ブラジル北東部の街「ベレン」に行くならマラジョ島は外せない

<スポンサーリンク>

前回のお話:長期で海外旅行に出る人は何か葛藤を抱えていた人が多い

南米放浪記〜ブラジル・ベレン【1】〜

 

レンソイスの観光を終えた僕はベレンへ移動した。午前中にバヘリーニャスからサンルイスに向かい、夜8時発のベレン行きのバスの乗車。ベレンには朝のうちに着いた。サンルイスからは8時間くらいだったかな。

バヘリーニャスーサンルイス間は35レアル。サンルイスーベレン間は130レアルだった。

 

<スポンサーリンク>

泊まった宿のオーナーが日本人だった

今回は事前にBooking.comで予約してから行ったんだけど、口コミ欄で「オーナーは日本人」みたいな書き込みがあったから、日本人客が多いのかな?なんて思いながら向かったんだよね。

僕が行った時は3人の日本人が滞在していて、1人がその日のうちにチェックアウトするとのこと。僕と入れ替わりのようだった。

オーナーは大谷さんという30代男性の方。現地でブラジル人女性と結婚して子供もいた。

ベレンでの滞在期間は大谷さんともう一人日本人の宿泊客の方と3人で飲みに行ったり、飲みに行ったり、飲みに行ったり・・・ひたすら飲み歩きましたね(笑) ベレンでオススメのバーを大谷さんに紹介してもらい、3人で毎日飲み歩いた。

僕が旅をしていて楽しいと感じることのうちの一つで「人との出会い」が挙げられるんだけど、ベレンでの滞在も本当に毎日が楽しかった。こうして飲んで色々な話をしての3日間だったけど、色々と刺激を受けたことも多かった。

ちなみに、宿の名前はHostel-Residência B&B 当時ベレン最安の宿で、僕はこれを理由にここを選んだんだけど、結果として大正解だった。部屋もきれいだし、ネット環境も揃っている。もちろん朝食付き。

何かあれば日本語で聞けるし、ベレンで安心して滞在したいならHostel-Residência B&B はオススメです。ちなみに、オーナーが日本人ってだけで日本人宿ではない。

 

ベレンには3日間の休暇のつもりで来た

僕は、ベレンでは3日間のんびりしようと考えていた。というのも、ベレンでは特にこれといった観光地がないと思っていたから。この後、僕はベネズエラに向かい、エンジェルフォールとロライマ山のトレッキングに参加する。なので、その前に疲れを取ろうと余裕を持って3日間の休暇をベレンで取ることにした。

 

旅人がベレンに向かう理由

旅人がベレンに向かう理由はいくつかある。そのうちの一つはマナウスまでの船に乗るため。マナウスーベレン間の交通手段は飛行機と船の2択なんだけど、船を選択すると1週間かけてアマゾン川を船で進むことになる。これが旅人の間では有名で、それゆえ旅人がベレンに集まる。

スクリーンショット 2016-08-08 18.19.18

 

そして、ベレンーマナウス間はいくつも街があるらしい。僕とすれ違いでチェックアウトした日本人男性はベレンから船で2日のところにある町を経由してからマナウスに向かうと言っていた。

 

意外と知られていないマラジョ島

僕はベレンに行くまで知らなかったんだけど、ベレンの近くにはマラジョ島といわれる島がある。じつはベレン周辺では有名な観光地。だけど、残念ながらベレンから日帰りで行くような場所ではない。

行くだけなら日帰りで行けるけど、マラジョ島を日帰りで観光するのは無理なんじゃないかな?広いし。

もし、最初からマラジョ島の存在を知ってたらベレンで1週間くらいは滞在していたはず。次回行くときは1〜2週間くらいの予定で大谷さんの宿を拠点にマラジョ島にも行ってみたい。

スクリーンショット 2016-08-08 18.22.45

 

ベレンの治安は決して良くはない

ベレンの街を歩いたけど、僕自身何か被害にあったというようなことはなかった。ただ、ホームレスの人も多いし、決して楽観視できるほど治安が良いわけではない。外出の際は最低限の荷物で移動するなどの心がけをしたほうが良いでしょう。

 

まとめ

今回のベレンでの滞在は飲み歩いてばかりでほとんど観光をしていない。そして、マラジョ島に行けなかったのは本当に残念。またベレンに行く理由ができたので、これは次回のお楽しみということでまた大谷さんにお世話になるんじゃないかな。

休息というのが今回の滞在の目的だったので、こうやって毎日のように飲み歩いて良い気分転換になった。気持ちは落ち着いたけどこの3日間の肝臓は本当に激務だったはず。

ベネズエラに行ったらしばらくお酒を飲む機会はないだろうし、良い機会だった。

 

[オススメ記事]

 

次回のお話:ブラジルから陸路でベネズエラへ入国した時のお話と注意事項

 

 

<スポンサーリンク>

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)