ムクティナート(Muktinath)ージョムソン(Jomsom)ラストトレッキング!【アンナプルナサーキットトレッキング14日目】




2018年11月15日〜30日まで、僕はアンナプルナサーキットトレッキングに挑戦していました。

カトマンズからバスでベジサハル(Besisahar)という街まで行き、そこからバスに居合わせた方々と割り勘でジープをチャーターしてジャガット(Jagat)まで行きます。

翌日、Jagatからトレッキングを開始して13日間かけてアンナプルナサーキットトレッキングの終着点であるジョムソン(Jomsom)という街に向かいました。

途中で少し遠回りしてティリチョレイク(Tilicho Lake)にも寄りました。

ジョムソンからはポカラまでバスで戻る人が大半ですが、僕はバスでタトパニ(Tatopani)という温泉で有名な街に向かい、1泊。

その翌日にバスでポカラに向かい、無事にトレッキング終了という流れです。トータル16日間の長いトレッキングとなりました。

この記事ではアンナプルナサーキットトレッキング14日目のムクティナート(Muktinath)からジョムソン(Jomsom)へトレッキングした時のことについてまとめています。

※2018年11月時点で1ルピー=1円
 

<スポンサーリンク>

ムクティナート(Muktinath)からジョムソン(Jomsom)までのルートについて

Lupraを通るルート(地図の中心の赤い印がLupra)

ムクティナート(標高3800m)ージョムソン(標高2750m)

この日の移動は約17km。とはいえ基本的には下り坂がメインなのでそこまでキツいわけでもないですし、時間がかかるわけでもありません。

ただ、ところどころで細い道だったり足場が悪く急な下り坂があったりなどで、気をつけなければならない場所というのは多くあります。

ムクティナートからジョムソンまでのルートは2つのルートがあるんですね。1つ目は車道。そして、今回僕が通った「Lupra」という街を通るルート。

おすすめは「Lupra」を通るルート。というよりも、車道は砂埃が激しくておすすめしないと地元の方から言われました。

そして、Lupraは崖に形成された小さい街といった感じです。僕はここでびっくりするような出会いがあったので、そのことについてもお話ししていきます。

 

8時半頃、ムクティナートを出発

朝8時半頃にムクティナートを出発しました。この日もしっかりと朝食を食べてのスタート。

ムクティナートの街を過ぎると、バスターミナルのような場所に出ました。

バスターミナルっぽい場所

おそらく、バスでムクティナートに行く場合ここで降ろされるのかなぁと。ここから街までは歩いて15分くらいです。

そして、このまま写真奥に見える道を進んでいきます。

まだ草丈の高い植物は生えていない。

景色は最高に良い

家畜なのか野生なのか?(多分家畜)

ルブラの街が見えてきた

 

12時半頃にルブラ(Lubra)着

ムクティナートとジョムソンの間の街といえばルブラくらいです。というわけで、昼食を食べる機会はここしかないということです。

迷わず昼食タイム!

 

僕が寄ったお店。要するにホテル&レストラン

ここで、ダルバートを注文。

料理を持ってきたのがここの宿のオーナーの息子。もう継いで現在はオーナーなのかな?

なんと、彼は日本で働いていたそうで日本語が話せました。

これだけならまぁトレッキング中にもよく遭遇したので珍しくはないのですが・・・

なんと、働いていた場所が僕の実家の近所でして、自転車で行ける距離の場所で働いてたことが判明しましたwww

まさかの、ネパールのド僻地でネパール人と日本語で僕の地元のローカルトークですよ。さすがにこれには笑ってしまいました笑

もちろん連絡先を交換して記念撮影をして別れました。まさかのまさかです笑

ムクティナートからジョムソンへ行く際にルブラを通るかと思いますが、その際はぜひ「DAKAR LODGE」に寄ってみてください。

日本語が通じますよ!

 

14時頃ルブラを出発

ルブラの街並み

ルブラから先はこんな道が続く

ルブラからジョムソンへの道はずっと斜面に作られた細い道が続きました。登ったり下ったり。

標高も3000mくらいと落ち着いてきたのでそこまでキツいと感じることはありませんでした。

とはいえ、3000mで落ち着いたと感じるのですから、やはりネパールでのトレッキングは感覚が麻痺してしまいますね。

最後の数キロはこのような車道を歩きます。

16時半頃ジョムソンに到着

ジョムソンの街並み

16時半頃にジョムソン到着。下界に戻ってきた感じがしましたねw

実は、トレッキングに関してはこの日が最後。ジョムソンからはバスでの移動となります。もちろん、歩くこともできるのですが車道を歩くことになり砂埃が激しくおすすめはしないとのこと。

エベレストトレキングを含めると約5週間のトレッキングが無事に終わったことになります。なにか感慨深いものがあったのと、またここでトレッキングをしたいなという思いがなぜか湧いてきました。

宿にチェックインしてからすぐにバスのチケットを予約しにバス会社へ行きました。

僕はタトパニという温泉で有名な街までのバスチケットを購入。880ルピーでした。

7時・11時・14時の3本が毎日運行されています。所要時間は4時間と言われてますが、5〜6時間は見たほうがいいです。なんせ、トレッキングの道を無理やりバスで通る感じですからw

 

アンナプルナサーキットトレッキング14日目の費用について

宿泊費:600ルピー

食費:昼・夜・翌朝:1975ルピー

バスチケット:880ルピー

計:3455ルピー

最後に、この日の写真のスライドショーをどうぞ!

スライドショーには JavaScript が必要です。

<スポンサーリンク>