ベネズエラの警察は腐ってる?冷凍バスって本当?僕が行った時はこんな感じでした。

<スポンサーリンク>

前回のお話:ブラジルから陸路でベネズエラへ入国した時のお話と注意事項

南米放浪記〜ベネズエラ・サンタエレーナ【1】〜

 

今回、僕はベネズエラ国内で訪れたのはエンジェルフォールとロライマ山。2ヶ所ともサンタエレーナにあるBackpacker Toursという旅行会社で申し込んだツアーにて訪れた。それぞれのツアー内容は滝壺がない!?ベネズエラのギアナ高地にあるエンジェルフォールのツアーについてベネズエラのギアナ高地にあるロライマ山トレッキングツアーについてにてまとめているので、そちらを参考にしてほしい。

 

<スポンサーリンク>

検問が多い

入国審査を終えてからタクシーに乗ってBackpacker Toursに向かったんだけど、道中で頻繁に見かけたのは警察なのか軍隊の人なのかわからないけど、迷彩柄の服を着た人たちだった。

「おい、停まれ」

そう言って、僕のパスポートを見ては

「おっけ、行ってよし」

と解放されることが、30分の道のりで2回あった。

街中で検問にあうことはなかったんだけど、街から街へと移動する際に検問によく遭遇したので、移動の際は気をつけたほうがいい。

 

到着後、すぐにツアーに参加することになった

Backpackers Toursに到着後、オフィスにいたスタッフとツアーについて話し合いをした。

「エンジェルフォールのツアーなら今夜出発のがあるよ!」

「それ参加しますわ〜」「ロライマ山のツアーはいつですかね?」

「6日後だから・・・エンジェルフォールのツアーが終わってここに戻ってくる日だね〜ギリギリ間に合うよ!」

「んじゃそれでお願いします!」

そんなわけで僕のスケジュールはこんな感じ。

 

初日

ベネズエラ入国。サンタエレーナにあるBackpacker Toursでツアーを申し込み、その日の夜に出発。

 

2日目

シウダーボリバルで前泊。ホテルでのんびり過ごす。

 

3日目〜5日目

エンジェルフォールツアー

滝壺がない!?ベネズエラのギアナ高地にあるエンジェルフォールのツアーについて

2016.03.24

 

6日目〜11日目

ロライマ山トレッキング

ベネズエラのギアナ高地にあるロライマ山トレッキングツアーについて

2016.03.11

 

5日目の夜はシウダーボリバルから夜行バスに乗り、翌朝サンタエレーナに到着。そのままロライマ山トレッキングに向かう強行スケジュールだった。

 

噂の冷凍バスではなかった

事前にネットで調べているとベネスエラのバスはクソ寒いという情報があった。通称”冷凍バス”

というのも、ベネズエラは石油産出国でガソリンはいくらでも手に入るのかめちゃくちゃ安い。100円で大型トラックのガソリンタンクを余裕で満タンに出来るくらい安いんだとか。なので、バスも燃費を気にせずガンガン冷房をかけるらしい。

というわけで、相当な覚悟をしてバスに乗り込んだんだけど、全然そんなことなくって特に防寒対策をすることもなかった。

 

警察官に連行され、個室で取り調べを受けた

エンジェルフォールのツアーを終えてロライマ山トレッキングのツアーに参加するためにBackpacker Toursのオフィスに戻る途中のこと。

サンタエレーナのバスターミナルに着いた僕は同じツアーに参加していた日本人男性の方と一緒にタクシーを拾うためにバスターミナルを横断しようとした。

すると、警察官が声をかけてきたんだよね。僕らは「これはヤバい・・・」と悟ったのか自然と早歩きになりタクシーを捕まえて乗り込もうとしたんだけど、間一髪のところで捕まってしまった。

個室に連行されると僕ら2人に対して警察官は3人。荷物の中を丹念に調べながら僕と一緒に行動していた日本人男性にひたすら聞き取り調査(ブラジル在住のポルトガル語が堪能な方だった。)

何を話しているのかわからなかったけど、1時間くらい拘束されたのち何事もなく解放された。

この時、僕は旅の終わりの方だったのでお金をほとんど持っていなかったのが幸いしたと思う。米ドルに関しては1ドルも持っておらず、ブラジル・レアルとベネズエラ・ボリバルしか持っていなかったのが不幸中の幸いだったかもしれない。もし、米ドルをたくさん持っていたらと思うとゾッとしたよね。

米ドルは徹底的に隠しておくことをオススメする。

ちなみに、サンタエレーナでは僕と同じ場所(バスターミナルにある個室)で入国料と称して400ドルを巻き上げられた旅行者にあったので、本当に気をつけたほうがいい。

 

まとめ

僕は今回のベネズエラ訪問で実際に街中を散策したのはサンタエレーナだけ。サンタエレーナに関して言えば、雰囲気がいいとは言えないけど、それほど治安が悪いという印象もなかった。

ベネズエラで行動する際に注意するのは街を移動する時。道中ではいくつも検問があり、検問のたびに旅行者はパスポートを要求される。運が悪いと個室へ連行される。

なので、米ドルに関しては絶対に見つからないように隠しておくことを徹底したほうがいい。

 

[オススメ記事]

 

次に続く・・・

 

<スポンサーリンク>

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)