ロンドンで僕が利用した4ヶ所のおすすめドミトリーホステルをご紹介!

イギリスの首都ロンドンに滞在した際に利用したホステルをこの記事で紹介しています。

ロンドンは非常に物価が高いことで有名で、ホテルも例外なく非常に高いです。

個人旅行で個室のホテルに泊まろうとするなら1泊1万円は払う必要が出てくるでしょう。

というわけで、僕は今回ドミトリーのホステルを利用しました。ドミトリーでも1泊2000円弱が最低ラインですね。

今回は4つのホステルを利用したので、その4つのホステルについてそれぞれ紹介していきます。

 

<スポンサーリンク>

YHAロンドンセントラル

ロンドン中心部にあり、観光するには最高の立地。

特に大英博物館へは歩いて行ける距離ですよ!(歩いて15分くらいかな。歩けるとは言ってもちょっと遠い。)

また、後ほど紹介するVia Limehouse Hostelよりは高いけど、ロッカーが無料で使えます。

南京錠は各自で用意があり。タオルなどのアメニティは有料で貸してくれます。

また、近くに安く外食できるところがいくつかあります(それでも1000円近くするが)

地下にはキッチンもありなので自炊可能。個々に食材を保管するロッカーもあります。

ネット環境はイマイチ。共有エリアでしか利用できないうえに、遅いです。

しかし、トイレやシャワー室など基本的に清潔に保たれていて、特に嫌な思いをすることはありませんでした。

朝食は有料で1日あたり5.5ポンドくらい。内容は僕が滞在した時は、コンフレーク、食パン、クロワッサンなどのパン。フルーツ、ヨーグルト。飲み物は牛乳、オレンジジュース、りんごジュース、コーヒー。

ドミトリーにしては高めですが(僕が宿泊した時は1泊20ポンドなので、約3000円くらい)、便利な立地を優先する方、清潔さを優先するのであればおすすめできます!

YHAロンドンホステルの要点

良い点

・ロンドン中心部、最高に立地が良い。

・無料でロッカーが使える

・キッチンが広い

・ホステル全体が清潔に保たれている

・各ベッドにコンセントあり

悪い点

・宿泊費が高い

・ネット環境がイマイチ。部屋では使えず、共有スペースのみで利用可能。(ただし、周辺にいくつもカフェがあり、そこでネットが使える)

YHAロンドンホステルの予約について

>>Booking.comでホステルを予約する

>>Agodaでホステルを予約する

場所について

住所

104 Bolsover St, Fitzrovia, London W1W 5NU

最寄駅

・Goodge Street:徒歩10分

・Great Portland Street:行ってないのでわからないが、Goodge Streeより近いので10分以内には着くでしょう。

 

Via Limehouse Hostel

YHAロンドンセントラル(以下YHAと表記)と比べるとかなり安いです(僕が宿泊した時は1泊11ポンドだったので、1700円くらい)。周辺に安く外食できるところはありません。

朝食は3.5ポンド。内容はYHAよりもショボいですね。食パン、チーズ、ハム、コンフレーク。飲み物はオレンジジュース、コーヒー。

歩いて10分〜15分くらい歩けばファーストフード店あり。15分くらい歩くとマクドナルドがあります。

マクドナルドはセットメニューで6ポンドほどなので、900〜1000円ってところでしょう。

食費を安く済ませるには、スーパーが近くにあるので、そこでサンドイッチやお菓子を買うくらいですかね。もしくは自炊するか。

スーパーの隣にはカフェがあります。

キッチンは狭く、非常に汚い。正直、使おうとは思えないほどです。

ロッカーは1日あたり2.5ポンドかかるが、それを加えてもトータルの宿泊費はYHAよりはるかに安いです。

立地は可もなく不可もなくで、観光地から遠いわけではないけど、YHAよりは不便。

ネット環境はYHAよりはマシ。部屋でもネットは使えるが、時々ネットが遅くなるときがあります。

トイレは僕が滞在した時は正直汚いことが多いですが、その時の宿泊者による部分が大きいかなと。

清潔さを求めるなら、多少高くてもYHAの方が良いかと思います。

Via Limehouse Hostelはロンドン内でも激安に部類するホステルなので、とにかく安く泊まりたい人にVia Limehouseはおすすめできます。

Via Limehouse Hostelの要点

良い点

・宿泊費が安い

悪い点

・立地が中心部から離れているので観光するには不便

・あまり清潔ではない。特にキッチンはひどい。

・ロッカーが1日あたり2.5ポンドかかる

・コンセントがないベッドもある

Via Limehouse Hostelの予約について

>>Booking.comでホステルを予約する

>>Agodaでホステルを予約する

場所について

住所

De Paul House, 628 – 634 Commercial Road, London E14 7HS

最寄駅

Limehouseから徒歩5分くらい。

 

Smart Russell Square Hostel

地下鉄のPiccadilly線のRussell Square駅から歩いて2分くらい。ロンドンの中心部であり、なおかつヒースロー空港から乗り換えなしで行けるので、非常にアクセスが良いです。

立地を重視したい人には非常にオススメできます。

しかし、部屋は上2つとは比べものにならないくらい狭いです。スーツケースをまともに広げることすらできない感じ。

そして、なんと3段ベッドw

僕は3段ベッド3つの9人部屋に宿泊していました。ロッカーは有料で1日1ポンド。部屋のカードキーで開ける珍しいタイプ。

本当に泊まるだけならいいかなぁといった感じです。各ベッドにコンセントは付いています。

そんなホステルなのですが、ネット環境は上2つのホステルと比べると比較にならないほど良いです。

夜の9~11時頃はたくさんの宿泊客がネットを利用しているせいか、つながりにくい時もありましたが基本的には全く問題ないでしょう。

そして、清潔さに関しては悪くはないかなといった感じ。

ロンドン中心部で寝るだけでいいから安く泊まりたい人におすすめですね!

Smart Russell Square Hostelの要点

良い点

・ヒースロー空港から地下鉄を使って乗り換えなしで行ける上に、駅から近い

・ロンドン中心部で観光に適している

・ネット環境が良い

・ほどほどに清潔

・ロンドン中心部にしては圧倒的に安い

・各ベッドにコンセントあり

悪い点

・ロッカーの利用は1日1ポンド

・3段ベッド。気にしない人は特に問題ないでしょう

・部屋が狭すぎる

Smart Russell Square Hostelの予約について

>>Booking.comでホステルを予約する

>>Agodaでホステルを予約する

場所について

住所

71-72 Guilford St, Bloomsbury, London WC1N 1DF

最寄駅

Russell Square駅から徒歩2分ほど。

 

Generater

地下鉄のPiccadilly線のRussell Square駅から歩いて5分くらい。ロンドンの中心部であり、なおかつヒースロー空港から乗り換えなしで行けるので、非常にアクセスが良いです。

上で紹介したSmart Russell Square Hostelと最寄駅は同じです。

ドミトリーにしては少し宿泊費が高めの印象。その代わり施設は清潔&非常にハイクオリティ。

残念なのは、電源が各ベッドにないこと。ここまでハイクオリティなホステルでこの欠点は、非常に残念すぎるw

僕の個人的な意見ですが、宿泊費を無視すればこの記事で紹介しているホステルの中ではダントツでおすすめです。

受付と同じフロアにある共有エリアにはバーも併設されている。なので、飲みに行った後にそのまますぐに部屋に帰ることが可能。

多少うるさいが、このエリアにあるテーブルには電源が設置されていて、いつでも充電可能。

ネット環境は全く問題なし。動画もサクサク見ることができました。

Generaterの要点良い点

・非常に清潔

・飲食店が併設されている

・部屋が広い

・ロッカーが無料

・共有エリアの各テーブルにコンセントがある

悪い点

・宿泊費が高め

・コンセントが各ベッドにない

・飲食店が夜うるさい

場所について

住所

37 Tavistock Pl, London WC1H 9SE イギリス

最寄駅

Russell Square駅から徒歩5分ほど。

<スポンサーリンク>

リゾートバイトに関するブログも運営しています→https://resort-shigoto.com

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)