ロブチェ(Lobuche)→ゴラクシェップ(Gorak Shep)。予約した宿が勝手にキャンセルされる。【エベレストトレッキング15日目】




2018年10月15日〜11月4日まで、僕はエベレストトレッキングに挑戦していました。

カトマンズからバスでサレリ(Salleri)という街まで行き、そこからトレッキングを開始。

チュクンリーに登頂したあと、カラパタール・エベレストベースキャンプまで行き、最後はルクラから飛行機でカトマンズに戻るというルート。トータルで21日間のトレッキングになりました。

この記事では、エベレストトレッキング15日目のロブチェ(Lobuche)→ゴラクシェップ(Gorak Shep)のルートをトレッキングした時のことについてまとめています。

エベレストトレッキングの詳細について

エベレストトレッキングの体験談だけでなく、実際に挑戦するにあたって必要な情報もそれぞれ記事にまとめています。

【そもそも、エベレストトレッキングって何なの?という方へ。】

>>エベレストトレッキングとは何なのか?具体的な詳細をわかりやすく解説!

【エベレストトレッキングにかかる費用について】

>>エベレストトレッキングにかかる費用はトータルでいくらなのか?【個人手配の場合】

【エベレストトレッキングに必要な持ち物・装備について】

>>エベレストトレッキングに必要な装備・持ち物についてわかりやすく解説!

【エベレストトレッキング体験談。全21日間の体験談一覧】

>>トータル21日間!エベレストトレッキング体験談。初心者の僕でも行けました!

<スポンサーリンク>

ロブチェ(Lobuche)→ゴラクシェップ(Gorak Shep)のルートについて

ロブチェ(標高4910m)→ゴラクシェップ(標高5150m)

この日のルートは約4.5km。ルートは基本的に比較的緩やかな上り坂。ところどころに崖のような上り坂がある感じでした。

本当は、ゴラクシェプについた当日にエベレストベースキャンプへ行く予定だったのですが、ちょっとしたトラブルで宿のオーナーとケンカしましたw

そのせいもあって、時間が遅くなってしまったので翌日にカラパタールの後に行くことにしました。

 

8時頃にロブチェを出発

朝のロブチェから見る景色は非常に幻想的だった

 

朝8時頃、いつも通りしっかりと朝食を食べてから出発。高山病の症状は一切なく体調はすこぶる良くて一安心。

空の色が少し濃い感じがした

 

この日のルートは4.5kmと短いので午前中には着くだろうと考えていました。

所々、非常に足場が悪かった。

 

ゴラクシェプの街

 

Booking.comでゴラクシェプの宿が予約できる!

Everest Innという宿がBooking.comで予約できる

 

なんと、こんな僻地にある宿がBooking.comで予約できる。しかも、まだ満室ではない。この超ピークシーズンでどこも宿が満室という状況。他の人はガイドを雇っているのでガイドが宿を予約している。

こんな状況の中、Booking.comで予約できるというのは願ってもないことでした。これに気づいたのが、前日の夕方。

僕はすぐに予約。1泊5000円ほどでしたが、また満室と言われてさまようよりマシだと考えたのです。

ということもあり、僕は久しぶりにきちんとした部屋で寝られると思っていてとても楽しみにしていました。

 

11時頃、ゴラクシェプに到着。予約が勝手にキャンセルされていた。

ゴラクシェプの街並み

これは本当に頭にきました。

無事にゴラクシェプに到着して、Everest Innに到着。チェックインの手続きをしようとレセプションに行ってオーナーに話すと。

「あぁ、それキャンセルね。来るの遅い」

と言われたんですね。いやいや、それなんのための予約だよ。ということで、カチーンときました。

すると、オーナーさんは「9時半までにチェックインしないとキャンセルだってメッセージを送った」と言い出したんですね。

確認してみると、確かにそういうメッセージが送られていました。僕が寝ている夜中にですね。

僕:「寝てる時間にメッセージ送っといてそれどういうことだよ?」

オ:「読んでないお前が悪い」

さすがに頭にきた僕は暴れてやろうかと思いましたが、そんなことしても無意味。そして、部屋はすでに満室。

僕は折れました。

僕:「ダイニングでいいから寝かせてください」

オ:「500ルピーね」

と、宿泊費は10分の1になりましたが結局ダイニングで寝ることになりました。

このあと、オーナーは少し悪いと思ったのか、僕が何か食事やドリンクをオーダーするときには少し気を使ったような表情をしてくるのですが、僕は一切の笑顔なし。睨みつけるようにずっとオーナーの顔を凝視していました。

今思うと子供っぽいことしてたなぁと思うのですが、この時ばかりは本当に疲れてたし、ずっと満室と言われ続けてきただけに部屋が事前に予約できて期待大だったので僕は本当にショックだったんですね。

そして、ゴーキョから回ってきたロシア人トレッカーと話をすると、ゴーキョ側もどこも満室でガイドつけてない人は部屋ないよとのこと。

僕は、このあとCho La Passを渡ってゴーキョへ行く予定だったのですが、この一件で心が折れてしまいました。そして、カラパタールとエベレストベースキャンプへ行ったらもう帰ろうと決めました。

なんだかんだ時間は13時。この日はエベレストベースキャンプに行くのを諦めて大人しく宿でぼーっとしてました。

エベレストトレッキングの詳細について

エベレストトレッキングの体験談だけでなく、実際に挑戦するにあたって必要な情報もそれぞれ記事にまとめています。

【そもそも、エベレストトレッキングって何なの?という方へ。】

>>エベレストトレッキングとは何なのか?具体的な詳細をわかりやすく解説!

【エベレストトレッキングにかかる費用について】

>>エベレストトレッキングにかかる費用はトータルでいくらなのか?【個人手配の場合】

【エベレストトレッキングに必要な持ち物・装備について】

>>エベレストトレッキングに必要な装備・持ち物についてわかりやすく解説!

【エベレストトレッキング体験談。全21日間の体験談一覧】

>>トータル21日間!エベレストトレッキング体験談。初心者の僕でも行けました!

<スポンサーリンク>

リゾートバイトに関するブログも運営しています→https://resort-shigoto.com

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro.oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)