ワーホリを「目的」にすると絶対に失敗するよ

ワーホリは目的ではなく手段です。
<スポンサーリンク>

海外旅行の準備は進んでますか?

海外旅行の準備に関するブログはこちら→http://travel-info-backpacker.com

旅行資金を稼ぐならリゾートバイト!

リゾートバイトに関するブログはこちら→https://resort-shigoto.com

ワーホリで海外に行く人にはそれぞれ目的があります。英語を話せるようになりたい。海外生活を体験してみたい。日本を離れたい。それからお金を稼ぎたいという人もいるでしょう。

でも、時々ワーホリをしたいって言う人がいるんですよね。なんていうか、意味がわからないんですよね。ワーホリって目的になるの?という部分にです。

今回は、ワーホリとは何なのか?という根本的な部分についてまとめます。

<スポンサーリンク>

ワーホリとはお試し永住権のようなもの

ワーホリってワーキングホリデーの略名です。そして、ワーキングホリデーってワーキングホリデー「ビザ」のことなんですよ。単なるビザの名前です。

国によって多少のルールは違いますが、大まかには以下のようなものです。

  • 年齢制限(18〜30歳)がある ※一部に国では異なります
  • 一生で一つの国につき一回しか取得できない
  • 就労許可が付いてる
  • 1年間の滞在が許可されてる ※一部に国では異なります

要するに1年間の滞在ができて、その期間働くことができるんですね。取得に年齢制限、回数制限があるだけで。ただ、それだけなんですよ。

 

ワーホリを目的に海外へ行く人は現地で何をすればいいのかわからなくなる

僕の持論ですけど、ワーホリを目的にすること自体がそもそも間違っています。だって、その与えられたルール内であなたは何をするんですか?という部分が全くないですよね?

ワーホリで現地に行っても誰かが何かしてくれるわけではないです。就労許可の降りた1年間のビザってだけですし。なので、ワーホリを目的に海外に行く人は現地でムダに時間が過ぎていくだけですよ?それか、そのムダさに気づいてすぐに帰国する人も多いのでは?と思います。

 

ワーホリは目的を達成or解決するための手段のうちの1つ

ワーホリって結局は何か目的を達成するための手段のうちの1つなんですよ。「1年間の就労許可が下りたビザ」を使ってあなたは海外で何をしたいんですか?ということですよね?

 

僕の場合は英語圏で働いて、なおかつお金を貯めたいという目的があった

例えば、僕の場合は大学の学費を稼ぐ。そして、できたら旅の資金を稼ぎたい。こういった目的があってワーホリでオーストラリアへ行きました。お金を貯めるだけであれば日本でもできたんですよ。

なんで、オーストラリアを選んだか?それは以下の通りです。

将来的に英語を使う環境で生活をするから

僕の場合は、タンザニアにある大学に進学してそのままアフリカで働こうと思っています。そして、その際に英語は必須ですよね?なので、日本で働くよりは英語圏で働いたほうが将来につながると考えました。

仕事が見つかる勝算があった

僕はカナダでワーホリをしていてすでに英語圏で就労経験がありました。海外では経験が非常に大事というのもカナダで働いた経験からすでに理解してたんですね。

なので、オーストラリアへ行った際に僕は他のワーホリメーカーよりかなり有利だろうなと考えていました。

賃金が高い

オーストラリアは賃金が高いんです。特に西側。なので、僕は西側に絞って行き先を考えていました。そして、もしダメだった場合に備えて東側の情報も幾つか集めてたんですね。

西オーストラリアの情報

>>ブルームで仕事を見つけたいワーホリメーカーへ。3月中旬に行け!

>>出稼ぎワーホリ必見!時給45ドルで働ける高収入マイニングジョブマニュアル in Karratha

東オーストラリアの情報

>>ファームで絶対に失敗したくない?だったら、車を買ってGayndahに行けばたくさん仕事があるよ!(カナダで働いてた時の同僚がこの街で働いていたので、正確にシーズンを見極めることができました)

上記で紹介している街は全て僕が入国前から徹底的に調べていた街です。稼ぐことが目的だったので、シドニーやブリズベンなどの大都市は最初から候補に入れていません。

理由は、大都市は人口が多く、雇用主側の立場を考えるとビザに制限の多いワーホリメーカーを雇うメリットがないからです。

僕が狙っていたのは慢性的に人手不足であろう街です。小規模〜中規模の街で、何かしらに特化した産業があるため、たくさんの人手が必要な街です。

>>オーストラリア・ワーホリでローカルの仕事を見つけやすい4つの街をご紹介!

人口に見合わない大規模な産業があると、必然的に外部からの人手が必要になります。要するに慢性的な人手不足に陥りやすいだろうなと僕は予想していました。

何でこんなことを考えたかというと、僕がカナダで過ごしていた街バンフがまさにその典型だったからです。

>>カナダ・ワーホリでローカルの仕事がしたかったらバンフに行け!その理由を詳しく説明する。

このように、僕は入国前から徹底的に情報を集めたり調べたりしていました。

 

ワーホリとは目的を達成(解決)するための手段

ワーホリって1年間のお試し永住権のようなものです。海外で1年間働くこともできるし、働かなくてもいいし。

僕の場合は貯金が目的だったのでただひたすら働いていました。ほとんど観光もしてないし、ほとんど寝てない期間もありました。それでも何で続けられたのかというとお金を貯めるという目的があったからです。

僕自身、ワーホリビザで滞在してるのでワーホリメーカーです。ただ、自分のことをワーホリしてると思ったことは一度もないです。ワーホリをしに来てるわけではないので。

オーストラリアでお金を稼ぐ。そのための最適な手段がワーホリビザでの滞在だった。ただそれだけです。

ワーホリに行こうか悩んでる人がまずはじめに考えることは何がしたいのか?という目的。そして、その目的を達成するためのベストな選択肢は何なのか?

そのベストな選択肢が結果的にワーホリなのであれば、ワーホリビザを取得して日本を出ればいいでしょう。そうでなければワーホリなんてする必要ないです。

ワーホリに行こうかどうか迷ってる人に参考になれば幸いです。

<スポンサーリンク>

リゾートバイトに関するブログも運営しています→https://resort-shigoto.com

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)