2017年、僕が訪れて「良かった」と思った場所5つをまとめたよ!

<スポンサーリンク>

2017年。僕はこの1年の大半を旅して過ごしていました。

というわけで、今回の近況報告は年末ということで僕が今年行った場所で「ここ良かったなぁ」と思った場所を挙げていきます。

来年、どこか旅行に行こうかなぁと考えてる方に参考になればと思います。

 

<スポンサーリンク>

台湾・緑島

台湾東部に浮かぶ離島「緑島」。自然豊かでこじんまりとした環境。

台湾本土と比べると少し物価が高いのがネックですが、自然好きなら絶対に行って後悔しないオススメの場所です。

島内は電動バイクのレンタルが行われていて、半日もあれば観光し終わるでしょう。

他にもダイビングや釣り目的で来ている人も多かったです。

僕は5月に1泊2日で行きました。

すごいお気に入りの場所になったので来年も時間を見つけて1週間くらい滞在しようと考えています。

>>台湾の離島「緑島」に行ってきたので、メッチャ詳しくまとめたよ!

 

キルギス・アラコル湖

中央アジアの国キルギス。首都ビシュケクから2日くらいで着くかな?僕は7月頃訪れました。

アラコル湖が良かったというよりは、「アラコル湖へ行くまでの道中が良かった」というのが正直な感想です。

アラコル湖へ行く際に泊まる「アルティンアラシャン」という街もRPGの世界に迷い込んだのかな?と思ってしまうような街でしたし。

もちろん、アラコル湖もきれいでしたよ!

ここまで自然が広がってる場所ってあまりないんじゃないかな?

>>アラコル湖トレッキング!ビシュケクからの行き方を詳しくまとめたよ!

 

インド・ハンピ

インド中部にあるIT都市「バンガロール」からバスで8時間くらいの場所にある小さな街「ハンピ」。

僕は3月頃訪れました。

この街は「何もしないために行く」という場所でもあります。

観光地としてであれば半日もあれば全て回れるでしょう。

僕はここで1週間ほど滞在しましたが、夕日を見るためにちょっとした岩を登ったり。

あとは、レストランでラッシーを飲みながらぼーっとしたり。それくらいしかしていません。

なんかちょっと疲れたなぁ。

そんなあなたにはうってつけの場所ですね!

>>インドで疲れたらとりあえずハンピへ行こう!片っ端から情報をまとめました。

 

パキスタン・ギルギット

7月くらいだったかな?パキスタンの首都イスラマバードからバスでフンザへ向かう途中に寄った街です。(正確には、イスラマバードの隣町であるラーワルピンディからバスで向かいました。)

ギルギットでは2泊したのですが、外国人が珍しいのかここではよく声をかけられました。

あと、カメラを持ち歩いていたので「写真撮って!」というのが多かったですね。

ギルギットの街自体は特にそれといった観光地ではないのですが、個人的に時間がゆっくりと進むこの雰囲気が僕は大好きです。

特にぼったくられるようなこともありませんでしたし。

滞在していて、非常に心地よい場所でした。

次回、訪れる機会があったら1週間くらいいてもいいかなぁと思っています。

>>18時間!ラワルピンディからギルギットへの移動を徹底解説!

>>ギルギットのホテル・行き方・おすすめスポットをちょー詳しくまとめたよ!

 

インド・ラダック周辺

最後に取り上げたのはインド北部にある「ラダック」。写真は中心の街となるレーです。

僕はここで高山病にかかり1週間辛い思いしかしていなかったのですが・・・

もし、体調がよかったら楽しめただろうなぁという心残りがあります。

ラダックに滞在しているときは「もうここは2度目はないかな」と考えていたのですが、今ではまた行きたいなと考えています。

>>パンゴン湖のツアーに参加したのでツアーの詳細を徹底解説しよう。

 

というわけで、今回は僕が今年訪れた場所で良かったと思った場所を5ヶ所に絞ってまとめてみました。

来年はどこにいこうかなぁ〜すでにいくつかは行く場所が決まっていますが・・・

近くなったらまた近況報告で発表します!

<スポンサーリンク>

リゾートバイトに関するブログも運営しています→https://resort-shigoto.com

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)