バンコクの「アソーク駅」と「スクンビット駅」から歩いて2分!おすすめドミトリー宿をご紹介

<スポンサーリンク>

海外旅行の準備は進んでますか?

海外旅行の準備に関するブログはこちら→http://travel-info-backpacker.com

旅行資金を稼ぐならリゾートバイト!

リゾートバイトに関するブログはこちら→https://resort-shigoto.com

今回紹介するホテルは「ライブイットアップ (Live It Up)」というドミトリータイプのホテルです。僕はネット予約をしたんですけど、2016年12月初旬の時点で1泊約800円でした。

BTSアソーク駅とMRTスクンビット駅は歩いて1分の距離にあるのでこの周辺の宿を拠点にすると、BTSとMRTの両方を直接使うことができます。非常に便利ということです。

当サイトではアソーク駅・スクンビット駅周辺にある個室の格安ホテルも紹介していますが、1泊3000円くらいです。短期旅行の方にはちょうどいい価格かもしれませんが、世界一周などの長期旅行者には少し厳しいですよね?

というわけで今回紹介するドミトリー宿は

  • 長期旅行などの理由でドミトリーでもいいから宿泊費を抑えたい
  • セキュリティーがしっかりしている
  • 建物内、室内は清潔
  • 便利な立地に泊まりたい

この4条件をすべて揃えたホテルになります。ただし、安さだけを求めるのであれば他にもっと安い宿がバンコクにはあります。

ある程度宿泊費は抑えたいけど、さすがに不便すぎるのは厳しいな・・・そんな方にオススメとなる宿になります。

<スポンサーリンク>

ライブイットアップ(Live It Up)

ライブイットアップ(Live It Up)」はBTSアソーク駅、MRTスクンビット駅から歩いて約2分の場所に位置する非常に便利なドミトリー宿です。

「ライブイットアップ 」の部屋の中をご紹介

今回、僕が泊まったのは8人部屋の男女混合ドミトリー。男女関係なく最大8人で部屋をシェアするタイプの部屋です。

ライブイットアップ バンコク (Live It Up Bangkok)

2段ベッドが4つ。計8人のドミトリー宿

ベッドはこんな感じ。

この他にも女性専用の部屋だったり2人部屋だったりと様々なタイプの部屋がありました。

セキュリティー面について

セキュリティーボックス完備

セキュリティーボックスは付いてました。上の写真にも写ってますが、部屋にロッカーが設置されています。珍しく、南京錠が必要ないタイプでした。ロッカーに4桁のダイヤルロックが備え付けてあり、各自で暗証番号を自分で決めてロックするタイプです。

セキュリティーボックス完備

部屋の鍵はカードキー

写真は撮っていませんが建物・各部屋ともカードキーで入室するタイプでした。なので、部外者は入れない構造になっています。セキュリティー面に関して言えば非常に安心できる宿と言えるでしょう。

コンセントは2つ。日本のプラグはそのまま使える

コンセントは各ベッドに2つありました。非常に良心的です。

各ベッドにコンセントが2つ。ライトも付いている

Wifi完備。全く問題なし

Wifiは完備されていました。スピードに関しても全く問題なし。快適にネットを使うことができました。

朝食は付いてない

朝食は付いてません。ただ、フロント横の共有エリアにあるコーヒーとクッキーはタダです。また、キッチンの左側にある冷蔵庫も自由に使うことができました。(写真右端の冷蔵庫は有料販売の飲み物です。)

キッチンに置いてあるものはタダで飲食可能。

アメニティーは有料

バスタオルの貸し出しが40バーツ。シャンプー・ボディソープはシャワー室に設置されてました。タダで使えます。

洗濯機は1回40バーツ。乾燥機は13分あたり10バーツ。1回あたり52分まで設定可能。洗濯機と乾燥機は1台ずつフロント前に設置されてありました。

僕が泊まった時は常に誰かが使ってるというようなことはありませんでした。昼間は外出してる人が多く、その間が選択する時間帯としてはオススメです。(2016年12月初旬時点)

チェックアウトは12時。チェックインは14時から

ルール上はチェックアウト12時。チェックイン14時からでした。僕は13時半にホテルに到着したのですが、チェックインできました。少しくらいであれば融通が利きそうです。

チェックアウト後に荷物を預かってもらうことができる

どこの宿でもだいたいは対応してますが、ライブイットアップでもチェックアウト後に荷物を預かってくれました。フロント横に置くだけですけど。ただ、常にフロントにスタッフがいるので特に問題はないはず。また、建物自体に部外者が入れない仕組み(カードキーで入館)なので、いずれにしろ問題ないでしょう。

フロント・共有スペースは5階

フロントと共有スペースは5階にあります。

.フロントと共有スペース

共有スペースにはキッチンもある

 

「ライブイットアップ(Live It Up)」への行き方

まず、BTSアソーク駅から6番出口を目指しましょう。ただまっすぐ進むだけです。(MRTスクンビット駅から行く人はBTSアソーク駅に移動して6番出口を見つけてください。)

アソーク駅

6番出口に向かう

Exchange Towerに向かってひたすら進んでください。

Exchange Towerを目指す

Exchange Towerを目指す

そのままずっとまっすぐ進むと橋の上からホテルが見えます。

橋の上から「ライブイットアップ バンコク」が見える

階段を降りたらUターンしてください

階段を降りたらUターンする

しばらく進むと看板が見えます。

20m先右の看板が見える

指示通り約20m先を右に曲がってください。

右に曲がって少し進むと、右側に「Live It Up」と書かれた入口が見えます。ここがライブイットアップの入口です。

 

「ライブイットアップ(Live It Up)」はそこそこ安くて過ごしやすい宿

安さだけに着目すると、バンコクには他にもっと安い宿がたくさんあります。しかし、これだけ便利な立地でセキュリティーもしっかりしている。建物内、室内が清潔に保たれている。「コスパの良い宿」というのが泊まった素直な感想です。

極限まで宿泊費を抑えたい人には向いてません。ある程度宿泊費を抑えるくらいで、多少の快適さも求めたい人にはオススメできると言えるでしょう。

ライブイットアップ (Live It Up)の格安料金をチェック!

>>Agoda.com

>>Expedia.co.jp

>>Hotels.com

>>Booking.com

>>じゃらんnet

<スポンサーリンク>

リゾートバイトに関するブログも運営しています→https://resort-shigoto.com

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)