フェアフィールド バイ マリオット カトマンズ宿泊記【ビジネス・トレッキング後におすすめ】




2018年11月上旬。僕はフェアフィールド バイ マリオット カトマンズ(Fairfield by Marriott Kathmandu)に2泊滞在しました。

カトマンズで多くの観光客が賑わうタメル地区に位置しており、タメル地区で滞在するのであれば立地は非常に良いと言えるでしょう。

全部で9フロアの建物で客室は115部屋。カトマンズにあるホテルの中では大型の部類と言えますね。

空港からホテルまではタクシーで20分ほど。事前に申し込むことにより有料の送迎サービスも利用することができます。

空港に群がっているタクシーは色々と悪い噂を聞きますし、不安であれば事前に申し込むことをおすすめします。

ホテルの予約はこちらから

>>Expedia.co.jp

>>Agoda.com

>>Booking.com

<スポンサーリンク>

フェアフィールド バイ マリオット カトマンズに宿泊した感想について

1泊1万円を超えるカトマンズの中では高級ホテルに値するホテルですので、当然ながらサービスやセキュリティに関して不満を覚えることは全くありませんでした。

入口には24時間セキュリティの方がいるので、安心ですね。

また、カトマンズのホテルはシャワーが水しか出ないなんてことがよくあります。が、さすがマリオットというブランドを背負った高級ホテルなだけあって、熱々のホットシャワーを浴びることができました。

非常に便利な立地ですので、タメル地区にあるレストランであればどこも歩いて行くことが可能。

もちろん、マリオットホテルでも朝食と夕食はビュッフェを有料(1000~1500円程度)で振る舞っておりますし、ルームサービスや、その他単品で料理を頼むことも可能。料金もマリオットホテルにしては非常に安く1品1000円程度。

1泊1万円ちょっとでマリオットホテルに泊まれることを考えると非常にコスパがいいと言い切れるでしょう。

ビジネスでの利用はもちろん、エベレストトレッキングの後などにもおすすめできます。

僕は、21日間のエベレストトレッキングから帰ってきてから、このマリオットホテルに2泊滞在しました。

トレッキングの後くらい良いホテルに泊まりたいという方はぜひタメル地区にあるフェアフィールド バイ マリオット カトマンズをおすすめします。

 

チェックイン

レセプション(Fairfield by Marriott Katomandu)

建物に入ってすぐ左側にチェックインカウンターが2つ並んでいます。

僕がチェックインしたのは午後2時頃。チェックインは15時からとなっていましたが、問題なくチェックインできました。

そして、さらに奥に行くとレストラン会場があります。

レセプション前から見たレストラン(Fairfield by Marriott Katomandu)

 

レストラン会場(Fairfield by Marriott Katomandu)

 

客室

 

客室の種類について

  • フェアフィールドルーム(18㎡)
  • フェアフィールドデラックスルーム(18㎡)

赤字は今回僕が宿泊した部屋です。

フェアフィールドデラックスルーム

フェアフィールドデラックスルーム。(Fairfield by Marriott Katomandu)

2つあるグレードの高い方の部屋であるフェアフィールドデラックスルーム。

ビジネスホテルといった感じで、正直言って部屋は狭いです。

仕事するのに便利なデスクはもちろん備わっています。

フェアフィールドデラックスルーム(Fairfield by Marriott Katomandu)

 

コーヒーやお茶などの一通りのアメニティは揃っております。

アメニティ(Fairfield by Marriott Katomandu)

 

部屋から見える景色は期待しないほうがいいですよ。

バスルームはさすが高級ホテルといった感じ。安いホテルにありがちなユニットバスではありません。

 

ビジネス・トレッキング後におすすめ

リゾートホテルのような華やかさは正直いってありませんが、快適に過ごすための最低限の設備はしっかりと整っています。

少し離れたところにはハイアットホテルやシャングリラホテルがありますが、郊外にありタメル地区を観光するにはちょっと不便です。

リゾート気分を味わいたいというのであれば正直オススメすることはできませんが、リーズナブルに快適なホテルライフを過ごしたいというのであれば、非常にオススメすることができますね。

また、エベレストトレッキング後などにリーズナブルにリッチな気分を味わいたいという方にとっても、1泊1万円でこのようなホテルライフを送れるのであればコスパがいいと言えるでしょう。

ホテルの予約はこちらから

>>Expedia.co.jp

>>Agoda.com

>>Booking.com

<スポンサーリンク>

リゾートバイトに関するブログも運営しています→https://resort-shigoto.com

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro.oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)