ペリチェ(Pheriche)→ナムチェ(Namche)。下山はやはり早い。【エベレストトレッキング18日目】




2018年10月15日〜11月4日まで、僕はエベレストトレッキングに挑戦していました。

カトマンズからバスでサレリ(Salleri)という街まで行き、そこからトレッキングを開始。

チュクンリーに登頂したあと、カラパタール・エベレストベースキャンプまで行き、最後はルクラから飛行機でカトマンズに戻るというルート。トータルで21日間のトレッキングになりました。

この記事では、エベレストトレッキング18日目のペリチェ(Pheriche)→ナムチェ(Namche)のルートをトレッキングした時のことについてまとめています。

エベレストトレッキングの詳細について

エベレストトレッキングの体験談だけでなく、実際に挑戦するにあたって必要な情報もそれぞれ記事にまとめています。

【そもそも、エベレストトレッキングって何なの?という方へ。】

>>エベレストトレッキングとは何なのか?具体的な詳細をわかりやすく解説!

【エベレストトレッキングにかかる費用について】

>>エベレストトレッキングにかかる費用はトータルでいくらなのか?【個人手配の場合】

【エベレストトレッキングに必要な持ち物・装備について】

>>エベレストトレッキングに必要な装備・持ち物についてわかりやすく解説!

【エベレストトレッキング体験談。全21日間の体験談一覧】

>>トータル21日間!エベレストトレッキング体験談。初心者の僕でも行けました!

<スポンサーリンク>

ペリチェ(Pheriche)→ナムチェ(Namche)のルートについて

ペリチェ(標高4200m)→ナムチェ(標高3440m)

この日は約19kmの移動。エベレストベースキャンプの手前にある街「ゴラクシェプ」からわずか2日でナムチェに到着です。

ついでに言うと、翌日はルクラまで移動なのでゴラクシェプからなんと3日でルクラに行ってしまいました。

登るときはあれだけ時間がかかったのに降りるのは一瞬です。

 

8時頃にペリチェを出発。17時にナムチェに到着。

いつも通りのルーティンですね。エベレストトレッキング全日程の中で8時出発が一番多かったような気がします。

6時半に起きてしばらくグダグダして、7時から朝食食べて7時半から出発の準備をして8時に出発する感じですかね。

下山中は早くカトマンズに戻りたい一心なのと、一度通った道ということもあり、写真をあまり撮らなかったように思います。

この日も順調に進むことができました。結局ナムチェの宿に着いたのは17時頃。ナムチェには16時半には着いていたのですが、ナムチェに入ってから道に迷いましたw

この日は、登る際にも利用したカラパタールロッジに宿泊。今回はちゃんと部屋が空いていたようで、1泊500ルピー。

ロッジのことはこちらの記事に書いています。

>>ヌリングガット(Nurning Ghat)→ナムチェ(Namche)着く頃には真っ暗に。【エベレストトレッキング 6日目】

翌日にルクラへ行くとオーナーさんに伝えると、なんとルクラにもロッジを所有しているとのことで、そのロッジの部屋を1部屋押さえてもらいました。そのロッジは、「Khumbu Resort」という宿です。

ピークシーズンで部屋がなかなか空いてないですからね。これは非常にありがたかったです。

エベレストトレッキングの詳細について

エベレストトレッキングの体験談だけでなく、実際に挑戦するにあたって必要な情報もそれぞれ記事にまとめています。

【そもそも、エベレストトレッキングって何なの?という方へ。】

>>エベレストトレッキングとは何なのか?具体的な詳細をわかりやすく解説!

【エベレストトレッキングにかかる費用について】

>>エベレストトレッキングにかかる費用はトータルでいくらなのか?【個人手配の場合】

【エベレストトレッキングに必要な持ち物・装備について】

>>エベレストトレッキングに必要な装備・持ち物についてわかりやすく解説!

【エベレストトレッキング体験談。全21日間の体験談一覧】

>>トータル21日間!エベレストトレッキング体験談。初心者の僕でも行けました!

<スポンサーリンク>

リゾートバイトに関するブログも運営しています→https://resort-shigoto.com

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro.oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)