ベネズエラのギアナ高地にあるロライマ山トレッキングツアーについて

<スポンサーリンク>

海外旅行の準備は進んでますか?

海外旅行の準備に関するブログはこちら→http://travel-info-backpacker.com

旅行資金を稼ぐならリゾートバイト!

リゾートバイトに関するブログはこちら→https://resort-shigoto.com

今回はロライマ山トレッキングについての情報をまとめてみました。ベネズエラと言えば原油の埋蔵量が非常に多くて有名ですが、治安が悪いことでも知られています。ここではベネズエラの事情についても触れながら、ロライマ山のトレッキングツアーについてまとめていきたいと思います。

73aaf9952e3cb2b94f3f5925691b4a30-1.png

 

ベネズエラの治安状況

僕は2014年10月にベネズエラに行きました。その時の情報をここに記します。

警察官が何かしらの言いがかりをつけて外国人から米ドルを取り上げる場合がある。

これは国の財政状況が思わしくなく、公務員に対して給料未払いが続いてるらしく、それで観光客から米ドルを巻き上げるようになったという話を現地で聞きました。ベネズエラの通貨である「ボリバル」の価値がどんどん下がってるので、米ドルを持っている観光客を自身の立場を利用して脅すというのも理由の一つでしょう。

 

闇両替が存在する(アルゼンチンも同様)

IMG_0560-1024x765

僕が行ったときは闇両替で$1=80ボリバルでした。公定レートは$1=6.35ボリバルです。当時で10倍以上の差がありました。

他の旅人の方のブログを見ると数ヶ月前には、$1=800ボリバルまでボリバルの価値が下がったそうです。

 

ベネズエラでクレジットカードを使ってはいけない。

これはクレジットカードを使うと公定レートで計算されるためとんでもない金額を請求されることになるそうです。例えば、最近の闇レートである$1=800ボリバル、外食で8000ボリバル($10)をクレジットで支払うとします。当然8000ボリバルをカード会社から請求されますが、その8000ボリバルは公定レートで計算されるため、8000÷6.35=約1260ドル 日本円にすると約14万円でしょうか。

とんでもないことになります。たった$10の買い物をクレジットで払うと14万円です。ベネズエラのような闇両替がある国でクレジットカードを使うのはやめましょう。銀行での両替、キャッシング、空港等の正規の場所での両替は全て公定レートで計算されます。ベネズエラに入国の際は米ドルを隠して持ち歩きましょう。

 

検問が至る所であり、観光客っぽい外国人は基本的にパスポートをチェックされるなど面倒な事がある。

これは僕もやられました。検問は本当に何回もあります。車を停めて、警察官が中をチェック。観光客らしき人を見つけるとまずはパスポートを要求されます。運が良ければそこまで。悪いと今度は荷物を検査されます。そこで米ドルが見つかると、何かしら理由を付けられて取られることがあるので気をつけましょう。

僕はバスターミナルで警察に捕まって別室に送られましたが、旅の終盤ということもあり運良くお金をほとんど持っていませんでした。何も取るものがなかったのだと思いますが、何も取られずに済みました。これは運が良いだけで、実際に会った旅人の中に$400取られた人もいました。気をつけましょう。

警察が一番タチが悪い

ここの国の旅人に向けた治安というのは警察官に向けられたものだと思ってもらえれば良いでしょう。旅人目線でいうと、この国の警察官は危険です。信用できません。全員というわけではないのでしょうが・・・

<スポンサーリンク>

ロライマ山の場所について

b66cb96dfd7bce1507cc4a14abb65d6f-1

ロライマ山はベネズエラ、ブラジル、ガイアナの3カ国にまたがっています。ベネズエラ側から登るのが一般的みたいですね。ロライマ山トレッキングの起点となるのが、サンタエレーナという街。この街に旅行会社があるので、そこに行くとトレッキングの申し込みが出来ます。もし、数人の団体でガイドを雇うと色々とツアーにアレンジが出来るそうです。実際にやったことないので何とも言えませんが・・・

僕が使った会社はbackpackers toursという会社です。ブラジルとの国境の街サンタエレーナについたらタクシーを捕まえてこの会社名を言えば連れて行ってくれます。そして、旅行会社はbackpackers tours周辺にあるので、もし気に入らなければ別の会社にすれば良いでしょう。徒歩圏に旅行会社がいくつかあります。

 

ツアー代金

他の旅行会社では確認していませんが、この会社ではエンジェルフォールのツアーや他にもたくさんのツアーがありました。テント、マット、寝袋などレンタルできますが、寝袋くらいは自分のを使った方が快適だと思いますよ?

エンジェルフォールツアー
2泊3日 22000ボリバル($275)

ロライマトレッキング
5泊6日 18000ボリバル($225)

その他バス、宿、食事込みで
計約44000ボリバル($550)

200米ドルと約28000ボリバルを払った。

と僕の日記には書かれていました。ボリバルは変動が激しく、あまり参考にならないので、ツアーの価格の横に米ドルも付け加えました。

多少の変動はあると思いますが、米ドルの価格を参考にしてもらえればいいかと思います。

僕は、ロライマ山トレッキングとエンジェルフォールのツアーを同時に申し込んで一括で払ったので$550という金額になりましたが、ロライマ山だけだと$225です。テントなどのレンタル料金を含めても$250くらいだと思ってくれれば間違いないです。

 

ツアーのスケジュール

5泊6日のこのツアーは最初の2泊3日で頂上に到着します。そして、頂上で1泊2日を過ごし、下山に1泊2日といった感じです。登山口までは車で2時間の移動となります。

 

・初日

サンタエレーナから車で2時間ほど移動すると登山口に着きます。

IMG_1019-1024x768

 

ここから約13kmの緩やかな道のりを歩いて初日は終了です。

IMG_0581-1024x765

 

初日のキャンプサイト

IMG_0591-1024x765

 

・2日目

初日より少し急な8kmの上り坂です。

IMG_0592-1024x765

 

2日目のキャンプサイト

IMG_0597-765x1024

 

・3日目

この日はかなり急な4kmの上り坂。最後は崖のような場所を登ります。

IMG_0610-765x1024

 

IMG_0612-765x1024

 

登りきったときの写真

IMG_0620-1024x765

 

キャンプサイトまではここからさらに30分程移動します。テーブルマウンテンなので、頂上と言えどもめちゃくちゃ広い。

IMG_0628-1024x765

 

・4日目

この日は一日中ロライマ山の頂上を散策しました。固有種が数多く存在するこの場所で様々な生き物に遭遇しました。

IMG_0630-1024x1024 IMG_1049-1024x768 IMG_1082-1024x768

 

・5日目

この日から下山。一気に初日のキャンプサイトまで下る。

IMG_1103-1024x768

 

・6日目

サンタエレーナに戻る。

 

こんな感じです。ツアーメイトとは非常に気が合い、ツアー後はみんなbackpackers toursの宿に泊まっていたので飲み会になりました。

ピザが一枚200ボリバル。ビールでも50ボリバルくらいだった記憶があります。当時闇レートでUS$1=80ボリバルです。南米で一番物価が低いのでは?と思いました。

backpackers toursの宿はシングルで一泊450ボリバルでした。US$5.5くらいです。

 

ツアーで必要なもの

バックパッカーとして旅をしているのであれば特別に必要なものはないでしょう。ただ、スーツケースで旅をしているのであれば5泊6日分の荷物が入るようなバックパックが必要です。僕はノースフェイスのバックパックを普段から使っているので、それを利用しました。

 

まとめ

ベネズエラは確かに旅がしづらい場所です。クレジットカードは使えない。だから米ドルをたくさん持ち込むと今度は警察に気をつけないといけない。など面倒です。だけど、ロライマ山はそれを凌駕するインパクトがあります。ぜひ行ってみてください!エンジェルフォールもオススメですよ!

※2017年現在、ベネズエラは経済崩壊やハイパーインフレなどによって治安が著しく悪化しています。なので、しばらくは渡航を控えることをオススメします。

>>参照:ベネズエラの治安は最悪レベル。経済崩壊、ハイパーインフレ。それでも行く?君、死にたいの?

【関連記事】

>>滝壺がない!?ベネズエラのギアナ高地にあるエンジェルフォールのツアーについて

>>ベネズエラの警察は腐ってる?冷凍バスって本当?僕が行った時はこんな感じでした。

>>ベネズエラの治安は最悪レベル。経済崩壊、ハイパーインフレ。それでも行く?君、死にたいの?

 

<スポンサーリンク>

リゾートバイトに関するブログも運営しています→https://resort-shigoto.com

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)