台湾の離島「緑島」に行ってきたので、メッチャ詳しくまとめたよ!

<スポンサーリンク>

海外旅行の準備は進んでますか?

海外旅行の準備に関するブログはこちら→http://travel-info-backpacker.com

旅行資金を稼ぐならリゾートバイト!

リゾートバイトに関するブログはこちら→https://resort-shigoto.com

台湾の東側に位置する都市「台東」。そこからフェリーで約1時間の場所に位置する離島「緑島」へ1泊2日で行ってきました。

台東の記事でも書きましたが、台湾人の友達に「台東はいいよ!」とすすめられるがままに台東に来たものの、特に予定はない。さぁどうしようか。と色々考えてたところに、泊まっていた宿の人から「緑島はいいよ!」という話を聞きました。

せっかくだし行ってみようかなと軽い気持ちで行ってきたのですが、これが僕にとっては最高の思い出となりました。まさかここまで緑島が良いところだとは想像してなかったんですね。

というわけで、今回はこれから緑島へ行く人。それから台湾に行きたいけどどこに行こうか迷ってる人に向けて、緑島についての詳細をまとめました。

緑島は自然豊かで自然好きな僕にとっては最高の場所です。間違いなくまた行くことになるでしょう。

というわけで、さっそく緑島の詳細の方に行ってみましょう!緑島の場所は以下の地図の通りです。

<スポンサーリンク>

台湾の離島「緑島」では何ができるの?

緑島は一周約20kmの小さな島です。そして観光地として台湾人に有名。僕が行った時もほとんどの人が台湾人でした。

そんな観光で訪れる観光客は緑島で何するの?ということなのですが、それをここの項目で解説していきます。

その1:ダイビング・シュノーケリング

今回、僕は参加してませんが緑島はダイビングスポットとして有名なんだそうです。僕が緑島へ向かう時に話した台湾人グループもダイビング目的で島に3日間滞在するという話をしてました。

その2:サイクリング・ツーリング

緑島は一周が約20km。そして非常に景色が良い場所が多いです。島ではほとんどの人が電動バイクを借りて島内をツーリングしていました。

僕はバイクを運転したことがなかったので、今回は初日自転車。二日目は同じ宿の人に後ろに乗せてもらい島を一周しました。

正直に言うと、自転車での一周は相当キツイです。サイクリング中、僕は周りからクレイジーボーイとよく言われました笑 なので、電動バイクのレンタルをオススメします。

料金は、自転車が300元でバイクが350元。それぞれ一日(24時間)あたりの料金です。

同じ宿に泊まってた人たちとツーリング

その3:温泉

緑島の南の方には温泉があります。水着着用ですが。日本の温泉のように熱々のお湯ではありませんが、目の前が海なので景色は抜群ですよ!

温泉の名前は「朝日温泉」です。入口の写真を撮り忘れてしまいました・・・。入場料は200元です。

温泉から見た景色

その4:釣り

釣りをするために緑島に行く人もいるそうです。緑島に滞在中、大きな魚を持った人がいたのですが1週間の予定で釣りをしに来たと言ってました。


台湾の離島「緑島」の観光スポット

緑島は小さいのでバイクであれば半日あればほぼすべての場所を回ることができるでしょう。今回は特に良かった場所を挙げていきます。

緑島牛頭山


柚子湖


小長城

いずれも交通手段はバイクか自転車です。ただ、先ほども言ったように自転車は相当キツイです。

緑島への行き方

緑島への行き方は主に2つ。飛行機。それからフェリーです。いずれも台東から行くことになります。今回はフェリーを使ったので飛行機のことはよくわかりません。ここではフェリーについてのお話をします。

台東から富岡漁港へ行く

まずは港へ行く必要があります。台東からバスで富岡漁港へ向かいましょう。バスは鉄道駅から歩いて10秒くらいの場所からも出ていますし、街中のバスターミナルからも出ています。

僕は台東駅近くのホステルに泊まっていたので、台東駅近くのバス停から向かいました。バスの運賃は25元。

もしくはタクシーで行くのもアリです。僕は帰りに大型のタクシーをその場に居合わせた7人でシェアして1人70元でした。正直相場はわかりませんが、複数人でシェアする場合100元以上にはならないはずです。

富岡漁港の建物の外観。ここでチケットを買う。

チケットは往復920元

僕はすでに行き帰りの日程が決まってたので、往復チケットを購入しました。

富岡漁港から船で約1時間

富岡漁港から緑島までは片道約1時間。50分くらいで着いたかな?といった感じ。乗り降り含めると1時間ちょっとです。結構揺れるので、乗り物酔いが心配な方は酔い止めを用意しておきましょう。

船の内部

富岡漁港の様子

緑島の漁港の様子

島からホテルへの移動はバイクor送迎

今回、僕の場合は港近くのホテルに泊まったので歩いて5分ほどで宿に着きました。多くの人は港周辺でバイクを借りてホテルへ向かってました。

バイクを借りる予定の人は港でバイクを借りてそのままバイクでホテルへ向かいましょう。

また、中にはホテルのスタッフに送迎してもらってる人もいました。もしバイクを借りる予定がない場合は事前に連絡しておくことによって迎えに来てくれるかもしれません。

不安であれば港近くのホテルを予約しましょう。

 

緑島のホテルについて

緑島は観光地ということもあってそれなりに宿泊施設があります。ここでは僕が利用したホステルを紹介しますね。

緑島9バックパッカーズ

場所は港から歩いて5分ほど。


部屋の内部

今回僕が泊まったのはドミトリー。宿泊料金は1泊850元。緑島はホテルが台湾本土より2倍以上高いです。

部屋の内部

ライトの上がセキュリティーボックス

フロントデスク。右のドアはカードキーで開ける仕組みになっている

共有エリア

ホステルの設備について

・WIFI完備

・ランドリー完備(無料)

・ホットシャワー完備

台湾国内ではそんなに心配する事ではないですが、念のため書いておきました。

予約はこちらから>>9Backpacker

 

その他ホテルは緑島内にたくさんあります。飛び込みでの宿探しは万が一のことを考えると面倒なので事前にホテルは予約しておきましょう!

ホテル検索サイト一覧

>>Booking.com

>>Agoda.com

>>Expedia.co.jp

緑島で動画を作りました

緑島でGoproを使ってツーリングの様子をメインにムービーを作ってみました。よかったら見てください!

台東についての記事もどうぞ!

>>台湾・台東を1週間かけて観光してきたので、行ってきたところをまとめたよ!

<スポンサーリンク>

リゾートバイトに関するブログも運営しています→https://resort-shigoto.com

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)