デリー郊外の新興都市「グルガオン」は僕らの知ってるインドではない

2017年6月中旬。僕はインド・デリーに滞在しています。今回は、デリー郊外にある「グルガオン」と呼ばれる街について。

インドといえばこんな感じのイメージが多いかと思います。

デリーで利用した宿の近くにて

しかし、グルガオンはそんなインドのイメージとは全く異なる新興都市。ここ10年ほどで急速に発展を遂げたと言われています。

今回は、実際にグルガオンを訪れたので一体グルガオンとはどんな街なのか?というのを記事にまとめています。

<スポンサーリンク>

グルガオンとはどんな街なのか?

インド・デリーの南に位置する新興ビジネス都市

グルガオンはインド・デリーから南西に30kmほどの場所に位置する都市。10年ほど前までは特に何もない砂漠の街だったそうですが、現在ではオフィスビルや大型ショッピングモールなどが次々と建設されインドとは思えない発展した街になっています。

グルガオンにあるショッピングモール

グルガオンの地図はこちら

また、高速道路の整備やメトロの開設にともなって交通の便も非常にいいです。僕はニューデリー駅近くに泊まっていましたが、メトロで40分ほどで到着してしまいます。

ここに住んでいるのは主にインドの富裕層。それから外国からの駐在員が中心です。デリーに駐在の日本人の多くもグルガオンに住んでいます。僕が訪れた時も買い物やランチ、ディナーで訪れていた日本人に遭遇しました。

泊まっていた宿にインドの地方都市在住の日本人がいたのですが、デリーには約5000人の日本人が住んでいるとのこと。そのうちどれほどの割合でグルガオンに住んでるのかはわかりませんが、多くの人がグルガオンに住んでいるのは容易に想像できます。

 

グルガオンへ行くにはメトロが便利

僕はニューデリー駅の近くに滞在していましたので、グルガオンへはメトロを使っていきました。20駅ほどで約40分。運賃は40ルピー。日本円だと70円くらい。メトロなので渋滞に巻き込まれる心配もなく、予定が狂うこともないでしょう。

今回僕が訪れたのは「M・Gロード」という駅。M・Gロード駅周辺には大型のショッピングモールがいくつもありました。

M・Gロード駅

インドのメトロ駅内部やメトロは撮影禁止なので写真はありません。もし、写真を撮ったのがバレたら警備員が速攻で飛んでくるので気をつけましょう。

空港からグルガオンへ行く場合もメトロで行くことができる

デリーの空港からグルガオンへ行く場合もメトロでニューデリー駅経由で行くことができます。地図を見るとだいぶ遠回りですが笑

というわけで、メトロでも行けますが、個人的にはUBERで行くことをオススメします。

>>参考記事:インドでタクシー代わりにUber(ウーバー)を使ったらメッチャ便利だった件

>>参考記事:覚えておくと海外で超便利!頭のいいUBERの呼び方を伝授しよう

 

グルガオンは「住む場所」であって「観光地」として訪れるような場所ではない

グルガオンはみなさんが想像してるような汚らしいインドとはかけ離れた発展してる都市。綺麗なショッピングモール、高層ビルがいたるところに立ち並び、綺麗な格好をした富裕層のインド人や駐在してる外国人で賑わっています。

もし、仕事でインド・デリーに駐在になったとしてもグルガオンに住むのであれば日本とほぼ変わらない生活を送れるでしょう。その代わりインドは物価が低いと言われてますが、ショッピングモール内のものは日本とほぼ変わらない価格帯。

スターバックス、マクドナルドなどのチェーン店をはじめ高級レストランもあります。優雅にランチやディナーを楽しむ環境もそろってます。僕は訪れてませんが本格的な日本食レストランもあるそうですよ!

「住む」ということに焦点を置くなら快適な生活を送ることができるはず。ただ、「観光」として訪れたとしても特に見所はないでしょう。グルガオンはビジネス街。そして富裕層の住む場所であって、観光地ではありません。

とはいえ、「インドにもこのような発展したエリアがあるのか!!」というのをリアルに体験するという意味でも一度訪れてみるのはアリでしょう。時間に余裕があったら一度訪れてみてください。

 

グルガオンで動画を作りました

今回、グルガオンを訪れた際に動画を作りました。僕が訪れたショッピングモールなどを中心に撮っています。最後の方は厳密にはグルガオンではありませんが笑

よかったら見てください!

<スポンサーリンク>

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)