チャメ(Chame)ーアッパーピサン(Upper Pisang)リンゴの生産が有名?【アンナプルナサーキットトレッキング4日目】

2018年11月15日〜30日まで、僕はアンナプルナサーキットトレッキングに挑戦していました。

カトマンズからバスでベジサハル(Besisahar)という街まで行き、そこからバスに居合わせた方々と割り勘でジープをチャーターしてジャガット(Jagat)まで行きます。

翌日、Jagatからトレッキングを開始して13日間かけてアンナプルナサーキットトレッキングの終着点であるジョムソン(Jomsom)という街に向かいました。

途中で少し遠回りしてティリチョレイク(Tilicho Lake)にも寄りました。

ジョムソンからはポカラまでバスで戻る人が大半ですが、僕はバスでタトパニ(Tatopani)という温泉で有名な街に向かい、1泊。

その翌日にバスでポカラに向かい、無事にトレッキング終了という流れです。トータル16日間の長いトレッキングとなりました。

この記事ではアンナプルナサーキットトレッキング4日目のチャメからアッパーピサンまでのトレッキングについてまとめています。

※2018年11月時点で1ルピー=1円

<スポンサーリンク>

チャメ(Chame)ーアッパーピサン(Upper Pisang)のルートについて

チャメ(標高2670m)ーアッパーピサン(標高3660m)

アンアプルナサーキットトレッキング4日目も約15kmの移動。さすがに標高3000mを超えたあたりからは「空気が薄いなぁ」と体感するようになりました。

道のりもほとんどが緩い上り坂で、そこまでキツくはありません。

ただ、最後の1kmくらいかな。アッパーピサンは山の上にある街といった感じで、サーキットトレッキングのルートからは若干外れます。というか、遠回りみたいな。

具体的にいうと、アッパーピサンへ行くためだけに山を登って翌日に下りる感じになります。アッパーピサンからの景色は最高ですが、行くのは正直言って面倒。

ただ、高度順応にもなるかなぁと思うので、高山病が心配な方はアッパーピサンで泊まることをおすすめします。

登るのが面倒な人はローワーピサン(Lower Pisang)という街に泊まることになるでしょう。こちらの街は通常ルート上にあります。

 

朝8時半にチャメを出発

朝8時半。しっかりと朝食を食べてから出発。この日も緩やかな上り坂が続くルート。

アンナプルナサーキットトレッキングは、エベレストトレッキングと比べたらとてもラクに感じるというのは、出発前から聞いていましたが、正直言ってここまでラクに感じるとは思いませんでした。

というくらいずっとラクな道のりが続きました。

 

オシャレすぎる建物に遭遇

ただひたすら緩やかな道を進む日々が続いていたのですが、Bratangという街で突如とてもオシャレな建物に遭遇します。

これ、カフェでした。

いきなり現れたオシャレなカフェ

ずっと自然ばかりで時々通る街では少し色が落ちた感じの建物。

そんな景色が続いたななかでのいきなり現れた建物だったので、「何これ?」といった感じでした。

実はここ一帶はリンゴの生産で有名な街だそうです。このカフェの隣にはリンゴの工場もありました。

リンゴの工場

カフェを挟んで反対側には宿泊施設もありました。

おそらく宿泊施設

 

案内板

 

僕は、カフェでりんごジュースを注文。リンゴが有名と聞いてりんごジュースを頼まないわけにはいかないでしょう。200ルピーと少し高め。

りんごジュース。もちろん100%リンゴで作られている。

これがまた美味しい。特に疲れた体にはとてもしみますね・・・一瞬で飲み干してしまいましたw

ちょうど昼時だったので、ここで昼飯も注文。いつも通りのダルバート。700ルピー。

このカフェでトータル900ルピーも使ってしまいましたが、まぁいいでしょう。現金は多めに持ってきてますし。

※普段、旅行先ではそんなに我慢はせず食べたいものは食べるのですが、今回のトレッキングは道中にATMがなければクレカも使えないので、計画的にお金を使わないと持参した現金がなくなったら一文無しになってしまうのです。

 

14時半頃にアッパーピサンに到着

オシャレなカフェでの休憩を終えて、アッパーピサンに向かって進みます。

しばらく進むとアッパーピサンの街が見えてきました。

山の中腹にあるのがアッパーピサン

心の中で「えっこれ登るの?」とちょっと引いてしまいました。

あーめんどくさい。このまま真っ直ぐ進めばローワーピサンという街に着くのでこちらでもよかったのですが・・・

やはり景色が良いということで結局はアッパーピサンに行くことにしました。

アッパーピサンへ続く橋

 

全く役に立たない案内板。どちらに進んでもlower pisang.

 

そして、14時半頃無事にアッパーピサンにある宿に到着。案内された部屋からの景色はとても綺麗でした!

部屋からの景色。

 

アンナプルナサーキットトレッキング4日目の出費

・宿代:200ルピー

・昼に寄ったカフェ:900ルピー

・食費(夜・翌朝):1550ルピー

計:2650ルピー

最後にこの日の写真のスライドショーをどうぞ!

スライドショーには JavaScript が必要です。

<スポンサーリンク>