サマルカンドからヒバへ移動!詳細をまとめたよ!

<スポンサーリンク>

2017年9月初旬。僕はウズベキスタンを旅行していました。今回の記事はサマルカンドからヒバまでの移動について。僕はドゥシャンベからサマルカンドへ移動し、2日間滞在した後、鉄道を使ってヒバまで移動しました。今回はその時の詳細を記事にまとめています。

ちなみに、今回は寝台列車を使いました。

※ウズベキスタンの通貨「スム」について。2017年9月上旬時点で1ドル=7700スムでした。

<スポンサーリンク>

サマルカンド→ヒバまでの移動のおおまかな流れ

サマルカンドからヒバまでの移動方法について。僕は鉄道を使いました。とはいえ、ヒバまでの鉄道はありません。

サマルカンドからウルゲンチへ鉄道で移動する

まずは、ヒバの近隣の町「ウルゲンチ」へ移動します。ここには鉄道駅があるので。駅名は「URGANCH」チケットを買う場合はウルゲンチ行きの鉄道チケットを買いましょう。

ちなみに、僕が利用した時は深夜12時発の列車。着いたのは翌日の午前11時くらい。というわけで、約11時間ってところでしょうか?

鉄道内ではお湯がもらえる

ウズベキスタンの鉄道は列車内でお湯が使い放題です。なのでインスタントラーメンを作ったりお茶を作ったり。これは非常に便利だなぁと感じました。

なので、ウズベキスタンで列車に乗る前にはお湯も使えるということを考慮して何か持って行くと便利ですよ!僕は紅茶のティーバックを持って行きました!

ウルゲンチからタクシーでヒバへ移動

ウルゲンチからはタクシーでヒバに移動しました。言い値は4万スム。値切って2.5万スムになりました。これは1台あたりの値段です。タクシーなのでそのまま予約した宿に直行。

サマルカンド→ヒバへの移動の流れはこんな感じです。

 

ヒバで利用した宿「Hostel Laliopa」について

今回、ヒバで利用した宿は「Hostel Laliopa」という宿です。街から少し離れていますが、街の中心部にオーナーの兄弟が運営してる宿があり、そこへ行くと宿まで送ってくれるなどの配慮がありました。

WiFiはお世辞にも早いとはいえません。とはいえ、オーナーの方は親切ですし居心地は非常に良かったです。今回は写真を撮るのを忘れてしまいました・・・

>>Booking.comでホテルの詳細を見てみる。

 

というわけで、今回はサマルカンドからヒバまでの移動についての記事でした。ウズベキスタン旅行の際に参考になれば幸いです!

<スポンサーリンク>

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)