が、足かけ4年、100時間にもわたって語り合い、考え抜いた人生談義。学校で真面目に勉強してきたのに競争社会で行き詰まっている人、やりたいことが見つからなくて悩んでいる人必読! 今日から人生が変わります!

 

<スポンサーリンク>

悩みどころと逃げどころ

プロゲーマーとして活動する梅原氏と社会派ブロガーちきりん氏の対談をまとめた一冊。「学校って行く意味あるの?」「結果とプロセスで大事なのはどっち?」「つらい時は逃げる?逃げない?」「やりたいことがあるのは本当に幸せなの?」など、自身の人生についても色々と考えさせられる一冊でした。

今思うと、僕自身も会社を辞めて日本を出てから苦労したこと、大変だったことなど色々ありました。そして、僕自身はまだもがいてる最中です。

 

自身の人生を振り返る

これから先、僕自身が選んだ人生は本当に正しいのかどうかなんて自分自身ですらわかりません。今はただ自分を信じてひたすら前進するしかないんですよ。これはある意味ギャンブルであって、不安定で、リスキーな選択肢なんです。

僕が何でこんな人生を選んだのかというと、大まかに言えば「サラリーマンだけにはなりたくなかったから」

小さい頃から父親を見ていて「サラリーマンになりたくない」という気持ちは本当に強かったんですよ。朝早くに家を出て夜遅く帰ってくる。週に何度かある会社の同僚やお得意先とのお付き合いで夜遅く帰ると今度は母親に咎められて大ゲンカが始まる。

そのドア越しに聞こえるケンカの音で目が覚めて、布団に包まって必死に聞こえないように耐える僕。当時、まだ小さかったかったんで、大人同士のケンカってただの恐怖以外の何物でもないんですね。これが幼稚園の頃から10年以上続いたんです。だから、未だに実家に帰るというのは少し「恐怖心」というのもあるし、はっきり言って「帰りたくない」。それからサラリーマンという生き方に「トラウマ」のようなものを感じるようになりました。

まあ、恐らく今はもうそんなことはないんですけどね。実を言うと、実家を出て8年が過ぎるんですけど、ほとんど実家に帰ってないんです。親や兄弟、親戚ともほとんど連絡をとってないんですよ。

僕は中学受験をして内部進学でそのまま高校に上がりました。通っていた学校はいわゆる「エリート」の集まる学校で、東大、京大、一橋、国立医学部に入学する人が別に珍しくない。そんな環境だったんですよ。早慶は滑り止めで受ける人もいましたね。こんな環境だったので、この部分はちきりん氏とかぶるでしょう。

そんな僕も「エリートが集まる有名大学」を目指して勉強してたんですよ。でも、もし合格してしまったら僕はこの先少なくとも4年間は実家に住まないといけない。(実家が横浜なので)僕にとってこれはもう耐えるに耐えられないことで、結局北海道の網走にある大学に入学しました。お世辞にもエリートとは程遠いレベルです。僕も「自らエリートコースを下りた」って言ってもいいのでしょうか?笑

そもそも一年浪人したんだけど、二浪をすすめてきた親には「もう二度と受験勉強はしない」と告げ、父親からは「お前にいくら金をつぎ込んだのか理解してるのか?」って言われたんだけど、もうそんなことはどうでもよかったんですよ。そもそも、そういったエリート大学を目指す目的なんてなかったんで。「周りが目指してる」「将来的にいい会社に入れる」その程度でしょう。

こういうことを言うと、「世の中には大学に行きたくても行くことができない人なんてたくさんいるんだぞ!」と怒る人もいるでしょう。でも、そんな人に言いたいのは「望まないことを強制されることほど辛いものはない」ということ。

正直大学なんて行かなくていいから実家から遠く離れてどこで何をしてもいいから一人で生活をしたかった。そんな思いしかなかったんですね。でも、僕に大学に行かないという選択肢はなかったので、ネットで北海道か沖縄にある大学を調べて、網走にある大学を見つけて、「これなら飛行機でしか帰ることができない」これが決め手になったんですよ。これなら帰省する機会なんて限られるでしょ?

そこから、実家を離れて一人で暮らして「これから先どうやって生きていこうか」って必死にもがいて色々なことを考えた挙句今のような人生になってるんです。あれほどなりたくなかったサラリーマンもやっみたけど4ヶ月しか続かなかったし、今も絶賛もがき中です笑

ちなみに、大学を4年間通って、「大学に行ってよかったな」とは思ってるので、その部分に関しては親に感謝しています。一人で生活するための基盤を学んだのが大学時代だったので。

 

本書でも話題になってる「学歴」について

学歴が必要と主張する梅原氏はこう言います。

  • 僕がいた世界では、バイトでさえ学歴で人を判断する人が多くて、それが本当に屈辱的でした。
  • 「たとえば、レジからお金がなくなった時、学歴のない奴が真っ先に疑われるんですよ。わかりますか?」

僕自身も高学歴ではないですけど、「大卒」という学歴は持っているので、こういった見下される経験はありませんね。だから、この考えは想像もつかなかったし、考えたこともないですね。惨めな思いをしたくなかったら大卒くらいは取っておいたほうがいい。という考えです。

 

学校なんて行く必要ないと主張するちきりん氏はこう言います。

  • だって学校って本来 「自分のアタマで考える力 」を養うところなのに 、 「とにかくこれをやれ 」とか 、 「先生の言うことさえ聞いておけばいい 」みたいに 、無思考であることを勧めるんですよ 。それって変でしょ 。
  • 従順ないい子が 、 「学校でまじめに頑張ってれば一生安泰だぞ 」って言われてそのとおりやってきたのに 、 4 0歳になっていきなりハシゴをはずされ 、食べていけなくなりましたって 、ヒドくないですか ?
  • そうそう 。今や 「いい学校 →いい会社 →いい人生 」なんて構図が成り立ってないのは明白でしょ 。なのにいまだにそういう価値観を押しつけてくる学校に 、貴重な人生の時間を何年も捧げるなんてホント無駄だなって 、最近よく思うんです 。
  • 「勉強しないとこんな悲惨な人生になるとは知らなかった 。知ってたらちゃんと勉強して 、少なくとも大学ぐらい出ておいたのに 」って言うけど 、私が見てきたのは 「ちゃんと勉強したのにこんな悲惨なことになるとは知らなかった」って人たちなんです。だから、「大学に行くな」とまでは言いませんが、「大学さえ出ておけばなんとかなる」という考えは、明らかに有害だと思う。

 

確かに、最近は奨学金が返せなくて困ってる人、大学の学費を払うために水商売に手を染める人もいるってのはニュースでも見ました。そこまでして大学に行く必要ってあるの?って思ってしまうのは僕も同感です。大学を出てもなんとかなるかどうかって結局自分次第ってところが大きいですし。

 

まとめ

本書では「プロゲーマ」と「社会派ブロガー」というあまりにも立ち位置が違う二人の対談がまとまったもので、自分の歩んできた人生と比べて「これはちきりん氏に同意だな」「これは梅原氏に同意だな」「こういう考えもあるんだなぁ」そんなことを考えながら読めるオススメの一冊です!

 

 

<スポンサーリンク>

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)