2週間のパキスタン旅行を3分で!めっちゃ詳しくまとめたよ!

<スポンサーリンク>

2017年7月4〜17日までの約2週間。僕はパキスタンを旅行していました。今回はパキスタン旅行まとめということで、僕が実際に行った場所をサクッとまとめています。

パキスタンは一般的なイメージだと「テロ」という印象が強いかもしれません。実際にアフガニスタン側では今でもタリバンが存在していますし、時々パキスタン各地でテロが起こるのは事実です。

とはいえ、絶対に行ってはいけないほど危険かと言われたらそういうわけでもありません。2017年時点ではアフガニスタンとの国境付近など一部エリアは本当に行ってはいけないほど危険です。が、それら一部を除くと普通に観光できますよ?詳しくは外務省の海外安全HPを参考にしてください!

というわけで、パキスタン旅行を考えてる人に参考になるようにわかりやすく記事をまとめました。

<スポンサーリンク>

パキスタン旅行のルート

今回、僕がとったパキスタン旅行のルートはこんな感じ。

  1. インド・アムリトサルから陸路で入国しラホールを経由してイスラマバードへ一気に移動。イスラマバードで2泊の滞在
  2. イスラマバードの隣町「ラーワルピンディ」からバスでギルギットへバスで移動。ギルギットで2泊
  3. ギルギットからミニバスでカリマバードへ移動。カリマバードで7泊。ここ一帯を「フンザ」と言う。
  4. カリバマードからアリアバードを経由してスストに移動。スストで1泊
  5. スストから中国・タシュクルガンへバスで移動。

 

インド・アムリトサルから陸路で入国

今回は、インド・アムリトサルから陸路でラホールに抜けました。ここでの国境は荷物チェックの回数は多いものの、中身をひっくり返されるなどはありませんでした。

また、アムリトサルから陸路で抜けたと表記していますが、厳密にはインド側の国境の町は「アタリ(Attari)」という街になります。アムリトサルから国境までは30kmほど離れてるんですね。そういった事情も頭に入れておいたほうがいいでしょう。

参考記事の紹介

インド・パキスタンの陸路国境越えについてまとめた記事「インド・パキスタンの陸路国境越えを詳しく解説しよう!」の内容は以下のとおり。

  • アムリトサルから国境までの移動方法
  • 国境での手続きの流れ
  • 国境からパキスタン・ラホールへの移動

2017年7月時点の情報です。

参考記事:インド・パキスタンの陸路国境越えを詳しく解説しよう!

 

ラホールからイスラマバードへバスとタクシーで移動

僕はラホールでは宿泊せず、そのまま一気にパキスタンの首都・イスラマバードへバスで移動しました。今回は、初パキスタンで初のバスに乗車ということで、パキスタンのバスのクオリティーはどんなもんなのだろうかと期待していたら、度肝を抜かれました。

ラホールからイスラマバードへ直行で行くバスは存在しない

ラホールからイスラマバードまでの直行バスというのは存在せず、ラーワルピンディ行きのバスに乗るのが一般的です。ラーワルピンディからイスラマバードまではタクシーで移動しました。その他メトロバスも通っていますが、たくさんの荷物を抱えた状態での乗車は正直オススメできません。

今回、ラホールから乗ったバスは「Daewoo」というバス会社です。これはパキスタンのイミグレの職員から聞きました。僕自身、心からオススメできるバス会社です。ただし、パキスタンの物価と比較するとメチャクチャ高い。節約旅の人には正直向いてないですね。ただ、めっちゃ快適です。

参考記事の紹介

ラホールからイスラマバードへの移動をまとめた記事「ラホール→イスラマバードへ移動。Daewoo社のバスが超便利だよ!」の内容は以下のとおり。

  • Daewoo社のバスの設備・サービスの紹介。
  • ラーワルピンディからイスラマバードへDaewoo社のタクシーを利用した時のお話。

Daewoo社はタクシーサービスもあるんですね!少し高いですけどめっちゃ便利でした。詳しくは参考記事にまとめられています。

参考記事:ラホール→イスラマバードへ移動。Daewoo社のバスが超便利だよ!

 

イスラマバードで2泊3日の観光

今回、僕はイスラマバードで2日間滞在しました。とはいっても、イスラマバードってあんまり観光地はありません。街を散策したり、隣町のラーワルピンディへメトロバスを使って行ってみたり。

イスラマバードの治安はそんなに悪いと感じなかった

イスラマバードといえば、僕の中では「テロ」という印象があったのですが、実際はそんなことなく、非常に綺麗な街並みの高級住宅街が集まったエリアでした。普通に外も歩けますし、治安の悪さは感じませんでしたね。

参考記事の紹介

イスラマバードの街の様子をまとめた記事「イスラマバードに2泊3日の滞在。治安・観光地など詳細をまとめたよ!」の内容は以下のとおり

  • イスラマバードとラーワルピンディを結ぶ「メトロバス」について
  • 街の形状について
  • 観光地について
  • 治安について感じたこと

イスラマバードを訪れる方には参考になるはずです。

参考記事:イスラマバードに2泊3日の滞在。治安・観光地など詳細をまとめたよ!

また、僕がイスラマバードで利用したホテルのレビュー記事「イスラマバードで僕が利用したホテル「Grace Guest House」のご紹介!」も参考にしてください。1泊1万円ほどなのでバックパッカー旅行の方にはあまり縁がないかもしれませんが・・・こちらの記事にはイスラマバードにある日本食レストランについても言及しています。

参考記事:イスラマバードで僕が利用したホテル「Grace Guest House」のご紹介!

 

ラーワルピンディからギルギットまでバスで移動

イスラマバードのホテルからタクシーでラーワルピンディにあるバスターミナルへ移動。そして、ギルギットまでバスで移動しました。

この区間は途中で情勢の安定しない区間を通るためか検問が多いです。また、土砂崩れの多いエリアでもあり、運が悪いと2日かかったりするそうです。僕は18時間で到着しましたが。これは運がよかったと僕は認識しています。

参考記事の紹介

ラーワルピンディからギルギットまでのバス移動の詳細についてまとめた記事「18時間!ラワルピンディからギルギットへの移動を徹底解説!」の内容は以下のとおり

  • ラーワルピンディのバスターミナルの場所について
  • ギルギットのバスターミナルの場所について
  • NATCOというバス会社について
  • ラーワルピンディからギルギットまでの道のりについて

2017年7月時点の情報です。

参考記事:18時間!ラワルピンディからギルギットへの移動を徹底解説!

 

ギルギットで2泊3日の滞在

ギルギットでは2泊3日の滞在でした。特に何かをやったわけではなく、街散策したのと、あとは洗濯や記事の更新など事務作業です。

これはギルギットだけではくパキスタン全土に言えることなのですが、外国人が泊まれるホテルが限られてるということです。ギルギットで外国人が宿泊するホテルはおおよそ決まってるそうで、タクシードライバーも僕に対してみんな同じホテルの名前を連呼していました。そして、実際にそこに泊まることになりました笑

参考記事の紹介

ギルギットで僕が宿泊したホテルなどの紹介をまとめた記事「ギルギットのホテル・行き方・おすすめスポットをちょー詳しくまとめたよ!」の内容は以下のとおり

  • 僕が利用したホテル「Madina Hotel」について
  • ギルギットのバスターミナルについて
  • ギルギットへの行き方
  • オススメスポットについて

参考記事:ギルギットのホテル・行き方・おすすめスポットをちょー詳しくまとめたよ!

 

フンザで1週間の観光という名の沈没

「風の谷のナウシカ」の「風の谷」のモデルとも言われてるフンザ。僕はここで1週間沈没していました。みんな、よく「フンザに行ってきた!」と行ってますけど、みんなが言ってる「フンザ」ってカリマバードという街のことです。

まぁそんなことはどうでもよくて、フンザはのんびりできる場所でなんだかんだいいところでしたよ!

参考記事の紹介

フンザの街の様子などをまとめた記事「フンザ旅行を徹底解説!行き方、街の様子など詳しくまとめたよ!」の内容は以下のとおり

  • カリマバードという街について
  • バックパッカーが利用するであろう安宿について
  • フンザ観光について
  • フンザへの行き方
  • フンザのネット事情

参考記事:フンザ旅行を徹底解説!行き方、街の様子など詳しくまとめたよ!

 

スストから陸路で中国・タシュクルガンへ移動

最後は陸路で中国への移動ですね。実は僕が滞在していたカリマバードからスストは近いです。アリアバードという少し離れた街を経由して行くのですが、待ち時間を除けば3時間くらいでしょうか?

ちなみに、ススト行きのミニバスはアリアバードにある「JUBILEE HOTEL」前から出ています。

パキスタン・中国の国境の検査は非常に厳しい

パキスタン・中国の国境についてですが、非常にチェックが厳しいことで有名です。写真や荷物など大体のものはチェックされるので非常に時間がかかります。

参考記事の紹介

パキスタン・中国の陸路国境越えについてまとめている記事「パキスタン・中国の陸路国境越え!〇〇が厳しいって本当なの?」の内容は以下のとおり

  • パキスタン→中国の陸路国境越えの大まかな流れと各詳細について
  • パキスタン側、中国側の国境の街で利用したホテルについて

参考記事:パキスタン・中国の陸路国境越え!〇〇が厳しいって本当なの?

 

さいごに:パキスタンの治安について

冒頭でパキスタンは以外に安全だというような内容のことを書いたのですが、誤解を招く恐れもありここで一つ言及しておくことにしました。

僕が旅をしていた時に正直に治安の悪さを感じたかと言えば答えはノーです。全く治安の悪さは感じませんでした。

しかし、街には僕らが気づかないところで私服警官が日々監視していたり、メトロバスに乗る時や何かしらの建物に入る時にはボディーチェック、荷物チェックが多かったという事実もあります。

これが何を意味してるかというと、ここまでしないと安全ではないということですね。潜在的に何かしらの危険な要素が紛れこまれているということです。

パキスタンは特に何もなければ安全に旅行できる場所ですが、情勢の変化で一瞬にして危険地帯になりうる場所でもあります。そういったことも理解した上でパキスタン旅行を検討してみてください。パキスタン渡航前、渡航中は外務省の海外安全HPのチェックもこまめにしておきましょう。

 

動画を作りました

今回、フンザに滞在中にラカポシ山というところへトレッキングをしに行っていました。ベースキャンプまでですが・・・

そして、その様子を動画に収めてきたのでよかったら見てください。

 

<スポンサーリンク>

・海外旅行の準備に関するブログも運営しています→http://travel-info-backpacker.com

・Youtubeで旅行先の動画を配信しています→https://www.youtube.com/channel/UCVBwToq8j6CZpzumVNKm2UQ

・このWebサイトのFacebookアカウントhttps://www.facebook.com/freestyletyaveler0113/(フォローをしていただくと、最新記事や旅先の写真をタイムラインにお届けできます。)

・Instagramのアカウントhttps://www.instagram.com/ryotaro_oda/(フォローしていただくと、放浪先の写真をタイムラインにお届けできます。)