ハノイにあるマリオットホテルは格安で泊まれるぞ!【特典の紹介もあり】

東南アジアの中でも人気の観光地として有名な、ベトナムの首都ハノイにあるマリオットホテルに滞在しました。

マリオットホテルといえば非常に有名な高級ホテル。

しかし、ハノイにあるマリオットホテルは意外に安く泊まることができます。

今回、僕は日本円に換算して1万3000円で宿泊することができました。(Hotels.comを利用)

ホテルはシーズンによって値段が変わるので毎回このような値段で宿泊できるとは限りませんが・・・

ホテル価格は1人でも2人でも変わらないので、短期旅行で訪れるカップル。バックパッカー旅行の、つかの間の贅沢なんかにでも利用するといいかもしれませんね。

<スポンサーリンク>

デラックスルームシティービューの1キングベッドを予約

部屋の扉を開くと、すぐに荷物入れがあります。荷物入れの奥にはバスルーム。そのまま進むと、ベッドルームがあります。

ベッドの奥側には窓。それから、テーブルなどがあります。テレビはベッドの真正面。

テレビの下には、コーヒーメーカー、スピーカーがありました。

水と専用のカプセルを入れるだけで自動でコーヒーを作ってくれます。

コーヒーメーカーの下にある扉を開けるとコーヒーのカプセルなど無料で使えるものが入っています。

写真は撮っていませんが、この下の引き出しにはワイングラスが入っていました。

反対側の扉にはミニバー。ちょっっとしたつまみが入っています。

真ん中にはビールやソフトドリンクなどの飲み物が入っている冷蔵庫がありました。

こちらは有料となります。

ベッドの両サイドには電源が完備。ライトのスイッチ、カーテンの開閉もボタン一つでできます。

ベッドのすぐ横にはバスルームがあります。こちら、利用するときは扉を閉めることもできるのでご心配なく。

バスルームは一人で入るにはちょうど良いサイズ。横になりながらゆっくりと湯に浸かることができるでしょう。

洗面台にはシャンプーやコンディショナー、タオルなど充分に揃えられているので、わざわざ自分で用意する必要はありません。

無料の飲料水。

歯ブラシセット、ボディーローション、石鹸など一通り揃えられています。

シャワールームにシャンプーやコンディショナーがありました。

充分すぎる数のタオル

こちらはルームサービスのメニュー。

カツカレーを注文。25万ドンくらいでした。日本円で1000円ちょっとといった感じ。

動画でサクッと部屋の様子をまとめてみました

約50秒ほどの動画で部屋の様子をまとめているのでよかったら参考にしてみてください。

ホテル内部の様子

今回、僕はホテル内にある施設は使っていないので写真だけになります。

まぁ、こんな感じです。

 

格式の高いマリオットホテル。ハノイであれば安く泊まることができる

今回、ハノイでマリオットホテルに泊まったきっかけは、ホテル検索サイトを見ていて「あれ?マリオットホテルってこんな安く泊まれるっけ?」と思ったことです。

短期旅行でハノイに訪れる予定のカップルにとっては格式の高い素晴らしい部屋で最高な気分を味わうことができるでしょう。

バックパッカーとして普段はドミトリーなどの安宿に泊まっている旅人にとってはつかの間の贅沢な休息となるでしょう。

せっかくの機会なので、ハノイに訪れる際はマリオットホテルを利用してみてはいかがでしょうか?

今ならBooking.comで約1800円を受けることができる

今ならホテル検索サイトのBooking.comでこちらのリンクを経由して予約すると約1800円を受け取ることができます。

条件として4000円以上のホテル(2泊×2000円みたいな感じも可能)に宿泊するというものがあるので、マリオットホテルを予約する際に利用していただければ良いかと。

限定10名となっているので、お早めにご利用ください!

>>Booking.comを利用してホテルを予約して1800円を受け取るにはこちらから

 

<スポンサーリンク>

リゾートバイトに関するブログも運営しています→https://resort-shigoto.com

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)