マナン(Manang)で丸一日滞在。疲れを癒す【アンナプルナサーキットトレッキング6日目】




2018年11月15日〜30日まで、僕はアンナプルナサーキットトレッキングに挑戦していました。

カトマンズからバスでベジサハル(Besisahar)という街まで行き、そこからバスに居合わせた方々と割り勘でジープをチャーターしてジャガット(Jagat)まで行きます。

翌日、Jagatからトレッキングを開始して13日間かけてアンナプルナサーキットトレッキングの終着点であるジョムソン(Jomsom)という街に向かいました。

途中で少し遠回りしてティリチョレイク(Tilicho Lake)にも寄りました。

ジョムソンからはポカラまでバスで戻る人が大半ですが、僕はバスでタトパニ(Tatopani)という温泉で有名な街に向かい、1泊。

その翌日にバスでポカラに向かい、無事にトレッキング終了という流れです。トータル16日間の長いトレッキングとなりました。

この記事ではアンナプルナサーキットトレッキング6日目のマナンで丸一日滞在した時のことについてまとめています。

※2018年11月時点で1ルピー=1円

<スポンサーリンク>

マナン(Manang)での1日

カトマンズからバスに乗って始まった今回のアンナプルナサーキットトレッキング。休息目的で丸一日同じ町に滞在するのはマナンが初めて。

本来は高度順応という名目でトレッカーの大半の人がマナンで2泊するのですが、僕は直近で登ったエベレストトレッキングのおかげで高度順応はすでにできていました。

というわけで、僕の場合は高度順応ではなくただの休息です。

とはいえ、6日目にして初めての休息日なので悪くはないでしょう。

マナンで何をしたかと言うと、何もしてないです。街を散策したり15分ほど歩いた場所にあった湖に行ったり。

マナンはとても小さい町。とはいえ、トレッキングルート上ではわりと大きい方かも

近くにあった湖。マナンから歩いて15分ほど。

地元の方が住むエリア

マナンには小さいながら映画館もあります。

映画館

マナンはアンナプルナサーキットトレッキングの1つの拠点の街として知られています。エベレストトレッキングで言えば「ナムチェ」と言えるでしょう。

とはいえ、ナムチェほど街は発展していませんが。

ただ、ナムチェと違うのは、マナンまではジープで行くことができるということ。

ナムチェは家畜やポーターによって物資が運ばれていますが、マナンまでは車で物資を運ぶことができるので、物価はそんなに高くないといった印象を受けました。

一応病院や郵便局もあるとのこと。(地図で確認しただけなので実際に機能してるかはわかりません)

アンナプルナサーキットトレッキングを検討している方は、マナンで2泊することを考慮してスケジュールを組むといいでしょう。

高度順応するにもちょうど良い標高なのでオススメですよ!

 

アンナプルナサーキットトレッキング6日目の出費

・宿代:200ルピー×2泊

・食費:4070ルピー(朝,夕が2食分。昼は1食分。計5食分。)

・ランドリーサービス:700ルピー

計5170ルピー

最後にこの日の写真をスライドショーでそうぞ!

スライドショーには JavaScript が必要です。

<スポンサーリンク>