インド・デリーでメチャクチャ快適に空港泊をする方法

今回はインド・デリーにおける空港泊について。デリー空港から市内への移動は、トラブル・詐欺・高額ツアーへの誘導・ボッタクリなどが多発していることで有名。特に夜は治安面も考えるとその日は空港にとどまって、明るくなってから移動する方が賢明でしょう。となると空港で寝ることになります。

以上の理由で深夜にデリーに到着したらその日は空港泊という選択肢をする人が多いと思います。僕も今回は空港泊をしました。

というわけで、デリー空港で快適に空港泊ができる場所をこの記事で紹介します。

<スポンサーリンク>

Plaza Premium Lounge

今回、僕が紹介するのは「Plaza Premium Lounge」という場所。場所は到着ゲートを出てずっと右に行った場所にあります。デリー空港の到着ゲートの右隅にあると思っていただければいいでしょう。(イミグレを背に向けて右ということです。)

プライオリティパスがあると無料で使える

このラウンジは有料なのですが、なんとプライオリティパスがあると無料で使えます!ただし、無料で使えるのは共有ラウンジのみで、個室は有料です。

ちなみに、お金を払って使う場合の料金表はこちら。

Plaza Plemium Loungeの料金表

・個室(1人部屋/2人部屋)

3時間:3000/4000ルピー

6時間:4000/5000ルピー

延長:1時間あたり600/1200ルピー

・共有ラウンジ(大人/子供)

2時間:1200/840ルピー

5時間:2400/1680ルピー

10時間:3600/2520ルピー

共有ラウンジはこんな感じ

座席はわずか6席。座席数が限られてるのでなるべく早めに確保した方がいいでしょう。ただ、僕が行った時は誰も利用してませんでした。

無料で食事ができる

このラウンジはビュッフェスタイルではないので、全てのメニューを把握できませんでしたが、僕はエッグサンドイッチとコーラーを頼みました。飲み物はコーヒーなど温かいものもあるみたいです。

WiFiがない

なんと!このラウンジ、WiFiが飛んでいません。空港のWiFiを利用することになります。ただ、電話番号が必要な上に無料なのは45分間のみ。デリー空港でネットは使えないと考えておきましょう。

ちなみにデリー空港ではSIMカードをゲットできるので、必要な方は空港で購入しましょう。AirtelとVodafoneを購入できます。今回、僕はAirtelを購入しましたが1Gのデータ付きで600ルピーでした。

ATMはいくつかあるし、国際キャッシュカードも対応してるので現金の心配はないはずです。

コンセントは1つ。日本のプラグ対応

コンセントは各座席1つずつあります。日本のプラグの形も対応してるので便利ですよ!

プライオリティパスを持ってると世界中の空港ラウンジが使える

プライオリティパスを持ってると世界中の空港ラウンジが使えます。搭乗前や乗り換えの時などは非常に便利です。これを機にプライオリティパスを作ってしまうのもありでしょう。

>>参考記事:空港にあるラウンジってどんなところ?わかりやすくまとめたよ!

 

デリーでの空港泊はプライオリティパスを使ってPlaza Premium Loungeで寝よう!

デリーの空港に到着して空港泊をするのにベンチで寝るのもアリですが、寝心地はそんなに良くないですよね?プライオリティパスがあれば無料で快適にソファーで寝ることができます。というわけで、ぜひデリーの空港泊は「Plaza Premium Lounge」にしましょう!

 

プライオリティパスについてもっと詳しく知りたい人へ

プライオリティパスを手に入れる最もお得な方法は楽天プレミアムカードを作ることです。年会費1万円かかりますが、楽天プレミアムカードを作ることによってプライオリティパスが無料で付いてきます。プライオリティパスは本来年会費が4万円ほどかかるので非常にお得ですよ!

>>楽天プレミアムカードの詳細はこちら

プライオリティパス、楽天プレミアムカードについてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事を参考にしてください!

<スポンサーリンク>

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)