プノンペン→ホーチミンをバス移動で陸路国境越え!を詳しくまとめたよ!

2018年1月18日。僕はカンボジア・プノンペンからバスを利用してベトナム・ホーチミンへ移動しました。

所要時間は約7時間。ほぼ予定通り。

というわけで、この記事ではバスでプノンペン→ホーチミンの移動ってどんな感じなの?というのをまとめています。

 

<スポンサーリンク>

バスチケットの入手方法

バスチケットに関してですが、僕は泊まっていたホステルで手配してもらいました。

バックパッカーが泊まるようなホステルであれば、どこもバスチケットの手配くらいはしてくれるでしょう。

ちなみに、僕が利用したホステルはオーラ シィーマティック ホステル(Aura Thematic Hostel)です。

建物内はよく掃除されていて非常に清潔。英語も十分に通じるし、文句なしのホステルでしたよ!

バスチケットに関する情報

プノンペン→ホーチミンのバスは3つのバス会社がありました。

僕が選んだバス会社はメコンエクスプレス(Mekong Express)。

運賃はUS$15。

メコンエクスプレスよりも安いバスはありました。(US$12)

しかし、ホステルのスタッフに言われたのは「メコンエクスプレスは少し高めなので、基本的に旅行者しか乗らない。なので、盗難などのリスクは安いバスよりも低い」とのことです。

3ドルしか変わらないので、安全をお金で買うという意味でもメコンエクスプレスでいいんじゃないかなと思いました。

ちなみに、出発時間は朝です。7:00、8:30の2つ。

そのほかに夜行バスで深夜1:30発のバスもありました。いずれも所要時間は7時間。

 

プノンペン→ホーチミンのバス移動の流れ

ホステルからバスターミナルまでの移動について

ピックアップの車内の様子

ホステルからバスターミナルまでの移動ですが、ホステルで申し込んだこともあり無料でピックアップが来ました。

僕は8時半発のバスを予約していたのですが、1時間前にフロント前のロビーで待っていてくれと言われていたので、時間通りに1時間前の7時半にロビーで待っていました。

ピックアップが来たのは7時45分。15分ほどで来ましたよ!

僕を乗せた後もいくつかのホステルをよってから30分ほどでバスターミナルに無事到着。

ここで、パスポートチェックがあるのでパスポートをすぐに出せるようにしておきましょう。

パスポートチェックの後は10分ほどでバスに乗るよう指示がありました。

その後、すぐに出発。出発したのは定刻通りの8時半。思いの外スムーズでしたよ!

12時頃、カンボジア・ベトナムの国境に到着

出発して3時間半くらいで国境に到着します。

ここで、カンボジア側の出国審査が終わると休憩です。

ちなみに、出国審査の時は皆バスから降ります。そして、スタンプ押してもらってすぐにバスに乗る感じです。

休憩中は食事を取ることができます。

ちなみに、隣は免税店。

なんだかんだ1時間くらいはここで滞在しました。

休憩後、ベトナムの入国審査を経てホーチミンに向かう

休憩後、バスに乗ってすぐにベトナム側のイミグレに到着します。

ここでは、手荷物、預け荷物を全て持って入国審査を受けます。

荷物は空港にあるようなベルトコンベアのX線検査のようなものを通すだけです。

あまり厳しい印象はありませんでしたね。

ホーチミンに到着。バスは「Backpacker St」に停車する。

そして、16時頃に無事にホーチミンに到着。

バスは、Backpacker Stの道端で停車します。だいたいここら辺ですね。

以下の住所は停車位置を正確に表すものではありませんが、だいたいここら辺というものです。

住所:275 Phạm Ngũ Lão, Phường Phạm Ngũ Lão, Quận 1, Hồ Chí Minh, ベトナム

 

以上が、プノンペン→ホーチミンのバス移動の大まかな流れになります。参考になれば幸いです。

<スポンサーリンク>

リゾートバイトに関するブログも運営しています→https://resort-shigoto.com

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)