2017年3月27日。またよしれいさん主催のオフ会に参加してきました@バンコク

<スポンサーリンク>

海外旅行の準備は進んでますか?

海外旅行の準備に関するブログはこちら→http://travel-info-backpacker.com

旅行資金を稼ぐならリゾートバイト!

リゾートバイトに関するブログはこちら→https://resort-shigoto.com

2017年3月27日。僕はタイ・バンコクで開かれたまたよしさん(@Sayobs)主催のオフ会に参加してきました。

春休み期間とはいえ、平日にしかもバンコクで開催ということでどんな人が来るのかな?と楽しみでもありました。僕が旅先で楽しみにしてることはざっくりと2つ。1つは街の景色、施設など立地面について。もう1つは旅先で会う人との出会いです。

街の景観や施設なんかは事前に調べればある程度想像はつきますが、そこで出会う人というのは未知数です。ある意味ギャンブルのようなもので、いい出会いもあればそうでない場合もあります。また、そもそも出会わない場合もあるわけです。

僕がまたよしさん主催のオフ会に参加した理由は色々な方との出会いが保証されてるから。それに、ビザの関係でいずれにしろインドを3月中に離れなければならなかったというのがこの判断を後押ししたきっかけにもなりました。

今回集まったのは、ネット関係の仕事をしてる人が多めの印象。またよしさん自身ブロガーとして活動してるので、必然的にネット関係の方が集まりやすかったように思います。僕自身、このブログをやっていなければこういった集まりを知ることもなかったでしょうし。

<スポンサーリンク>

オフ会を通して様々な生き方をしてる人たちと出会うことができた

今回集まった方は主にネット関係(ブロガー、ウェブ制作など)が多く、その他には講演家、バンコクで不動産会社を経営してる方、雑誌の編集者。などなど、いろいろな方が集まりました。また、会場となったレストラン「深夜食堂」も日本人経営者トッピーさん(http://www.woodball.jp)が運営するレストラン。

一言でいうと「変人の集まり」だった

これ、悪口ではなく褒め言葉です。僕が言うのもアレですが、やっぱり変な人が多かったです。いわゆる「レールから外れた人たち」の集まりですし。ただ、皆さん普通に働いてお金を稼いで生活してます。「生きていく方法って無限にあるんだなぁ」と思ったのが正直な感想ですね。

僕自身は大学を卒業後、新卒で入社した会社を4ヶ月で辞めてカナダ・オーストラリアで計3年間働いて、今ではポーカーとブログの収益で旅を続けています。はい、ただの変人ですね・・・

僕のこういった生き方に対して「あいつバカだなぁ」なんて思う人は山ほどいるわけですよ。「ポーカーで稼ぐとかバカなの?」みたいな。

でも、この集まりではそういった感じは一切なく、むしろ意外に皆さん興味深々だったよう感じました。まぁ、皆さん変人ですもんね!と軽くディスっておく笑

年齢もあまり関係なく感じた

おそらく、今回の参加者で僕が一番若かったように思います(現在27歳!)。なんていうか、日本の社会ってトップダウンの印象が強くてどうしても年上の言うことが絶対みたいな風潮があるように思います。僕が新卒で入った会社もそんな感じでした。

今回のオフ会はそんな息苦しさもなく、和気藹々と話が盛り上がりました。僕自身、これからの将来のことについての選択肢を増やすいいきっかけにもなりましたし。また、まったく知らないことも多く、良い勉強の機会にもなりました。

 

オフ会の後も交流は続いた

深夜食堂でのオフ会の後は2次会。翌日のランチ、翌々日もランチ。確か夜もどこか飲みに行きましたね。何だかんだ交流は続きました。これからも、都合さえあれば交流は続きそうな感じです。そして、皆さん比較的時間に縛りのない方が多そうなのでこれからも定期的にどこかで誰かと会うことになるでしょう。

特に、バンコクで不動産会社を経営してる板野さん(@dexter4620 )とは、あの後にも何度もお会いしています。いや〜本当にいい機会だった!
 

そもそも僕は今何をやっているのか?

このブログでは主に旅行先の情報をまとめていて、運営者自身(僕のこと)が現在何をやってるのかがあまりわからないかもしれません。プロフィールでも軽く触れているのですが、現在はカジノでポーカーをプレイしながら旅を続けています。もちろん、このブログからの収益も発生してるので、ブログとポーカーの2本立てです。

ポーカーって実は色々な種目があるんですね。僕がプレイしてるポーカーは主に「ノーリミットホールデム(NLHD)」。時々「ポットリミットオマハ(PLO)」もプレイしますが、メインの収入源はノーリミットホールデムです。ノーリミットホールデムは数ある種目の中でも一番メジャーなポーカールールでカジノに行けば大体あります。

テキサスホールデムのルールをサクッと説明すると、テーブルに2〜10人のプレイヤーが囲んだ状態でスタート。まぁ、通常はだいたい6人以上ですかね。これはケースバイケース。各プレイヤーにカードが2枚。これは配られた本人しか使えません。テーブルに共通のカードが5枚。こちらはプレイヤー全員の共通カードです。

こうして得られた7枚のカードから5枚を組み合わせて役を作り、一番強い人が勝ちというゲーム。実際には、手札2枚が配られた後、共通のカード3枚(フロップ)が開かれた後、4枚目(ターン)が開かれた後、5枚目(リバー)が開かれた後にそれぞれお金(チップ)を賭け合います。勝てないと思えばその都度降りる機会があります。そして、勝った人が賭けあったお金(チップ)を総取りできます。

なので、自分が負けてると思えばさっさと降りてしまえばいいし、勝ってると思えばどんどん賭けていけばいいわけです。また、別に一番強くなくても持ってるチップをドカーンと全額賭けて他のプレイヤーが全員降りてしまえば勝ちです。(オールインと言います)

実際にはそんな単純なものではなく様々な戦略が存在するわけですが、簡潔に説明するとしたらこんな感じ。ポーカーは「覚えるのは一瞬。極めるには一生かかる」と言われています。何も考えずにプレイすればただのギャンブルですが、しっかりと戦略を練って確率を計算して、期待値がプラスになるようにプレイすれば長期的に見ると必ず勝つ(利益が出る)ゲームなのです。

そして、実際にカジノでポーカーをプレイしてる人の何割がこのように期待値を考えて確率を計算してプレイしてるでしょうか?特に低レートではあまり見かけません。中には酔っ払いながらプレイしてる人もいますよね?僕からしてみればただのATMにしか見えません。これがポーカーで利益を出せる主な理由です。
 

今後の僕の予定

現在、僕は旅を続けながらポーカーをプレイしていますがこの生活を一生続けるわけではありません。せっかく生きてるわけですから、色々なことに挑戦していきたいと思っています。

そもそも、僕はポーカーを「旅の資金を補う手段」として捉えているだけで、ポーカーで世界チャンピオンになりたい!だとかそういった願望は持ち合わせていません。優勝賞金には一目惚れですが笑(ポーカーは競技としてのポーカートーナメントも存在します。一番有名なのはWSOPというラスベガスで行われる世界大会。メインイベントは参加費1万ドル。優勝賞金は参加者数で変わってきますが、最近では軽く10億円以上です。

ただ、ポーカーで稼いでるという肩書きの意味も込めて何かしらの大会での入賞実績が欲しいのは事実。なので、これからはトーナメントにも挑戦してみようかなと計画しています。とはいえ、トーナメントになると一発勝負なので実力が備わった上でのお話ですが、運にも左右されます。

また、近いうちにはタンザニアに移住して現地の大学に通い、国立保護区でガイド業をしたいと考えています。そして、そのための学費はすでに貯まっているのであとは行くだけ。

タンザニア移住後はしばらく忙しい生活を送ることになると思うので、その前に行ってみたい場所は一通り行っておこう!というのが現在の旅ということなのです。

今回のオフ会で集まった方々は、個人事業主や経営者の方が多かったので、僕がアフリカやその他どこかで事業を始めることになったら、何かしらの形でコラボできたらいいなと考えています。

 

というわけで、今回のオフ会では様々な方と出会えて本当に良かったと思っています。そして、このような機会を作っていただいたまたよしさん(@Sayobs)ありがとうございました!

またよしさんのブログ>>http://www.lastday.jp

また、「カジノで遊びたいけどルールが分からない!」という方は僕に連絡ください。都合と場所が合えば一緒にカジノに行きましょう。僕はバカラ以外はだいたいのゲームをやり尽くしたのである程度のゲームには精通しています。

ただし、客同士で勝負するポーカー以外のゲームは期待値がマイナスなので、「精通している=稼げる」というわけではありません。長期的には、ほとんどの方が負けてごく一部の超ラッキーな方が勝つ完全に運ゲーです。精通とはゲーム自体のルールを把握してるという意味です。そこの部分はご理解ください。(ブラックジャックのカウンティングは?というツッコミはここでは受け付けません。)

カジノで有意義に楽しみたいけど、ルールが分からん!という方。一緒にカジノへ行きましょう!

 

ポーカーに関する本の紹介

ポーカーのことをこれだけ書いたのはこの記事が初めてなので、ついでにポーカーのことがよく分かる本を紹介します。

東大卒ポーカー王者が教える勝つための確率思考

これは現在の日本人プロポーカープレイヤーの中で一番有名な方である木原直哉さんが書いた本。2012年にラスベガスで行われた世界大会WSOP(World series of poker)のポットリミットオマハという競技で優勝し、賞金約50万ドルを獲得した方です。クレイジージャーニーに出演した方と言えば「あっ!」となる方もいるのではないでしょうか?

ポーカーというのは基本的に持ってるハンドから勝つ確率を計算して、期待値を割り出して、期待値がプラス(割にあってる場合)に勝負を仕掛けます。ある意味投資と似ていて、リスク管理が非常に大事なゲームとも言えます。

この本ではポーカープレイヤーがゲーム中に考える思考方法を日常生活など様々なテーマに沿って表現している少し変わった本なんですね。

本書でも書かれていますが、この本はポーカーの解説書でもなく戦術を紹介してる本でもありません。ポーカープレイヤーの思考方法を日常生活など様々なテーマに沿って表現している本です。

フィル・ゴードンのポーカー攻略法 入門編

こちらはポーカープレイヤーの中ではド定番のポーカーの戦略本です。通称「グリーンブック」と呼ばれています。大学受験の過去問に例えると「赤本」のような存在です。初めてポーカーをやる方は読んでみてください。

Poker道

こちらは本ではなくWebサイトです。ポーカーの基本的な戦術の解説が書かれているサイトです。

>>http://www.pokerdou.com

 

 

<スポンサーリンク>

リゾートバイトに関するブログも運営しています→https://resort-shigoto.com

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)