レンソイス・マラニャンセス国立公園のツアー、シーズン、旅行の準備まとめ

<スポンサーリンク>

海外旅行の準備は進んでますか?

海外旅行の準備に関するブログはこちら→http://travel-info-backpacker.com

旅行資金を稼ぐならリゾートバイト!

リゾートバイトに関するブログはこちら→https://resort-shigoto.com

レンソイス・マラニャンセス国立公園と聞いてピンと来る人って意外に少ないんじゃないかな?場所はブラジル北東部の海岸沿い。

スクリーンショット 2016-07-25 14.15.46

 

ここへ観光に訪れる場合はバヘリーニャスという町を拠点にすることになるはずです。今回はレンソイス国立公園ってどんなところなのかを紹介していきますね!

 

<スポンサーリンク>

レンソイス国立公園って何があるの?

何があるのかは文で説明するよりは写真を見てもらった方がわかりやすいでしょう。こんなところです。

trewt-1000x655

引用:レンソイス・マラニャンセス国立公園に行ってみた感想と絶景写真

 

この水たまりはどうやら雨水みたいなんですね。こちらではラグーンと呼ばれていました。これはこの地域が雨季の時にしか見ることができません。

 

ベストシーズン

ベストシーズンは5〜9月と言われてますど、9月は遅いです。8月がギリギリな気がします。というのも、僕自身が9月中旬に行った時は水が引いてる場所も多かったです。

僕が実際にセスナに乗って撮影したもの。(9月中旬)

IMG_0795

 

ここでいい景色を撮るにはドローンなんかいいと思いますよ!だって、セスナからの撮影って窓越しなのでラグーンを綺麗に撮ることができません。もし、ドローン撮影を考えてる人は、ドローン撮影の許可が必要かどうかは各自で調べてくださいね。よくセスナツアーのフライトが上空を飛んでるので・・・

 

主なツアーの詳細

セスナツアー

これは文字通りセスナに乗って上空からの景色を楽しむツアーです。

IMG_0772

 

価格は270レアル。ブラジルの為替って変動激しいので大体いくらってのは表現が難しいんですけど、僕が行った時(2014年9月)は高めの1レアル=約45円だったので、1.2万円くらいでしょうか。フライト時間は30分でしたよ!

IMG_0771

 

必要なものは特にないです。写真を撮りたければカメラ。そんなもんです。

レンソイスのセスナツアー。9月は少し遅かった・・・

2016.07.28

 

ラグーンツアー

これは文字通り、ラグーンを肌身で感じるツアーです笑

IMG_0832

 

ここにたどり着くまでの道のりが相当悪路なんですよね。拠点となる町から改造トラックのようなものに乗ります。

IMG_0807

 

途中で川も渡りますよ!

IMG_0810

 

ラグーン周辺は相当な悪路

IMG_0817

 

ラグーン周辺の景色

IMG_0523 IMG_0525 IMG_0529

 

ツアーの参加費は60レアル。これは日帰りの半日ツアーですよ!

レンソイスのラグーンツアー。9月でも充分に楽しめた!

2016.07.28

 

ボートツアー

IMG_0917

 

これはボートに乗って川の下流付近にまで行くツアーです。途中で街のような場所にも行きます。

IMG_0905

 

最後は河口付近で食事&昼寝の時間があります。

IMG_0925

 

サルもいますよ!

IMG_0900 IMG_0891

 

正直、参加しなくてもいいかなって参加してから思いました。だって、ラグーンには行かないからね。白い砂漠もラグーンツアーで体験できるし。

ツアーの参加費は70レアル。これも日帰りです。

 

ツアーで必要なもの

水着

ラグーンで泳ぐのであれば水着は必須です。それから、ゴーグルもあったほうがいいですよね!というより泳ぐ時間が与えられるので、泳がないのであればその間待つことになります。

まぁ、景色もいいので周りを眺めたりするのもアリかもしれないですけど。

ボートツアーでは乗船中、結構濡れます。というわけで、男性は水着を履いていった方が無難だと思いますよ。女性も下に水着を着ていた人が多かったです。

 

タオル

ラグーンで泳ぐのであればタオルは必要ですね。ボートツアーでも濡れるのであったら便利です。オススメはマイクロファイバータオル。小さくなるので、荷物にならないのが特徴です。

[参考記事]

 

あとは水や軽い食料があればいいでしょう。特に、ボートツアーの休憩中に訪れるレストランは本当に高いです。値段は覚えてないんですけど、あまりにも高すぎてお腹が減ってたのに食べなかったくらいです。(3000円前後だったような・・・)

食品などは町の中心部に売っています。

そして、それらを入れるカバン。僕がオススメするのはフライウェイト・リーコン

 

普段は小さくしてしまっておいて、使うときだけ広げてカバンとして使う。小さくした時はこんな感じです。

スクリーンショット 2016-07-25 15.57.35

 

僕も現地で使っていました。非常に便利ですよ!

IMG_0870

 

僕が持っているのは型が古いやつなのですが、小さくした時のサイズは同じです。

FullSizeRender

 

レンソイス国立公園までの行き方

まず、レンソイス国立公園を観光するにはバヘリーニャスという街を拠点にすることになります。この街の周辺に空港はありません。一番近くの空港があるのはサンルイスという町になります。

サンルイスの空港からはタクシーが出ているはずなので、それでバスターミナルまで移動しましょう。バスターミナルからはバスに乗ると4時間で着きます。運賃は片道35レアル。

スクリーンショット 2016-07-24 15.45.35

 

飛行機のチケットはスカイスキャナーで調べてみましょう!

まとめ

レンソイス国立公園は雨季にのみ見ることができるラグーンが有名。なので、現地で参加するのはツアーはラグーンツアー、セスナツアーの2つがベストチョイス!シーズンは7月あたりがベストでしょう!

 

[関連記事]

 

<スポンサーリンク>

リゾートバイトに関するブログも運営しています→https://resort-shigoto.com

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)