ラホール→イスラマバードへ移動。Daewoo社のバスが超便利だよ!

<スポンサーリンク>

海外旅行の準備は進んでますか?

海外旅行の準備に関するブログはこちら→http://travel-info-backpacker.com

旅行資金を稼ぐならリゾートバイト!

リゾートバイトに関するブログはこちら→https://resort-shigoto.com

2017年7月4日。僕はインド・アムリトサルからワーガ国境を経てパキスタン・ラホールに向かい、ラホールでは泊まらずにそのまま首都・イスラマバードへ行きました。

今回は、ラホールからイスラマバードへ移動した時のお話です。インド・パキスタンの陸路国境越えについてはこちらの記事を参考にしてください。

>>インド・パキスタンの陸路国境越えを詳しく解説しよう!

今回、僕が利用したのはDaewooというバス会社。パキスタン側のイミグレーションのスタッフに聞きました。Daewooは高いけどめっちゃ綺麗で俺はオススメできる!と言われたので、イミグレからタクシーでDaewoo社のバスターミナルまで直行したんですね。

ラホールにあるDaewooのバスターミナル

というわけで、今回はラホール→イスラマバードの移動のお話で、Daewoo社についても触れていますす。

※2017年7月現在、1ルピー=1.1円です。

<スポンサーリンク>

ラホール→イスラマバードへの移動について

ラホールからイスラマバードへの移動ですが、直行便はありません。ラホールから出ているのはイスラマバードの隣町であるラーワルピンディーという街です。

そして、ほとんどのバックパッカーの方はイスラマバードではなくラーワルピンディーで滞在しています。理由はフンザへ向かうバスターミナルもラーワルピンディーにありますし、ラーワルピンディーの宿は安く、イスラマバードの宿は高いから。

今回、僕はイスラマバードに滞在してみたかったのでイスラマバードに滞在しましたが、特にイスラマバードに興味がなく、フンザへ行く通過点としてしか考えていないのであればラーワルピンディーでの滞在をオススメします。

ラホール・ラーワルピンディー間はDaewoo社のバスがオススメ

最初の方にも書きましたが、Daewoo社のバスを全力でオススメします。高いですが。ラホール〜ラーワルピンディ間を4時間で移動。運賃は1600ルピー。

ラーワルピンディ〜ギルギットの24時間移動で1200ルピーだったのでそれを考慮するとメチャクチャ高いです。その代わりクオリティーは最高級ですね。

バスの内部の様子

これは写真で説明して行きます。

Daewoo社のバスの内部。日本のバスとクオリティーが変わらないです。

座席はふかふか

足元は広いです。ドリンクフォルダー付き

車内食もついてきます。

箱の中身

実際に乗ったバス。

バス車内にはバスアテンダント?の人がいて、ジュースや水が欲しい時に呼べばもらえます。飲み放題でした!

今回、ラホールのDaewoo社の地図上の場所は把握してないのですが、「Daewoo」と書いた紙でも見せれば確実に通じます。僕は、イミグレのスタッフの方に書いてもらった紙をタクシーの運転手の方に見せたらすぐに通じました。

イミグレのスタッフに書いてもらった紙。バスターミナルについて色々教えてもらった

国境を超えて直接Daewoo社のバスターミナルへ行く場合は、タクシーの運転手にDaewooに乗ってラーワルピンディーに行きたいと伝えましょう。それで通じるはずです。

ラーワルピンディ・イスラマバードの移動について

Daewoo社のバスに乗ってラーワルピンディへ行くと到着場所はラーワルピンディにあるDaewooのバスターミナルになります。

ラーワルピンディにあるDaewoo社のバスターミナル

Daewoo社はタクシーサービスもある

Daewoo社はバス以外にもタクシーサービスがあります。今回、僕はそのタクシーサービスを利用しました。料金は890ルピー。前払い方式で追加料金を請求されることはありません。

にしてもメッチャ高い笑

Daewoo社のタクシーチケット

というのも、ラーワルピンディからイスラマバードまではメトロバスがありそれに乗れば20ルピーでイスラマバードまで行くことができます。僕は翌日にバスチケットを買いにイスラマバードからラーワルピンディへ移動した時に使いました。

どうしても節約したい人はリキシャで近くのメトロ駅に行ってそこからメトロバスでイスラマバードへ向かうのがいいでしょう。ただ、たくさんの荷物を抱えての乗車はあまりオススメできません。

イスラマバードにあるメトロ駅

メトロバス

また、現地在住の方が言ってましたがイスラマバードの流しのタクシーはすぐにぼったくってくるから絶対に利用しないほうがいいとのこと。リキシャはイスラマバードに乗り入れ禁止だそうです。確かにイスラマバードにはリキシャが一台も走ってませんでした。

それなら、多少高いけど正規のタクシーを利用したほうがいいだろう。ということで高いけどDaewoo社のタクシーを利用しました。

タクシーを利用してしまえば予約していたホテルまで行ってくれるのであとはホテルにチェックインして移動終了です。

というわけで、今回はラホールからラーワルピンディーを経てイスラマバードへ行ったときの詳細でした。パキスタン旅行をする方に役立てば幸いです。

<スポンサーリンク>

リゾートバイトに関するブログも運営しています→https://resort-shigoto.com

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)