【驚異のマイル還元率5%】アメックス スカイトラベラー プレミアは出張が多い&旅行好きにおすすめできる最強カード

アメリカン・エキスプレスが発行する驚異のマイル還元率最高5%のスカイトラベラー プレミア カード。

カード決済のマイル還元率なんて1%を超えたらとても高い還元率と言える中で、5%というのはもはや異次元の還元率と言えるでしょう。

そんなアメックス スカイトラベラー プレミア カードについて

  • 具体的にどのような特典が付いているのか?
  • 貯まったポイントのお得な使い方は?
  • どのような方におすすめできるのか?
  • 悪い点について

この4つを中心に、アメックス スカイトラベラー プレミア カードの魅力がわかりやすく伝わるように記事をまとめました。

<スポンサーリンク>

アメックス スカイトラベラー プレミア カードの特典について

アメックス スカイトラベラー プレミア カードの特徴と言える特典はこちら

  • 対象の航空会社(27社)・旅行代理店(2社)でのカード決済でポイント5倍
  • 貯まったポイントを15の航空会社のマイルに移行できる

 

対象の航空会社・旅行代理店でのカード決済でポイント5倍

通常100円の利用で1ポイントが貯まるので、ポイント還元率1%です。これが対象の航空会社・旅行代理店では100円の利用で5ポイントが加算されます。※年間(1月から12月)100,000ポイント(カード利用200万円相当)が上限です。

ポイント5倍の対象航空会社

アシアナ航空 エールフランス航空
アリタリア-イタリア航空 エティハド航空
エア タヒチ ヌイ エバー航空
ANA エミレーツ航空
オーストリア航空 ガルーダ・インドネシア航空
カンタス航空 キャセイパシフィック航空
KLMオランダ航空 シンガポール航空
スイス インターナショナル エアラインズ スカンジナビア航空
スターフライヤー タイ国際航空
大韓航空 チャイナエアライン
デルタ航空 日本航空(JAL)
バニラエア フィリピン航空
フィンランド航空 ブリティッシュ・エアウェイズ
ルフトハンザ ドイツ航空

※表示価格が日本円、かつお支払いが日本円でカード決済されるものが対象

日系航空会社であるANAやJALも対象ですし、LCCで唯一バニラエアが入っています。

ポイント5倍の対象旅行代理店

  • 日本旅行(ウェブサイトおよび日本旅行の全店舗)※上記対象航空会社の航空券、パッケージツアー、前払いで手配されるホテルなどの宿泊代金、JR・バスのチケットのご購入
  • アップルワールド(アメリカン・エキスプレスのカード会員様専用ウェブサイト※前払いで手配されるホテルなどの宿泊代金

スカイトラベラーと言うくらいなので、てっきり航空券だけが対象なのかと思ったら、ホテルの宿泊代金・バス・JRのチケットも対象の旅行代理店での購入はポイント5倍の対象なんですね。これはとてもお得ではないですか?

 

貯まったポイントを15の航空会社のマイルに移行できる

アメックス スカイトラベラー プレミア カードで貯めたポイントは、1,000ポイント=1,000マイルで交換可能。

つまり、マイル還元率は最大で5%。これは驚異的としか言いようがありません。

交換可能な航空会社の一覧はこちら

アリタリア-イタリア航空 「クラブ・ミッレミリア」
ヴァージン アトランティック航空 「フライングクラブ」
ANA 「ANAマイレージクラブ」※移行手数料5,000円/年
エティハド航空 「エティハド ゲスト」
エミレーツ航空 「エミレーツ・スカイワーズ」
エールフランス/KLM航空 「フライングブルー」
 カタール航空「プリビレッジクラブ」
キャセイパシフィック航空 「アジア・マイル」
シンガポール航空 「クリスフライヤー」
スカンジナビア航空 SAS ユーロボーナス」
 タイ国際航空 「ロイヤルオーキッドプラス」
チャイナエアライン 「ダイナスティ・フライヤー・プログラム」
 デルタ航空 「スカイマイル」
フィンランド航空 「フィンエアー・プラス」
ブリティッシュ・エアウェイズ 「エグゼクティブ・クラブ」※おすすめ

交換可能な航空会社に残念ながらJALは含まれていません。そして、ANAは移行手数料が年間5000円ほどかかってしまいます。

そして、これは僕のおすすめなのですが、ブリティッシュ・エアウェイズのマイレージプログラム「エグゼクティブ・クラブ」のマイルであるAviosマイルに交換することをおすすめします。

 

貯まったポイントのお得な使い方について

前述しましたが、アメックス スカイトラベラー プレミア カードで貯めたポイントのお得な使い方ですが、ブリティッシュ・エアウェイズのAviosマイルに交換するというもの。ちなみに、ブリティッシュ・エアウェイズはJALと同じワンワールドに所属。

わりと知られた話かもしれませんが、JAL国内線の特典航空券ってJALマイルを交換するよりもAviosマイルで交換した方がお得なんですね。

参考例

Aviosマイル JALマイル
東京-大阪 4,500 6,000
東京-札幌 4,500 7,500
東京-那覇 7,500 10,000

というわけで、スカイトラベラー プレミアで貯めたポイントはAviosマイルに交換しちゃいましょう!

>>ブリティッシュ・エアウェイズの公式ページはこちら

 

アメックス スカイトラベラー プレミア カードをおすすめできる方

よく飛行機やその他交通機関を利用する方

マイル還元率5%を誇るスカイトラベラー プレミア カードですが、おすすめできるのは、よく飛行機やその他交通機関を利用する方です。

マイル還元率5%になるのは、対象航空会社の航空券を買ったり対象旅行代理店でホテルやバス・JR乗車券を買った場合なので必然的にそうなりますね。

なので、よく旅行へ行く方や会社の出張費を立て替えする機会の多い方にとっては間違いなくお得なカードと言えるでしょう。

新婚旅行や家族旅行などで高額な出費をする予定がある方

こちらに関しては後述してますが、アメックスのカード全般に言えることで入会初年度はボーナスマイルが大量にもらえるということ。

スカイトラベラープレミアカードも初年度は条件さえ満たせば、ボーナスだけで3万ポイントがもらえます。これは、JAL国内線6本分に該当。

これに加えて、例えば家族旅行に飛行機とホテル代で100万円使ったとなれば、それだけで5万ポイント。当然利用した飛行機のマイルも貯まるでしょうし、大まかな計算になりますが、10万マイル近くはは貯まるのではないでしょうか?

普段は旅行とかしないというのであれば、翌年は継続せずに解約すればOK!

 

アメックス スカイトラベラー プレミアの悪い点

良い点だけ紹介するのは胡散臭いので、悪い点というか残念な点も紹介します。

年会費が高い

アメックス スカイトラベラー プレミアカードの年会費は35,000円+税。クレジットカードの中ではとても高額です。

なので、いくらマイル還元率が高いとはいえポイント5倍の対象の支払いをあまりする機会のない方にとってはちょっと高いなぁと感じるでしょう。

年会費1万円のスカイトラベラーカードもある

年会費35,000円はさすがに高い。と言う方にはスカイトラベラーカードという選択肢もあります。

こちらは年会費1万円+税とお手頃の年会費。ただし、マイル還元率は5%ではなく3%に落ちます。

さすがに35,000円には手が出ないけど1万円くらいならいいかなぁという方におすすめです!

プライオリティパスが付かない

世界中のラウンジが使える最強カードであるプライオリティパスが、スカイトラベラープレミアでは特典としてありません。

年会費35,000円クラスのカードであれば多くのクレジットカードの特典でプライオリティパスがついているんですけどね…

これについては残念としか言いようがありません。

良くも悪くも、マイル還元率5%に特化したカード

高額な年会費と引き換えに特典はというと、マイル還元率5%以外には正直言って何もない。これが、アメックス スカイトラベラー プレミアの良い点でもあり悪い点でもあると言えるでしょう。

よく飛行機に乗ったりする方にとっては、絶対的にお得であるといえますし、交通機関はそんなに利用しないしホテルにも泊まらないという方にとっては、ただのマイル還元率1%のカードになってしまいます。

 

入会ボーナス・継続ボーナス・ファーストフライトボーナスについて

クレジットカードあるあるですが、入会初年度はとてもお得にポイントがもらえることが多いです。これはスカイトラベラー プレミア カードも例外ではありません。

スカイトラベラーカードとスカイトラベラープレミアカードのボーナスポイントに関する比較表を作ってみました。

スカイトラベラー スカイトラベラー・プレミア
年会費 10,000円+税 35,000円+税
入会ボーナス 3,000 5,000
継続ボーナス 1,000 5,000
ファーストフライトボーナス 5,000 10,000
通常マイル還元率 1% 1%
最高マイル還元率 3% 5%
各ボーナスについての補足

  • 入会ボーナス:カードを発行するともらえる。
  • 継続ボーナス:毎年カードを継続するごとにもらえる。
  • ファーストフライトボーナス:ご入会後1年以内に、対象航空会社の航空券、または対象旅行代理店の指定旅行商品を本カードで購入された場合、初回に限りもらえる。

初年度はとてもお得!

スカイトラベラー・プレミアの初年度はボーナスポイントだけで元が取れる

スカイトラベラープレミアカードであれば、初年度だけで条件を満たせばボーナスだけで15,000ポイントがもらえます。

これはAviosマイルに交換したら国内線3本分に相当。年会費が35,000円ですから、元を取ってると言っても良いレベルですよね?

スカイトラベラーカードの初年度もボーナスポイントだけで元が取れる

スカイトラベラーカードでも条件を満たせばボーナスだけで8,000ポイント。これも実にお得ですよね?

Aviosポイントに変えれば「東京ー那覇」の片道1本でお釣りがきます!

紹介プログラムによる入会はもっとお得

アメックスのカード全般に言えることなのですが、アメックスのカードをすでに持っている人からの紹介というのが、アメックスのカードを発行するにあたってもっともお得な方法です。

紹介プログラム経由での入会による表も作ってみました。

スカイトラベラー スカイトラベラー・プレミア
年会費 10,000円+税 35,000円+税
入会ボーナス 3,000 5,000
紹介者プログラムのボーナス 7,000 15,000
継続ボーナス 1,000 5,000
ファーストフライトボーナス 5,000 10,000
通常マイル還元率 1% 1%
最高マイル還元率 3% 5%

なんと、スカイトラベラー プレミア カードは紹介プログラムだけで15,000ポイント。スカイトラベラーカードですら7,000ポイントがもらえます。

スカイトラベラー プレミア カードは初年度に限ってボーナスポイントだけで30,000ポイント。

スカイトラベラー カードは初年度に限ってボーナスポイントだけで15,000ポイント。

初年度に限ればめちゃくちゃお得なんですね。家族総出の海外旅行を計画してるなど、旅行で高額を使う予定がある方は、とりあえずスカイトラベラーを発行して更新せずに1年で解約するってのもありでしょう。

僕自身、スカイトラベラー プレミア カードを持っているので、僕からの紹介という形でよければ紹介することができます。

入会希望の方は、下のFacebookの埋め込みにあるリンクから申し込めます。

スカイトラベラーカードの方も下のリンクから申し込めます。リンクを開いて「他のカード」をクリックしてスカイトラベラーカードを選んでください。

<スポンサーリンク>