オーストラリアのファーム情報!〜稼げる穴場の街を5つご紹介〜

<スポンサーリンク>

オーストラリアにワーキングホリデービザで滞在している人がビザの期限までに指定地域で農業・酪農業・漁業・林業・建築業・炭坑業で合わせて88日間以上。もしくは上記の業種1雇用主のもとでフルタイム契約で3ヶ月以上所属すると申請する事ができます。※ほとんどの方がカジュアル契約なはずです。余裕もって100日くらい働いた方が無難です。

セカンドビザ取得目的でファームで働く場合に、資金に余裕のある人は働けさえすれば賃金は低くてもいいという人はいるかもしれません。

ただ、僕が見てきた中でファームで働いてる人って金欠の人が多いような気がします。今回は意外に知られていないオーストラリアのセカンドビザが取得できる穴場の街を紹介します。

<スポンサーリンク>

NSW州 Young (ヤング)

5d611f436598ebf8d35d748404067f83 66a587abbc0abbd3457258f6eec59c48

 

仕事内容

チェリーピッキング・パッキング。プラムのピッキング

 

シーズン

チェリー

10月下旬〜12月中下旬

プラム

2月〜3月

 

車の必要性

必須です。車を持ってないと基本的に仕事はできないと考えてください。

 

宿について

街中にシェアハウスたくさんあり。平均$100/wくらいです。キャラバンパークもあります。

 

賃金・労働時間

ピッキング

歩合制、一箱12ドル。平均10〜15箱ほど。早い人は30箱を超える。毎日6時〜14時の8時間。ただし、天気によります。雨だとオフです。

パッキング

時給21.5ドルくらいです。(僕はピッキングだったので正確には分かりません。)時間帯はわかりませんが1日8時間労働です。

 

チェリーで稼ぐための注意点

チェリーピッキングに関して最初の数日間は慣れないでしょう。僕は初日4.5時間で3箱でした。ただ、一週間もすれば慣れます。慣れてからは1日15〜20箱作っていました。

チェリーは基本的にシーズンが1ヶ月くらいです。初めてチェリーピッキングをすると慣れて稼げる頃にシーズンが終わるということになります。なので、もしチェリーピッキングで稼ぎたいのであれば、いくつものファームを渡り歩きましょう。一度経験しておくとチェリーは稼げます。

>>ファームの仕事で稼げると噂のチェリーピッキングがなぜ稼げないかを説明するよ!

 

マイステージという留学エージェントでも申し込めるけどやめたほうがいい

僕はシドニーにオフィスがあるマイステージに申し込んでチェリーピッキングに参加しました。エージェント経由だと大変な事になります。必ず車を買って自力で行く事をおすすめしますね。

「毎年恒例の〜・・・」なんて感じでチェリーピッキングの募集が書かれていたら注意して下さい。ローカルジョブの手配を行うエージェントで、こちらの方は問題ないし頼っても全く問題ないと思います。評判もいいです。

チェリーファームの案件だけはやめた方が無難です。詳しくは「留学エージェント「マイステージ」が紹介するチェリーピッキングに参加したら大惨事にあったので全て暴露することにした。」の記事に詳細をまとめているので興味のある方はどうぞ。

Youngでは2月初旬からプラムのピッキングが始まるそうです。期間は1ヶ月。こちらは僕が実際に働いたわけではないので聞いた話になりますが、歩合制で慣れれば1日200ドルくらい稼げると仲良くなった人に言われました。いずれにしろ悪くはないでしょう。

 

QLD州Mundubber(マンダベラ)

3f8acb837b38a17aff0b5c02c32bd4af 96b3f37d76eab0f3d6917fe973580709

 

仕事内容

グレープピッキング&パッキング

シーズン

12月初旬〜1月中旬

車の必要性

ピックアップがあるのでなくても平気。あったら便利です。

賃金・労働時間

一箱3.5ドル 1日40〜70箱が相場 早い人は80箱超。5時〜14時の9時間です。

Mundubberは車を持っていない人にオススメ。というのも、ここは年中仕事があります。もちろん、行ったからといって誰もがすぐに仕事をもらえるわけではありませんが・・・

 

シーズン

マンダベラは一年中仕事があります。僕がグレープのピッキングしかやってないんですけど、シーズン一覧は以下のようになります。

2月:マンダリン間引き

5月〜9月:マンダリンピッキング(間に2週間ほど中断期間がある模様)

10月:アスパラガスピッキング

年中:レモンピッキング (キツい&稼げない)

他にもたくさんの野菜、フルーツの仕事がありました。車がなくても問題ないですが、あるとより仕事の範囲が広がるでしょう。

 

宿について

0e9b869574eec7b491eb718b6bb6c8f2

 

上記の写真で囲った二つのキャラバンパークからピックアップがあります。

Three Rivers Caravan(下の方) →リンクはこちら

もう一方はビッグマンダリンと呼ばれているのかな?ごめんなさい。詳細は分かりません。このキャラバンパークについて他の方が書いた記事を見つけたのでそちらを参考にして下さい。→マンダベラに来い part1

 

QLD州Gayndah(ゲインダー)

上記で紹介したMundubberの隣町です。

370cdaa9d788eb70b450bfe2b6f16b41

仕事内容

マンダリンピッキング・パッキング。レモンピッキング・パッキング

 

シーズン

ゲインダーもマンダベラと同じように1年中仕事があります。

1月 マンダリン間引き

3月末〜9月 マンダリンピッキング(7月に中断期間2〜3週間あり)

11月〜1月初旬 スイカのピッキング(Gayndahから30Km離れたBan Ban Springs という場所です。)

 

車の必要性

必須。車がないと基本的に仕事ができないと考えてください。詳細を言うと、車がない場合も仕事ができなくはないです。

仕事を紹介するジョブセンターに行くと仕事を紹介してもらえるのですが、車がある人優先で紹介されます。残席がある場合に、そこに車を持ってない人が紹介をされる形です。車の所持者と個人的に金銭のやりとりをしてピックアップをしてもらいます。

賃金

パッキングについては時給制という事以外詳細が分からないので割愛します。

マンダリン間引き

時給21ドル 1日7時間 週5日

※ファームによって全く違います。全く休みのない所もあれば歩合制の所もあります。

ピッキング

マンダリン(インペリアル)・レモン:1ビン80〜100ドル

マンダリン(マーコット):1ビン50〜60ドル

※ファームによって違います。

※マンダリンはインペリアルとマーコットの2つの種類があります。中断期間前にインペリアル。中断後にマーコットです。ビンは約1mサイズの立方体の形をしたものです。

ちなみにビンに書かれた「Gaypak」はパッキングの会社だと思うので頭の片隅にでも入れてくれたら役に立つかもしれません・・・

20150306_153800-e1453180953496-1024x614

 

マンダリンのピッキングは1日300ドル稼げる

インペリアルは1日3ビンは作れます。頑張れば4ビン。6時〜17時で雨の日以外はあります。1日300ドル程度です。ハンパ分は翌日に繰り越しです。なので、僕は3ビン→4ビン→3ビン・・・みたいな感じでした。

>>ファームで絶対に失敗したくない?だったら、車を買ってGayndahに行けばたくさん仕事があるよ!

マーコットはやっていないので分かりません。ただ、インペリアルより実が大きいので、1日5〜6ビン作れるという話は聞きました。

 

レモンピッキングは稼げないので、セカンド目的だと割り切った方がいい

レモンは10時〜17時。1日1.5ビンがいい所でしょう。朝露に弱いらしく、乾いてから仕事開始です。マンダリンより茎が固く、トゲがたくさん。二度とやらないでしょう。ただ、仕事は年中あるらしいです。シーズンの狭間のつなぎの仕事としてはいいかも!

>>ファームで稼ぎたいそこのあなた!レモンピッキングは絶対にやってはいけない

 

スイカは安定してるけど、仕事はハード

スイカに関しては時給21ドル?1日8時間。死ぬほどキツいらしいです。(同じキャラバンパークに住んでいたイギリス人のムキムキマッチョな友達が働いていました。女性はスイカを拭くだけなので、非常に楽みたいですね。

 

宿について

Riverview CaravanPark:ここの宿のオーナーのステイシーさんが仕事の紹介もしてくれます。→リンクはこちら

キャビンは一人当たり週100ドル、5人まで。少しひろい家みたいなのが週250ドル、カップル用です。テント泊は週70ドル。バッパーは1人部屋が週160ドル、ツイン、ダブルは週200ドルです。

他にもシェアハウスなど多数あり。

大事な事ですが、この街では車は必須です。僕が行った年は、たまたま運が悪く日本語を流暢に操る韓国人の方が日豪プレスで仕事を紹介するという条件で自分が運営するシェアハウスを紹介していました。

※Gayndahは韓国人に有名な街だそうです。

ただ、なかなか思うようにいかなかったようで全員には仕事を紹介できなかったようです。車を持たないたくさんの日本人が途方に暮れて結局Gayndahを出て行きました。

中には僕を頼る人もいましたが、はっきり言って大迷惑でしたね。車を持っていない方はGayndahではなく、Mundubberに行きましょう。Gayndahは稼げますが、車必須です!

 

WA州Broome(ブルーム)

ブルームは真珠の養殖で有名な町です。真珠の養殖をここではパールファームと呼んでいます。

1db388c26f5491f1edbd32705d5c579e 7bc09fb8fcabd7e821c0b5a0911644f6-1024x469

 

仕事内容

真珠の養殖に従事。従業員の世話をするポジションもあり(キッチンハンドなど)

 

シーズン

4月から募集開始

5月からぼちぼち仕事が始まる

6月〜10月本格的なシーズン

 

賃金

時給24ドルです。

 

参考資料

これは僕がBroomeに滞在した時にネットカフェでたまたま見つけたものを写真で撮ったものです。(許可はきちんともらいました。)

一番上の会社はダーウィンです。ご注意を!

20141023_141541-e1453184414402-614x1024

 

会社の方と連絡をした際のやりとり

これは上記の写真の真ん中の会社とメールでやり取りしたときの内容です。

セカンドビザの対応の確認も行いました。対応していますので安心して下さい。

 

89b0e5db436d8dcb03c7fa98f41f40c3

 

参考HP→Clipper Pearls

ブルームはローカルの仕事も見つかりやすく、稼げる街でもある

Broomeはセカンドビザ目的でなければローカルジョブが非常に手に入りやすいことでも有名です。賃金も高いです。ホテル、レストランはもちろんウールワースやコールスなどのスーパー。マクドナルドなどのチェーン店でもワーホリの人がたくさん働いています。3月中旬〜末に行って仕事を探すと見つかりやすいですよ!

>>ブルームで仕事を見つけたいワーホリメーカーへ。3月中旬に行け!

>>オーストラリア・ワーホリでローカルの仕事を見つけやすい4つの街をご紹介!

Broomeで働く場合は車は必須ではありませんがあった方がいいです。スクーターに乗っている人を多数見かけました。(真珠の場合はいらないと思います。確かではないので会社に直接聞いてみて下さい。)

ブルームはシーズン中になると、どのホテルも満室状態が続くので事前に予約しておくことをオススメします。

ちなみに僕が滞在したのはBeach of Broomeという宿です。ケーブルビーチから歩いて2,3分くらいの距離にあります。無料Wifiもあるし、キッチン、バスルームも綺麗です。ただ、キッチンは夜10時以降使えませんでした。それ以外は特に不満もありませんでしたね。ここは朝食付きで、食パン、果物、シリアル、ドリンクが無料で付いてきます。

Broomeにあるその他のバックパッカーホテルは町の中心部に近いKimberley Club Yha Backpackers。Beach of Broomeから歩いて数分の場所に位置するCable Beach Backpackersがあります。

ホテル検索サイトで格安料金をチェック!

>>Agoda.com

>>エクスペディア

>>Hotels.com

>>じゃらんnet

>>Booking.com

 

マンゴー、スイカのファームもある

マンゴーは10月からシーズンです。場所などはわかりませんがブルーム周辺にもファームはあります。

スイカに関しては僕が働いてる職場でこのようなものを見つけたので、ブルームにもスイカのファームがあるんだろうなということで、情報をのせておきます。

 

WA州Karratha(カラサ)

カラサで有名のは稼げると噂のマイニングジョブです。本当に稼げるのでオーストラリア人やニュージランド人がたくさん出稼ぎに来ています。

7eee79a068945773f158a5de9974f44f c83f174156bdd93d569844b533801487

 

仕事内容

天然資源の採掘に従事。「マイニングジョブ」と言われています。マイニングサイトでのお仕事はセカンドビザ対象。マイニングサイトで働いてる労働者のお世話をするポジションもあります。僕の職場はこちらになります。ただ、ほとんどの職場がセカンドビザ対象外。

シーズン

特にありません。というより、定まっていません。というのは、年によってハイシーズンの時期がずれます。ハイシーズンの目安は4〜11月ですが、この期間常に忙しいわけではないです。2016年は7月から急に忙しくなりました。年末年始はほとんど仕事ありません。

 

賃金

ライセンスを所持し、マイニングサイトの現場に従事すると時給45ドルが最低ラインです。中には時給100ドルを超える仕事もあるそうですよ!

※Scaffordというライセンスが比較的取りやすいです。多くのワーホリの人が取得しています。このライセンスによる仕事は時給45ドルが相場です。セカンドビザ対応。

ライセンスの中でもオンラインで取れるWhite Cardによる仕事は時給30ドル前後です。※White Cardは他のライセンスとは少し別物として捉えた方がいいです。一部セカンドビザ対応。

その他、マイニングサイトの労働者が住む寮の清掃、食堂でのキッチンハンドの仕事があります。時給24ドル〜30ドルです。

>>出稼ぎワーホリ必見!時給45ドルで働ける高収入マイニングジョブマニュアル in Karratha

 

エージェント一覧

SteelcapWork PacDFP

 

カラサで16ヶ月働いた総収入は10万ドル以上

僕は今ここに住んでマイニングサイトの寮で働いていました。滞在16ヶ月のうち、最初の8ヶ月は街中にあるバーとの掛け持ちで働いていました。。収入は掛け持ちで週給2000ドル前後。8ヶ月で4万ドル貯まりました。

>>オーストラリア・マイニングの街「カラサ」はマジで稼げる!今回は給料明細を公開することにした。

8ヶ月が過ぎて、目標だった4万ドルが貯まってからは掛け持ちをやめたんですね。さすがにキツいので。カラサで計16ヶ月働き、総収入は10万ドルを余裕で超えました。おかげさまで追徴課税を取られたんですよね・・・

evernote_snapshot_20160922_193432

 

カラサもBroomeと同じでセカンドビザにこだわらなければ他にもホテル、スーパーマーケット、レストランなどのいわゆるローカルで簡単に働けます。時給も高いです。Broomeよりさらに高いです。僕は6月に到着し、3日で仕事は見つかりました。物価も恐ろしく高いのでご注意を!

>>オーストラリア・ワーホリでローカルの仕事を見つけやすい4つの街をご紹介!

Karrathaで働く場合は車必須です!車がないと仕事も生活も厳しいです。

 

ファームで稼ごうと思わないほうがいい

ファームって不確定要素が多いです。天候だったりシーズンの良し悪し。コントロールできない要素が多いんですね。なので、個人的にはファームで稼ごうとは思わないほうがいいと考えています。

稼ぎたければ6ヶ月ルールが解除されたエリアに行け!

オーストラリアで稼ぎたかったら入国後すぐにファームで働いてセカンドビザを取得しましょう。そして、半年制限が解除されたエリアで対象の職種の仕事を見つけて1年半働き続けましょう。これがベストだと考えています。

僕自身もカラサのマイニングサイトの寮で16ヶ月間働き続けました。同じ職場で働き続けると、信頼もされるのでシフトをたくさん割り当ててくれるようになります。もちろん、職場に貢献していることが前提ですよ?

>>ワーホリ生活が終わったので、これからワーホリをする人に伝えたいことを書いとくよ!

それから英語での意思疎通が取れることは前提です。不安な方はスマホに英語の辞書をダウンロードしておくと便利です。いざという時にサクッと調べることができるので。

というわけで、この情報が役に立ってくれれば幸いです。

<スポンサーリンク>

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)



11 件のコメント

  • はじめまして!先週、ワーホリでケアンズに着いたばっかりです。初めにセカンドビザを取りたくて、ネットでいろいろ調べてたら、ここに辿り着きました!もう5月に入るので、ファームのお仕事の情報が少なく、困ってました><
    Mundubberaとbroomeどちらかに挑戦したいのですが、真珠のお仕事ゎ女性でも出来るものなんでしょうか? お返事お待ちしております。よろしくお願いします♬*゜

    • はじめまして!
      真珠の仕事は基本力仕事なので男性がメインだと思います。ただ、1回のローテが2週間くらいの船上生活なので、シェフなどの身の回りの世話をするポジションもあると聞きました。韓国人の女の子が船でキッチンハンドをしたっていう記事をだいぶ前に読んだことがあります。ひとまず会社に直接問い合わせてみてください。

      • お返事有難うございます!
        会社に問い合せてみて、ダメだったらファームジョブに絞って探して見ようと思います♬*゜ 貴重な情報ありがとうございました!(^^)

  • こんにちわ!ブログ読ませていただきました^^
    来週ゲインダーに向かおうと考えているのですが、やはり車は必需なのでしょうか??
    今ゲインダーにいるコリアンいわく(全然知り合いじゃない方なのですが)、車がなくてもファームがピックアップしてくれることもあるよ!と言われたのですが、どうなのでしょうか??
    ご返事いただけると嬉しいです!

    • 初めまして!そして、ブログを参照していただきありがとうございます。

      ゲインダーでファームがピックアップしてくれるというのは僕が滞在していた時は聞いたことがありません。ただ、一つ心当たりがあります。

      基本的に、ゲインダーで仕事を探す場合は街中にあるジョブセンターに行って登録をするのですが、その時に車の有無を必ず聞かれるはずです。もし、持ってない場合は同じファームで働く車を持っている人を紹介してもらい、そこで個人的に一日いくら払うなどを約束することになります。相場は一日$5です。なので、それを考えれば車はなくても何とかなるかもしれません。ただ、デメリットとしては、マンダリンのピッキングはいつでも帰っていいので、車の所持者が今日は気分が乗らないから早く帰るなんて言い出したらその日は早く帰らないと行けないし、その人がファームを辞めたら他にピックアップしてくれる人を見つけない限り自分も辞めないといけません。また、ジョブセンターとしては車持ちに対し優先的に仕事を与えるのでなかなか仕事が見つからない可能性もあります。

      ゲインダーは100以上のマンダリンファームがあるそうなので、中にはピックアップしてくれる所もあるかもしれませんが、僕が滞在した半年間でゲインダー内でピックアップしてくれるファームというのは聞いたことがありません。車を持っているとジョブセンターは最優先で仕事を回してくれるので良いファームに当たりやすいです。

      あと、ゲインダーは韓国人に人気で、韓国の食料店や韓国人専用の寮があるくらいです。なので韓国人とのつながりは大切にした方が良いですよ!

      それから、来週ゲインダーに行くということですがおそらく時期としてはベストだと思いますよ!すぐには始まらないかもしれませんが、3月末に行けばまず仕事は見つかるはずです。僕が行ったときは4月5日にどのファームも一斉に開始でした。

      分からない事があればまた連絡下さい!

      • ご丁寧に返事ありがとうございます!!
        コリアンの方もゲインダーのエージェントにいえば車持ってる人に頼んでくれると言ってました!
        でもやっぱりそういうリスクがありますよね。。
        ちなみにブリスベンからゲインダーまでの交通手段とかありますかね、、?

        • バンダバーグから3日に一本バスが出てるっていう話を聞いたことがありますよ!ブリズベンからバンダバーグは確か鉄道かなにかありませんでしたっけ?

          • やはりそうなんですね!
            シドニーから行くとなるとかなりの長旅になりそうですね、、笑
            家の方はキャラバンとシェアどちらでしたか?

  • こんにちは。
    ワーホリで10月にメルボルンに来ましたかおりです。
    今はまだメルボルンにいるのですが、3月初めにセカンドを取るためにどこかに出ようと思ってマイニングの清掃、キッチンハンドなどについて調べてたらたどり着きました。
    ファームも考えていたのですが、ファームジョブにしても仕事をつかむまでの流れがよくわかってなくて困ってます。。
    遼太郎さんはKarrathaのバッパーでしごと(エージェント)を見つけたのですか?今の時期は仕事はあるのでしょうか?
    もしよろしければ教えてください!
    ちなみに車はないですが、現地で安ければ買うことも考えてます。

    • Kaori様

      初めまして!
      ファームジョブも流れが分からないと仕事を見つけるのは難しいですよね・・・
      マイニングサイトの清掃やキッチンハンドですが、僕は現地で地道にレジュメを配って見つけました。Karrathaにはバッパーといわれる宿が一応あるみたいですが、ドミトリーで一泊40ドルするそうです。ここで働いているワーホリの人はレジュメを地道に配るか、友達の紹介っていうパターンが多いです。エージェントを通すのはマイニングサイトの現場や建設現場で働く人が多いです。
      また、マイニングサイトの清掃、キッチンハンドですがセカンドビザ対象の所は限られています。karrathaで有名どころの大規模な寮は基本的にセカンド対象外です。なので、Karrathaにいるワーホリの中でも比較的多い台湾人なんかはセカンドを取るためにKarrathaを離れてセカンドを取ってからまたKarrathaに戻ってくる人が多いです。男性は建築現場やマイニングサイトで仕事を見つけてセカンドビザを取る人もいますが・・・

      現在のKarrathaの状況ですが、今年は例年よりもかなり暇だそうです。というのも、大規模な港の建設がキャンセルになり、1000人単位で雇用されるはずだった労働者が来なかったからです。Karrathaは観光地のように波があるわけではないのですが、一応シーズンは4月からと言われています。僕は去年の6月に着きましたが、すでにハイシーズンでどこも求人だらけでした。ただ、求人だらけとはいえ、基本的には経験者を採用するので,もしホテルやレストランで働いた経験がないのであれば、仕事探しは苦労すると思っていた方が無難です。それでも大都市でローカルジョブを見つけるよりはハードルは低いと思いますが・・・

      あと、車の件ですがもしKarrathaに来るのであればパースあたりで車を買ってから移動した方が良いと思います。車の値段がパースとKarrathaでは2倍近く違うそうです。

      セカンドビザを狙うのであればこの記事にも書きましたがGayndahがおすすめですよ!3月中旬に現地に着けば仕事貰えるはずです。4月上旬でギリギリだと思います。