ムクティナートといえばHOTEL BOB MAREY。その理由とは?【アンナプルナサーキットトレッキング13日目】

2018年11月15日〜30日まで、僕はアンナプルナサーキットトレッキングに挑戦していました。

カトマンズからバスでベジサハル(Besisahar)という街まで行き、そこからバスに居合わせた方々と割り勘でジープをチャーターしてジャガット(Jagat)まで行きます。

翌日、Jagatからトレッキングを開始して13日間かけてアンナプルナサーキットトレッキングの終着点であるジョムソン(Jomsom)という街に向かいました。

途中で少し遠回りしてティリチョレイク(Tilicho Lake)にも寄りました。

ジョムソンからはポカラまでバスで戻る人が大半ですが、僕はバスでタトパニ(Tatopani)という温泉で有名な街に向かい、1泊。

その翌日にバスでポカラに向かい、無事にトレッキング終了という流れです。トータル16日間の長いトレッキングとなりました。

この記事ではアンナプルナサーキットトレッキング13日目のムクティナート(Muktinath)に丸一日滞在した時のことについてまとめています。

※2018年11月時点で1ルピー=1円

<スポンサーリンク>

ムクティナートでの1日

前日にトロンラパスを越えてきた僕はこの日1日を完全オフにしました。

ムクティナートでは特に何かをするわけではなく、街を散策したり宿でゆっくりしたり。

Muktinath

ムクティナートからは車が通行できるので、じつはここからポカラ行きのジープがあったりします。

おそらく、チャーターすればカトマンズまで行ってくれるのではないでしょうか?まぁ、さすがに遠すぎるので、どこかで泊まることにはなりそうですが。

 

ムクティナートで有名な「HOTEL BOB MAREY」そのワケとは?

HOTEL BOB MAREY

今回のアンナプルナサーキットトレッキングで唯一事前に泊まるホテルを決めていたのはムクティナートの「HOTEL BOB MAREY」だけです。

なぜ、ここにしたかというと料理が美味しいから。

このホテルのシェフはオーストラリア・シドニーで15年間の調理経験を積んでいるとのことで、トレッキングルート上の他の宿の料理とは比較にならないくらいレベルが高いというお話を事前入手していたんですね。

というわけで、疲れ切った体に美味しい料理は抜群の相性です。

そして、こちらが噂のヤクバーガー。写真だと伝わりにくいかもしれませんが、とても美味しかったです。

ヤクバーガー

ちなみに、他の街で頼んだヤクバーガーはこちら。

ヤクバーガー

さすがに、レベルが落ちますね。

HOTEL BOB MAREYは料理が美味しいということで、僕は2泊することにしたのですw

そして、ヤクステーキも頼みました。

ヤクステーキ

疲れ切った体には最高の料理。ただ、ここずっとトレッキングしていた僕の胃袋には少々物足りないりょうでした。

あと3〜4皿は食べられたかな・・・笑

そして、こちらがフレッシュリンゴジュース

フレッシュリンゴジュース

これもめちゃくちゃうまい!

というわけで、ただの食レポ記事になってしまいましたがw

ムクティナートで泊まる際は「HOTEL BOB MAREY」全力でおすすめします!

アンナプルナサーキットトレッキング13日目の出費について

宿泊費:550ルピー×2泊=1100ルピー

食費:3350ルピー

洗濯:625ルピー

計:5075ルピー

 
<スポンサーリンク>