ジョムソン(Jomsom)ータトパニ(Tatopani)温泉で疲れを癒す。【アンナプルナサーキットトレッキング15日目】

2018年11月15日〜30日まで、僕はアンナプルナサーキットトレッキングに挑戦していました。

カトマンズからバスでベジサハル(Besisahar)という街まで行き、そこからバスに居合わせた方々と割り勘でジープをチャーターしてジャガット(Jagat)まで行きます。

翌日、Jagatからトレッキングを開始して13日間かけてアンナプルナサーキットトレッキングの終着点であるジョムソン(Jomsom)という街に向かいました。

途中で少し遠回りしてティリチョレイク(Tilicho Lake)にも寄りました。

ジョムソンからはポカラまでバスで戻る人が大半ですが、僕はバスでタトパニ(Tatopani)という温泉で有名な街に向かい、1泊。

その翌日にバスでポカラに向かい、無事にトレッキング終了という流れです。トータル16日間の長いトレッキングとなりました。

この記事ではアンナプルナサーキットトレッキング15日目のジョムソンからタトパニへの移動。そしてタトパニでの滞在について。まとめています。

※2018年11月時点で1ルピー=1円
 

<スポンサーリンク>

ジョムソン(Jomsom)からタトパニ(Tatopani)への移動

ジョムソン(標高2750m)ータトパニ(標高1160m)

この日はバスでの移動。距離は50kmほどなのでオーストラリアであれば30分ほどで着いてしまう距離なのですが笑

ここはネパールの山岳地帯。さすがにそんなスピードで移動することはできません。所要時間は4時間という説明を受けていましたが、だいたい6時間弱かかりました。

ただ、はっきり言ってこれは仕方ない。もう、通る道が崖ですからね。焦って運転ミスって崖から落ちるよりはるかにマシです。

流石にこの道なので、遅れたところで誰も文句は言いません。それよりも、ゆっくりでいいから絶対に落ちないで!!!という思いの方がはるかに強かったですねw

 

10時半時頃、定刻通りにジョムソンを出発

ジョムソンにあるバス会社

11時出発だから10時半頃にきてね!とバスチケットを昨日買った時に言われたので、10時半ごろにバスターミナルへ行くと

「ヘイ!ブラザー早く乗れや!!!」

なんていうので、バスに乗ったらまさかのそのまま出発。

バスはガラガラ。

どうやら、ここのバス会社が始発だったらしい。

そして、ジョムソン内のいくつかの旅行会社や宿によってジョムソンを出る頃には満席でした。

道中のほとんどは崖の横を走る感じ。ここのバス会社のボスはよくここをバスで走ろうと判断したよなぁと思いました。しかも、大型バスでw

これはさすがにヤバいでしょw

16時半ごろにタトパニ到着

というわけで、休憩含め6時間くらいで無事にタトパニに到着。

降ろされたところはマジで何にもないなぁと思ったのですが、崖側の階段を上ると小さな街になっていました。

タトパニの街並み

 

タトパニの有名な温泉へ

温泉施設

タトパニには有名な温泉施設があります。とはいえ、ここは混浴で水着着用。日本みたいに素っ裸で入ることはできません。

念のため撮影機材は持って行かなかったのですが、皆さんがっつり写真撮ってました笑

施設内には2つの浴槽があって手前の方が少し暑いです。日本人好みの熱さにはやや届かない程度ですかね。

浴槽で湯に浸かりながらビール飲んでる人が多かったです。

ちなみに入浴料は150ルピー。

 

アンナプルナサーキットトレッキング15日目の費用について

宿:200ルピー

食費(昼・夜・翌朝):1650ルピー

温泉:150ルピー

 
 

<スポンサーリンク>