中国の鉄道をネットで予約する方法。支払いはクレジットカードでOK!

2018年6月。ロンドンから帰国する際に上海と香港に寄りました。そして、上海ー香港間を飛行機ではなく鉄道で移動。

その際に鉄道のチケットを「Ara China」という旅行会社を通じてネットで予約したので、その時に利用したサービスをこの記事で紹介します。

とその前に1つだけ注意点というか前置きとして伝えておきますが、時間に余裕のある長期旅の方にはこの予約方法はオススメしません。というのも、結構な手数料を取られるからです。

僕の場合は613元の運賃に対して支払ったお金は756元。約143元の手数料を支払いました。

僕がこの手数料を支払ってでも鉄道チケットを予約した理由は、すでに香港から日本への帰国便を予約していて、時間に余裕がなかったから。

例えば、短期旅行などで乗車できる日程が決まっているというのであればこういったサービスを使って、手数料を払ってでもチケットを押さえておくメリットはありますが

時間に余裕がある場合は手数料のことも考えると、現地で直接買ったほうがいいかなと思います。

というわけで、今回利用したAra Chinaを使った中国の鉄道チケットの予約の流れについて説明します。

<スポンサーリンク>

大まかな流れについて

まず、ざっくりと大まかな流れをご紹介します。

鉄道チケットの購入から発券までについて

1・Airchinaの列車予約ページから、自分が乗る区間と日時を入力

2・担当者から予約確認のメールが来る

3・届いたメールの予約が間違っていなければ、カードでお金を払う

4・担当者が鉄道チケットを予約。発券番号を教えてくれる

5・現地にて、鉄道駅のチケット購入カウンターで発券番号を伝えると、その場で発券してくれる

ざっくりとこんな感じです。簡単でしょ?

Airchinaの列車予約ページから、自分が乗る区間と日時を入力

まずは、Airchinaの列車予約ページを開きます。そして、出発地・到着地・乗車日を入力。

※国際列車というのは香港行きのことですね。こちらは、乗車日が8日を切ると予約できないのでご注意ください。

>>Airchina列車予約ページはこちら

入力して検索すると、該当する列車一覧が出てくるので、予約したい列車を選んで予約しましょう。予約の際にはパスポートの番号が必要ですよ!

担当者から予約確認のメールが来る

予約を終えると、担当者からメールが来ます。

届いたメールの予約が間違っていなければ、カードでお金を払う

届いたメールの予約内容を確認して、問題なければ支払いに進みます。

メールの文中の黄色いボタンが支払い先のリンクとなっているので、押しましょう。そこから先でクレジットカード払いができます。(VISA・Master・JCBが対応)

担当者が鉄道チケットを予約。発券番号を教えてくれる

支払いを済ませると、担当者の方がすぐにチケットを確保してくれます。

そして、メールにて発券番号を送ってくれます。こんな感じ。

現地にて、鉄道駅のチケット購入カウンターで発券番号を伝えると、その場で発券してくれる

最後に、この発券番号を紙にメモっておくかこのメールをすぐに見せられるようにしておいて、駅に行きます。僕の場合は上海南駅でした。

乗車日当日に出発の3時間前に駅に行ってチケットを発券してもらいました。

すでに支払いは済んでいるので、駅での金銭のやり取りはありません。必要なのは、発券番号とパスポートです。

予約の際にパスポート番号を伝えているので、実際にパスポートに記載されている番号と照らし合わせて、合致していたら発券してもらえます。

というわけで、今回は中国の鉄道をネットで予約する方法でした!

最後に

帰国してから色々調べたのですが、Trip.comというサイトでも中国鉄道の予約ができるそうです。

中国以外にも、韓国・イギリス・ドイツの鉄道チケットを予約できるみたいなので、こちらもよかったら利用してみてください!

 

<スポンサーリンク>

リゾートバイトに関するブログも運営しています→https://resort-shigoto.com

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro.oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)