【宿泊レビュー】香港島にある駅近で空港からのアクセスも抜群!ブライトンホテル・香港(Brighton Hotel Hong Kong)の宿泊記




2018年6月末。僕は香港に滞在していました。この記事では、その際に利用したホテルをご紹介します。

今回僕が利用したホテルはブライトンホテル・香港(Brighton Hotel Hong Kong)というビジネスホテルで、僕が予約した時は1泊7370円でした。しかし、シーズンによって宿泊料金の増減がかなりあるみたいです。

香港島に位置するホテルで、MTR湾仔駅のC出口に出てから左に歩いて10秒ほどですかね。ほぼ隣です。

MTR湾仔駅のC出口

駅からの立地は最高に良いので、「香港島にある駅近のビジネスホテルを利用したい!」という方にはおすすめできるホテルです。

ちなみに、香港国際空港からは乗り換え1回で行くことができます。ホテルの最寄駅である湾仔駅から、空港行きの電車であるエアポートエクスプレスが出ている香港駅までは2駅です。

空港からホテルまでの移動について

・香港国際空港→香港駅(エアポートエクスプレス)

・香港駅→中環駅(駅内を徒歩で移動。数分です)

・中環駅→湾仔駅(2駅。一瞬で着きます。)

<スポンサーリンク>

チェックイン・ロビー

チェックインは14時からです。

今回、僕は諸事情で12時前に着いてしまいました。チェックインの時間より前に行っても場所と状況によってはチェックインできるので、試しに聞いてみたところ、やはりチェックインは14時からしかできないとのこと。

というわけで、荷物だけを先に預かってもらい食事に出かけました。

14時ごろ再度フロントに戻り、無事にチェックインを済ませて部屋へ向かいました。

ちなみに、香港全般的に言えることですが高い建物が多く、なおかつエレベーターが少ないので、エレベーターを待つ時間が長いなぁという印象でした。

客室

今回、僕が予約したのはスーペリアツインルーム。要するに一番安い部屋です。

とはいえ、流石に1泊7000円クラスのホテルは清潔ですし、アメニティもきちんと付いていました。

机が置かれているので、PC作業をする方にとっては非常に良い環境です。ちなみに、ネット環境は全く問題なし。動画もサクサク見ることができました。

お湯はいつでも沸かすことができるようにケトルがあります。そして、コーヒーやお茶が付いていました。

 

バスルーム

バスルームは、若干狭い感じは否めないですが、トイレとシャワールームを扉で仕切っているので、シャワーの水がトイレ側に入ってきて濡れるとようなことはありませんでした。

アメニティは歯ブラシ・シャンプー・ボディーソープなどの基本的なセットが一通りそろっています。

特に不便はなく、そしてこれといった特徴もない普通の設備というのが僕個人の感じた印象です。

香港島に宿泊したい&駅から近いホテルに泊まりたい!という方におすすめできるホテル

今回宿泊したホテルは一般的なビジネスホテルといった感じです。駅から近いので、どこへ行くにもアクセスは非常に良いでしょう。

香港島側に宿泊予定でホテルを探している方はぜひ、ブライトンホテル・香港(Brighton Hotel Hong Kong)も検討してみてください!

ホテル情報

場所

住所:128 Lockhart Rd, Wan Chai, 香港

空港からホテルまでの移動について

・香港国際空港→香港駅(エアポートエクスプレス)

・香港駅→中環駅(駅内を徒歩で移動。数分です)

・中環駅→湾仔駅(2駅。一瞬で着きます。)

<スポンサーリンク>

リゾートバイトに関するブログも運営しています→https://resort-shigoto.com

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro.oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)