【回想録】オーストラリア・カナダ計3年間のワーホリ(海外生活)をガチで振り返ってみたよ!

<スポンサーリンク>

語学について

事前学習はしなかった

僕の場合はカナダへの渡航が急に決まったので、事前学習はしていません。最初の方にも書きましたが、すでに英語で意思疎通くらいは取れるレベルにありました。

ちなみに、語学学校は過去に1回だけ行ったことがあります。厳密には語学学校ではないんですけど。

大学1年生の時にカナダ・バンクーバーにあるブリティッシュコロンビア大学(UBC)にある機関のうちの一つ、ELI( English Language Institute)で1ヶ月間だけ英語の勉強をしました。これは僕が通ってた大学のプログラムによるものです。

ELIは英語を母国語としない人たちが集まる機関なんですね。ここで定められた英語力の基準を超えるとUBCの正規学生として入学できます。

語学学校を選ぶときは、こういった大学にある機関を検討してみるのもいいと思いますよ!

 

伝えようとすることが大事

僕は大学生の時に色々な所へ旅をしました。一人旅だったので、会話する相手は現地の人だったり同じ部屋、同じツアー参加者の旅人だったりするんですね。

あとは、カジノにもよく行ってたので、ディーラーだったり他の参加者ともよく話していました。

英語圏の人は別にして、ヨーロッパの人とか話すの早いけど文法がメチャクチャな人とか多いんですよね。

でも、言いたいことはわかる。これが僕の中では衝撃的でした。だって、今まで習ってきた中学、高校だったら”a”が抜けていたり、過去形にするのを忘れてしまっただけで減点されたりするんですよ。でも、通じるかどうかに焦点を当てると問題なく通じるんですよね。

それから、僕も文法なんかお構いなしにとりあえず単語を並べて会話をしていました。

 

ある程度慣れてくると文法を調べるようになる

文法を並べるだけって伝える幅に限界があるんですよね。「こういう表現ってどうやって言えばいいんだろうか?」なんて疑問が出たらその都度ネットだったり辞書で調べてました。そういった積み重ねでどんどん表現の幅が広がっていったと感じてます。

単語も同じかんじです。「これってなんて言うんだろ?」わからなかったらネットだったり辞書。あるいは周りにいる人に聞いてました。現場で疑問に思ったことって意外とすぐ身につきます。

スマホに辞書を入れておくと便利ですよ!

紙の辞書がそのままアプリに!〜iPhoneでサクッと検索できるウィズダム英和・和英辞典はオススメです!

2016.04.18

 

まずはプレッシャーのない環境下で実践する方がいいと思う

例えば、旅先で外国人と話すときは別に間違えても特に何か起きるわけじゃないんですよ。聞き返されたりするだけですよね?

でも、職場で聞き間違えるのって時と場合によっては責任問題、または致命的な問題になることがあるんですよ。英語で意思疎通ができない中、たまたま仕事を見つけてそこで働いても正直ただの苦行でしょう。

例えば、日本にいる時に外国人が集まる場所に行ってみる。海外旅に出てみる。などなど、まずは失敗してもなんともない環境で、伝えようと意識して英語を話してみるのがいいと思いますよ?

 

ある程度の土台ができてから語学学校に行くべき

語学学校で習うことって、表現方法が主だったりしませんか?ある程度の土台がある状態で表現方法を増やす。そういった意味合いで語学学校ってすごい有効だと思うんですよね。

 

英語を勉強するきっかけを作るために語学学校に行くのもありかもしれない

もう英語なんかちんぷんかんぷん。そんな状態で語学学校に行ってみるのもアリかもしれません。授業でも何を言ってるかわからないはずですけど。

ただ、語学学校って発言の機会があるはずです。何もわからないけど発言しなきゃいけないんですね。最初は苦行かもしれないですけど、そのうちなんとなく要領くらいは掴めるかもしれないですよ?

まずは伝えようとすること。これが一番重要なことなので。

でも、語学学校に行く前に単語くらいは覚えておいてくださいね?何か単語帳を一冊買って基礎的な単語を一通り覚えておく。それだけでも違ってくるはずです。

どれ買えばいいかわからない人はターゲットでもいいでしょう。基礎的な単語が網羅されてます。

 

回想録の各ページの目次
  • 1,2 カナダ・バンフ(Banff)
  • 3オーストラリア・ブルーム(Broome)
  • 4オーストラリア・シドニー(Sydney)
  • 5オーストラリアでのファーム生活 NSW州ヤング(Young)、QLD州ゲインダー(Gayndah)
  • 6オーストラリア・カラサ(Karratha)
  • 7目的(目標貯金額)の達成後
  • 8語学について
  • 9まとめ

 

次のページ

まとめ

<スポンサーリンク>

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)