移民にとって日本は出稼ぎではなく旅行で訪れる場所になりつつある

<スポンサーリンク>

海外旅行の準備は進んでますか?

海外旅行の準備に関するブログはこちら→http://travel-info-backpacker.com

旅行資金を稼ぐならリゾートバイト!

リゾートバイトに関するブログはこちら→https://resort-shigoto.com

ちょっとしたきっかけで、フィリピン人の集まりに参加する機会があった。その集まりは20人くらいだったんだけど、その中で日本語を話すことができる方がいた。名前はジョゼフ。

フィリピン人の集まりとなるとみんなダガログ語(フィリピンの母国語)で会話をするのであまり話に参加することができない。そんな中、僕はジョゼフとしばらく会話をした。

 

<スポンサーリンク>

日本は住みやすい

今から7年前。ジョゼフは栃木県でクレーンの運転手をしていたそうだ。日本での滞在期間は3年間。その後、フィリピンでしばらく滞在したのちオーストラリアに渡った。(現在僕はオーストラリア在住です)

 

「なんで日本で働こうと思ったの?」

「友達にすすめられたんだよ。日本はいいぞ!って」

「実際に日本で働いてどうだった?」

「日本は住みやすいって感じたよね。料理も美味しいし、人は親切だし。」

 

日本は経験がなくても採用して会社が面倒を見てくれる

日本で働くまでクレーンは運転したことなかったらしい。それに、日本語もほとんどできないまま来日したそうだ。

 

「日本語もできないまま日本で働くってかなり思いきったことしたね?」

「いや、そうでもないよ。日本人は親切だから教えてくれるし。それに、同僚のフィリピン人からも教えてもらったよ。だから、語学学校にはいってないね。だいたい当時はそんなお金なんて持ってないし。」

「そうなんだ、言葉もできない経験もないで大変だったでしょ?」

「そりゃ大変だったよ(笑)」「日本のいいところは、きちんと会社が教育してくれるところだよね。君もオーストラリアで働いててわかるだろ?この意味が?」

「わかるわかる・・・(笑)こっちはそもそも経験がないと採用してくれないよね。それに、即戦力として採用されるから使えないって判断されたらクビになるし・・・」

「だから、日本には本当に感謝してる。何もできなかった自分を育ててくれたんだ。そのおかげで今があるんだよ。」

「それはありがとう。俺、関係ないけど・・・」「それでなんでフィリピンに戻ったの?」

「ビザの期限が切れたからだよ」

 

日本は経験がなくても会社が最初から面倒を見てくれる。だから、経験がなくても仕事をもらえる。新卒一括採用のまさにそれだよね。会社が何もできない新入社員を最初から育てて使える人材にする。

ジョゼフはこのシステムを「日本のいいところ」と言った。

 

日本人の仕事に対する姿勢はどの国でも通用する

「日本で働いた経験って今でも役に立ってる?」

「もちろん、今は同じ建築現場でも少し違う仕事内容だから日本で学んだ技術は半分くらいしか役に立ってない。でも、仕事に対する姿勢とかは今でも役に立ってるよ。」

「仕事に対する姿勢ってどういうこと?」

「例えば、時間を守るとかかな。集合の5分前には集まっておくようにってよく言われたよ。ホウ・レン・ソウも習ったよ。報告・連絡・相談だよね?」

「よく知ってるね・・・(笑)」「フィリピンでは時間に対する考えってどうなの?」

「フィリピンはゆるいよ。というより、時間を守るって概念があまりないかもしれない。例えば、6時集合だったら6時くらいに行けばいいんでしょ?ってなる。別に6時を過ぎようが誰も気にしないよ。」

「まぁ、こっちもそんな感じだよね。俺もいつも2、3分くらい遅れちゃってるし・・・」

「お前日本人だろ?(笑)」

 

ジョゼフは、日本で働いたら他の国で働いても絶対に通用するという。日本人の仕事に対する姿勢は他の国と比べても抜きん出ているそうだ。

彼は、その姿勢を日本人の尊敬するところと言った。

 

日本で出稼ぎのための土台を作って賃金のいいところに行く

「また日本に戻ろうと思う?」

「もちろん!次はバケーション(1ヶ月休暇)の時にでも日本に行こうかな?」

「それって旅行でって意味?俺が聞きたいのは住むってこと。もう一回日本で働きたい?」

「日本は休みが少ないからなぁ・・・(笑)」「日本では仕事に関して色々学んだし、もういいかな。次は旅行で行きたいよ。」「賃金もこっちの方がいいでしょ?」

「確かに、今時給50ドルでしょ?それだったら日本より賃金高いよね・・・」

「今はこうしてオーストラリアで働けてるけど、日本での経験がなかったらこうして働けてないからね。」

 

ジョゼフの話を聞いてると、日本で仕事を学んでから賃金の高い国に出稼ぎに行くというのが一つのパターンのように思えてきた。日本はもはや出稼ぎの場所というよりは、出稼ぎの土台を作るために行くような場所なのかもしれない。

今までにも日本で移民受け入れに対する議論がたくさんされてきたと思うけど、もうそんな時代は終わりつあるのかもしれない。日本を利用して他の国に出稼ぎに行く。日本は「出稼ぎ訓練所」のような立ち位置になっていくんじゃないかな。

でも、日本語って特殊言語だし日本を出稼ぎ訓練として使うのも少数派でしょう。

 

日本は「出稼ぎ」ではなく「旅行」で行く場所になりつつある

今回はサンプルが1人だから、はっきりとは言えない。だけど、東南アジアなどの周辺国が日本に出稼ぎに行く価値が薄れてきていることは事実でしょう。今はどこも経済が急成長してるし。物価も昔と比べると差が小さくなってきたよね?

これから先、移民にとって日本は出稼ぎの場所ではなくバケーションの際に行く旅行先として認識されていくことになるはず。先進国はどこもバケーションのシステムがあるし、毎年1ヶ月は休みが取れる。

現に、僕の職場のフィリピン人も来年の4月にバケーションをとって東京の桜を見に行くと言ってるし。近いうちに、日本はたくさんのアジア人観光客でいっぱいになるんじゃないかな?というより、すでにいっぱいだったりする?

<スポンサーリンク>

リゾートバイトに関するブログも運営しています→https://resort-shigoto.com

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)