滝壺がない!?ベネズエラのギアナ高地にあるエンジェルフォールのツアーについて

<スポンサーリンク>

海外旅行の準備は進んでますか?

海外旅行の準備に関するブログはこちら→http://travel-info-backpacker.com

旅行資金を稼ぐならリゾートバイト!

リゾートバイトに関するブログはこちら→https://resort-shigoto.com

世界最大落差 979mを誇るエンジェルフォール。あまりの高さに滝壺がないと言われています。

「そんなわけないでしょ・・・」

そんな方は一度ここに行ってみて下さい。本当に滝壺はありませんでした。滝壺の下でツアー参加者は泳ぐことが出来ます。
IMG_1002-1024x768

 

ベネズエラの治安状況とツアー代金はこちらの記事で紹介しています。僕はロライマ山のトレッキングツアーと一緒に申し込みました。

 

<スポンサーリンク>

エンジェルフォールの場所について

c37398d81b59338ff7938f23b8316fb6

 

エンジェルフォールに行くためには「カナイマ」という街に行く必要があります。そして、「カナイマ」は陸の孤島と言われ、セスナでしか行くことが出来ません。

カナイマに直接行って、そこでツアーを申し込む人もいるそうですが、ほとんどの人はシウダーボリバル、サンタエレーナでツアーを申し込んで、セスナ・ホテルも一緒に手配してもらいます。

ベネズエラの首都「カラカス」でも手配出来るみたいですよ!ツアーの参加者が何人かカラカスで手配してました。僕が利用したのはサンタエレーナにある「backpacekr’s tours」という旅行会社です。

 

ツアーのスケジュール

僕が参加したのは2泊3日のツアーです。そして、その前にシウダーボリバルで前泊。ツアー代金にはサンタエレーンからのバス代、シウダーボリバルでのホテル代金も全て含まれていました。

 

・前泊

サンタエレーナでツアーを申し込んだ僕は夜行バスでシウダーボリバルに向かいます。途中、検問が3回ありましたがパスポートを見せるだけで済みました。一回はバスの外に出されましたけど。外国人はベネズエラでの移動は少し嫌な思いをすることが多いでしょう。

シウダーボリバルに着き、すでに手配されていたホテルに向かいました。ビックリするくらい立派なホテルです。1人1軒?でした。これだけのクオリティーで一泊日本円で2000円。ベネズエラ、大丈夫でしょうか?ビールは一本50円で販売されていました。

IMG_0564-1024x765

 

・初日

朝早く空港に行き、空港内にある旅行会社のスタッフから必要な書類、説明を受けます。このスタッフは英語で対応してくれました。

IMG_0563-1024x765

 

しばらく空港内のラウンジで待機した後にセスナに乗ってカナイマに移動しました。

IMG_0934-1024x768

 

途中の景色

IMG_0936-1024x768 IMG_0938-1024x768

 

カナイマの空港。というより空き地ですね。

IMG_0942-1024x768 IMG_0941-1024x768

 

日本の添乗員付きのツアーの方達とたまたま遭遇しました。

IMG_0944-1024x768

 

カナイマにも迫力のある滝がありました。

IMG_0949-1024x768

 

そして、この裏側を通ります。

IMG_0972-1024x768 IMG_0965-1024x768

 

この滝周辺を散策しました。

IMG_0956-1024x768 IMG_0955-1024x768

 

 

この日はこの後に夕食を食べて、翌日からの予定の説明を受けて終了です。「backpacker’s tours」で申し込むと、全て英語で対応出来るスタッフが同行します。説明も全て英語でした。安いツアーだとスペイン語、ポルトガル語でしか対応してないそうです。

宿周辺では蛍がたくさんいます。なかなか幻想的で僕はずっと蛍の放つ光を眺めていました。

 

・2日目

朝から小型の船に乗ります。4時間かけてエンジェルフォールの麓を目指します。

IMG_0989-1024x768

 

途中、歩いたりもします。

IMG_0986-1024x768

 

3時間くらい進むと、エンジェルフォールが見えてきます。

IMG_0998-1024x768

 

麓に到着

IMG_1000-1024x768

 

ここから一時間かけて歩き、滝壺に向かいます。ちなみに、宿は船着き場周辺です。

滝壺まであと10分くらいの距離にあるポイント。いい景色です。

IMG_1002-1024x768

 

滝壺では写真を取り損ねてしまいました。思いっきり足を滑らせてそれどころではありませんでした・・・

IMG_1010-1024x768

 

この日の宿はこんな感じです。

IMG_1012-1024x768

 

・最終日

朝起きるとガイドがすでに朝食を作ってくれています。その前にコーヒーを勧められ、デプイを前にコーヒーブレイク。

IMG_1016-1024x768

 

この日はカナイマに戻り、そのままセスナでシウダーボリバルに向かいます。シウダーボリバルでは泊まらず、そのまま夜行バスに乗り、サンタエレーナに向かいました。

 

ツアーに必要な物

バックパッカーとして旅をしているのであれば特別に必要なものはないでしょう。ただ、スーツケースで旅をしている人は必ずバックパックを持参しましょう!

・小さく収納できるのは「ノースフェイス フライウェイト リーコン」

サブバックとしてしっかりしたものが欲しい人はこちら。パソコンの収納スペースもありますよ!

まとめ

エンジェルフォールへ行くのに日本からの添乗員付きのツアーでは70万円を超えるというお話を聞きました。現地で申し込むとツアー自体は300ドルくらいです。日本からのチケットを加えても20万円もかからないでしょう。ぜひ、挑戦してみて下さい。本当にいい景色ですよ!

※2017年現在、ベネズエラはハイパーインフレなど経済崩壊によって治安が著しく悪くなっています。なので、しばらくは渡航を控えることをオススメします。

>>参照:ベネズエラの治安は最悪レベル。経済崩壊、ハイパーインフレ。それでも行く?君、死にたいの?

 

【関連記事】

>>ベネズエラのギアナ高地にあるロライマ山トレッキングツアーについて

>>ベネズエラの治安は最悪レベル。経済崩壊、ハイパーインフレ。それでも行く?君、死にたいの?

>>ベネズエラの警察は腐ってる?冷凍バスって本当?僕が行った時はこんな感じでした。

<スポンサーリンク>

リゾートバイトに関するブログも運営しています→https://resort-shigoto.com

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)