カトマンズーベジサハル(Besisahar)をバスで移動。そのままジープでジャガット(Jagat)へ【アンナプルナサーキットトレッキング1日目】

2018年11月15日〜30日まで、僕はアンナプルナサーキットトレッキングに挑戦していました。

カトマンズからバスでベジサハル(Besisahar)という街まで行き、そこからバスに居合わせた方々と割り勘でジープをチャーターしてジャガット(Jagat)まで行きます。

翌日、Jagatからトレッキングを開始して13日間かけてアンナプルナサーキットトレッキングの終着点であるジョムソン(Jomsom)という街に向かいました。

途中で少し遠回りしてティリチョレイク(Tilicho Lake)にも寄りました。

ジョムソンからはポカラまでバスで戻る人が大半ですが、僕はバスでタトパニ(Tatopani)という温泉で有名な街に向かい、1泊。

その翌日にバスでポカラに向かい、無事にトレッキング終了という流れです。トータル16日間の長いトレッキングとなりました。

この記事では、アンナプルナサーキットトレッキング1日目のカトマンズからベジサハルを経てジャガットに移動した日についてまとめています。

※2018年11月時点で1ルピー=1円

<スポンサーリンク>

カトマンズーベジサハル(Besisahar)のルートについて

カトマンズ(標高1400m)→ベジサハル(標高820m)

カトマンズ郊外にあるNew bus parkを7時に出発。New bus parkまでは前日に泊まっていたタメルにあるYakety yak Hostelからタクシーで10分くらいでした。

7時に出発してベジサハル到着は15時。約8時間の移動となりました。

バスのチケットはホステルで手配して1200ルピー。New bus parkで直接手配したインド人は400ルピーだったと言ってましたが、彼は母国語で会話ができるので現地価格で買えたものと思われます。

現地の言語が分からない外国人だと流石に400ルピーで買うのは難しいかもしれません。

 

ベジサハル(Besisahar)ージャガット(Jagat)のルートについて

ベジサハル(標高820m)ージャガット(標高1290m)

カトマンズからベジサハルへのバスはトレッカー半分。ローカルの人半分といった感じ。

そのバスの中でジャカットまで行く人たちで協力してジープをチャーターしてジャガットまで行きました。7人でシェアして1人700ルピー。

ベジサハルを15時半ごろに出発してジャガットに到着したのは18時半。すでに外は真っ暗でした。

トレッキングルート自体のスタート地点はベジサハル

トレッキングルート自体はベジサハルがスタート地点。なので、ベジサハルからトレッキングを始める方もいます。

ただ、基本的に車道を歩くことになり砂埃が凄かったりあまりいいことがないのが事実。

サクッと期間を短縮したい方はジープを使って途中まで進むことをおすすめします。

 

朝6時。カトマンズで泊まっていた宿を出発

僕はYakety yak Hostelという宿に宿泊をしており、ここでベジサハルまでのバスの手配(1200ルピー)をしました。

また、トレッキングに不要な荷物をカトマンズに戻ってきた際にも宿を利用することを条件に預かってもらいました。(タメルにある宿ならどこも行っているサービス)

バスは朝7時に出発で6時半までにバスターミナルに行って乗車手続きを済ませるというもの。

ホステルを6時ごろに出て近くに停まっていたタクシーを捕まえて、500ルピー払って行ってもらいました。New Bus Parkまではタクシーで所要時間10分ほど。

New Bus Park1

スライドショーには JavaScript が必要です。

高かったけど交渉に長く時間をかけるなんて時間はなかったので仕方ないです。ネパールにもUberやGrabなどの配車サービスが早くできてほしいものですね・・・

 

バスは定刻通り7時に出発

ベジサハル行きのバスの中

ベジサハル行きのバスは定刻通り7時に出発しました。ネパールで定刻通りに出発とはなかなか珍しいなと思いつつ・・・

途中で何度か休憩を挟み15時にベジサハルに到着。

休憩中にタイヤを交換していた

ローカルバスだったということもあり、途中で地元の方の乗り降りが多く、距離の割にはかなり時間がかかったなぁと感じました。

15時ベジサハルに到着

 

バスに乗っていたトレッカーと協力してジープをチャーター

チャーターしたジープ

バスを降りると、ジープの客引きがすでに待ち構えています。なので、わざわざジープを探す手間は必要ないです。

今回はたまたまインド人トレッカーがいたため、ジープのドライバーとヒンドゥー語で話をまとめてくれました。少しネパール語と違うみたいですがお互いに母国語で分かり合えるそうです。

青いジャケットを着ているのがインド人トレッカー。交渉中の場面。

ジャガットまでを7人でシェア。1人700ルピーで手を打ってくれました。英語でやりとりしていたらここまでの交渉が出来たかは不明です。

 

15時半ベジサハルを出発し、18時にジャガットに到着

ACAPのチェックポイント

15時にベジサハルに着いてからわずか30分。ジャガットに向けて出発です。

正直言ってここまでスムーズに事が進むとは思ってもいませんでした。というのも、僕はベジサハルで1泊して、翌日にジープで移動するものだと思っていたからです。

ここは成り行きに任せてジープに乗ってジャガットに出発。2時間半での到着予定でしたが、結局途中で土砂崩れがあり、30分ほど遅れて3時間で無事にジャガットに到着しました。

土砂崩れによる通行止めで待っている様子

 

アンナプルナサーキットトレッキング1日目の出費

・カトマンズのバスターミナルまでのタクシー代:500ルピー

・ベジサハルージャガット間のジープ代:700ルピー

・宿代:200ルピー

・食費(夕・翌朝):1420ルピー

計2820ルピー

 
<スポンサーリンク>